ジャンル別一覧:大学スポーツ

未来のNBAスーパースターMichael Porter Jr. ミズーリ大学進学!全米No.1の獲得はMU史上初!MU ✖ KU戦復活は?初のFinal Fourを目指す!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ついに夢にまで見た瞬間が訪れた!永遠に起こらないと信じていた奇跡が起こったのだ! Michael Porter Jr.(マイケル ポーター ジュニア)というここ数年でもダントツNo.1アマチュアと言われ、来年NBAドラフト全体1位が有望視される208cmフォワードが私が長年愛し続けてきたUniversity of Missouri Tigers Men’s Basketball Team(ミズーリ......続きを読む»

【特別企画~軌跡~】九州男女バスケットボール部

【東海スポーツ】

~卒業生の門出を祝し、特別企画『軌跡』として各部を追った記者が卒業までの軌跡をたどります~ プレーで引っ張る2人の主将  九州バスケットボール部を引っ張ってきた男子部主将の小澤智将(経)と女子部主将の小澤愛菜(経)。小澤智は安定感のあるプレーと落ちない体力でチームの超速攻バスケを体現し支えてきた。小澤愛も巧みなハンドリングとゲームメイクで攻撃の起点となりチームの勝利を手繰り寄せてきた。記者が初め......続きを読む»

【特別企画~軌跡~】 湘南校舎硬式野球部

【東海スポーツ】

~本日卒業される卒業生の門出を祝し、特別企画『軌跡』として各部を追った記者が卒業までの軌跡を辿ります~ 「核として」 湘南校舎硬式野球部 喜び。涙。悔しさ。様々な思いの詰まったタテジマのユニフォームを脱ぎ、東海大学を旅立つ湘南校舎硬式野球部の卒業生たち。投手3名、捕手2名、内野手9名、外野手8名、学生コーチ2名、マネジャー2名の計26名だ。 その中でチームの核として活躍した3選手に迫る。   ......続きを読む»

【特別企画~軌跡~】湘南校舎ラグビーフットボール部

【東海スポーツ】

~本日卒業される卒業生の門出を祝し、特別企画『軌跡』として各部を追った記者が卒業までの軌跡を辿ります~ 悔しさから見えた大切なもの ▲4年生 全国大学選手権大会準優勝に終わった2015年度シーズン。当時の主将を務めた藤田貴大選手(15年度卒/東芝ブレイブルーパス)は、「泣いている時間があったら練習してくれ」と涙ながらに後輩たちへ檄を飛ばした。その思いを胸に、16年度シーズンの主......続きを読む»

2017年春季OP戦(立正大×新潟医療福祉大)

【北のお部屋】

■春季OP戦 2017/3/19 立正大グラウンド 新潟医療福祉大 001 000 000=1 021 011 40x=9 立正大 新:飯塚、笹尾、佐藤悠、栗田-福島、柴崎 立:渡部、倉田、竹内、竹井-広畑、木下 二塁打 佐々木勝、井橋、吉田泰、土井、木下、伊藤裕(立) 先週の日曜に初めて熊谷にある立正大グラウンドに行ってきました。11:00に本来来るはずが、全然来ないバスにどうなってるんだ?と......続きを読む»

【特別企画~軌跡~】 北海道キャンパス硬式野球部

【東海スポーツ】

~本日卒業される卒業生の門出を祝し、特別企画『軌跡』として各部を追った記者が卒業までの軌跡を辿ります~ 「北の大地を熱くした球児たち」 北海道キャンパス硬式野球部         投打の総合力 水野滉也(国4)と山根大幸(国4)の横手右腕コンビが投手陣の軸となった。水野は大学入学後、スプリットやチェンジアップなどの落ちる球を習得し、投球の幅を増やしたことで先発としてチームを背負って立つ存在に。4......続きを読む»

【特別企画〜軌跡〜】湘南陸上競技部

【東海スポーツ】

〜本日ご卒業される卒業生の門出を祝し、特別企画『軌跡』として各部を追った記者が卒業までの軌跡を辿ります〜 「それぞれの4年間」 中長距離ブロック・駅伝チーム 「チームを成長させてきた卒業生たち」 4年間を振り返れば、卒業生たちはいつもチームを引っ張ってきた。 2016年度の駅伝主将を務めた荒井七海(体4)は、3年時の2015年6月に行われた日本選手権大会男子1500㍍で優勝、その年の......続きを読む»

【特別企画~軌跡~】海洋学部硬式野球部

【東海スポーツ】

~卒業生の門出を祝し、特別企画『軌跡』として各部を追った記者が卒業までの軌跡を辿ります~ 夢へどん欲に 担当につき約1年間追った海洋学部硬式野球部。静岡学生春季リーグ戦では、全日本選手権大会出場を争う東海地区大学出場選手権大会出場にあと一歩届かなかった。2度のリーグ戦最多勝を誇った絶対的エース、今村亮(海4)を中心に戦ってきた1年間を振り返る。 最上級生として、チームの柱として ......続きを読む»

【特別企画~軌跡~】湘南男子ハンドボール部

【東海スポーツ】

~本日卒業される卒業生の門出を祝し、特別企画『軌跡』として各部を追った記者が卒業までの軌跡を辿ります~ 後輩へのバトン 第1章 ハンドと向き合い続けた4年間 第2章  同期の存在 第3章  先輩とすごした3年 第4章  後輩へのバトン あとがき 第1章 ハンドと向き合い続けた4年間  大学ハンドボールで1番強いリーグといわれている関東リーグ。神里昂大(体4)は関東のトップレベルのチームでプ......続きを読む»

【特別企画~軌跡~】湘南アイスホッケー部

【東海スポーツ】

~本日卒業される卒業生の門出を祝し、特別企画『軌跡』として各部を追った記者が卒業までの軌跡を辿ります~ 先輩の思い、後輩の思い 4年前の春、「東海大でアイスホッケーがしたい」という1つの思いを胸に、6人の選手が全国から集った。 4年という時が経ち、心身ともにたくましく成長した彼らは今日卒業式を迎える――。  2016年度大会。「1部グループAに昇格する」を目標として掲げるチームは、入れ替え戦ま......続きを読む»

【特別企画~軌跡~】湘南女子ハンドボール部

【東海スポーツ】

~本日卒業される卒業生の門出を祝し、特別企画『軌跡』として各部を追った記者が卒業までの軌跡を辿ります~ 後輩平野の目に映った4年生のすがた  東海大を背負い、チームを牽引し続けてきた女子ハンドボール部員8人が新たなスタートを切ろうとしている。 今回は新体制となり、主将としてチームを率いる平野麻綾(体3)に卒業する4年生について取材した。下級生のなかで1番最上級生と過ごした学年である3年生の平野に......続きを読む»

【特別企画〜軌跡〜】湘南校舎男子バスケットボール部

【東海スポーツ】

1YEAR GAME REPORT 【BEST MEMBER】 #4 寺園脩斗(九州電力) #3 大矢孝太郎(JR東日本秋田) #13 中山拓哉(秋田ノーザンハピネッツ) #19 三ツ井利也(信州ブレイブウォリアーズ) #33 鈴木隆史(JR東日本秋田) #35 伊藤達哉(京都ハンナリーズ) #81 関野剛平(レバンガ北海道) 【GAME REPORT】 1年間、“全員バスケ”を軸に戦ってきた......続きを読む»

【特別企画~軌跡~】 湘南女子バレーボール部 

【東海スポーツ】

    ~本日卒業される卒業生の門出を祝し、特別企画『軌跡』として各部を追った記者が卒業までの軌跡を辿ります~   記者が振り返る1年間   ~卒業される4年生8人~     #1 山内美咲(体4) チームの主将としてチームを引っ張ってきた山内。 コートに立っているときは誰よりも大きな声でチームを鼓舞し、力強いサーブやスパイクで得点源として活躍。このチームでは一番取材をした回数は多いと思......続きを読む»

八村塁のゴンザガ大 同校史上初Final Four有力!GUバスケの顔ぶれ!アリゾナ大まさかの敗戦で次戦は対ゼイヴィアー大に!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

八村塁が入学した最初のシーズンでゴンザガ大学はついに待望のNCAAトーナメントFinal Fourを掴み取る!? まさかの2試合だった!全米2位で西地区第1シードのゴンザガは全米13位で第4シード、ウェストヴァージニア相手に自慢のディフェンスで最後までもつれたシーソーゲイムを制し2年ぶり3度目のエリートエイト進出。しかし全米4位で第2シードのアリゾナは全米37位で第11シードのゼイヴィアー相手に最......続きを読む»

首都大学東京ラグビー部2017-4

【Dream Rider  西山淳哉】

練習して来た事を、試合で評価し練習で改善して行く。 首都大ラグビーの核になる上級生。3月にしっかりそのベースを作る。そして新入生部員を獲得し、彼らと共に新しいチームになって行く。 その為にも大切な1ヶ月。 まずは、OB戦で良い形が出せた。 昨年シーズンの主力だった卒業生が多数入ったOBチームに対し、特化しているアタック力を遺憾なく発揮し、 20分3本の試合で110−0と大勝。 その中で更なる改善点を......続きを読む»

NBAドラフト全体1位最有力ポーターJr. ミズーリ大進学へ大きな前進!父親AC受諾!息子達&ティルモンと超大物入学なるか!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

Mizzouファン達の何とも言えないハラハラドキドキはこの数日間日に日に増して今や破裂しそうな状態だ! 現在NCAAトーナメントで盛り上がるNCAAバスケットボール界だが、同時に大注目されているのがこの秋に大学で1年生としてプレイするマイケル ポーターJr.(208cm/フォワード)の進学先。彼の弟ジョンテイ(211cm/フォワード)は元々は来年入学予定だったが学業優秀で単位習得も早いことからこの......続きを読む»

大迫傑選手の初マラソンはどのようなレースになるのか

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

日本陸上界のエースが遂にマラソン挑戦を決めた。 実業団で練習を積む選手が殆どの中、アメリカに渡り、ナイキ・オレゴン・プロジェクトで世界ランナーたちと凌ぎを削っている大迫傑選手が来る4月17日のボストンマラソンに参加する。 主にトラックを主戦場としている彼だが、東京オリンピックではマラソンでの代表入りを目指しており、ボストンを皮切りに日本のレースを含めたロードにも多く挑戦してくると予想される......続きを読む»

【特別企画~軌跡~】 湘南校舎男子柔道部・女子柔道部

【東海スポーツ】

~本日卒業される卒業生の門出を祝し、特別企画『軌跡』として各部を追った記者が卒業までの軌跡を辿ります~ 「4年間ありがとう―後輩選手が語る」 このたび3月25日に4年生はそれぞれの道へと歩み始めた。 そこで柔道部の1・2・3年生の選手方に4年生について突撃インタビューを行った。 🌸突撃インタビュー!!~男子部編~🌸 4年生はどんな先輩でしたか? -一人ひとり特色があって面白い先輩が多かった......続きを読む»

駅伝の距離延長は実現可能な構想か?

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

日本陸連・マラソン強化プロジェクトリーダーを務めている瀬古利彦氏が提唱した「箱根駅伝にマラソン区間の導入」。 低迷する日本マラソンを憂いた上での発言であることに間違いはないが、あまりにも突拍子で実現困難なプランだ。 しかし、中には悪くないと思った人も少なからず、いやもしかしたら半数近くはいるのかもしれない。 東京オリンピックまでに逸材を見つけ出すということや長距離の経験を積ませるという目......続きを読む»

世界選手権ロンドン 井上大仁選手はどこまで上位に絡めるか

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

3月17日、8月に開催される世界選手権のマラソン代表が発表された。 とは言え、選考レースの結果から順当な選出であり特段悩むことはなかっただろう。 選ばれた選手は以下の通り。 【男子】 川内優輝 福岡国際3位 2:09:11(30・埼玉県庁) 井上大仁 東京8位 2:08:22(24・MHPS) 中本健太郎 別府大分優勝 2:09:32(34・安川電機) 【女子】 安藤友......続きを読む»

【湘南アイスホッケー部】1年生トリオ1年間を振り返る

【東海スポーツ】

1年生トリオ1年間を振り返る 湘南校舎アイスホッケー部ハスキーズは3月14日の部会を皮切りに、新体制として新たなスタートを切った。 新チームが最初挑む大会は4月の関東大学選手権大会。 同大会は、秋に行われる関東学生リーグ戦で1部グループAに所属する大学8校、東海大も所属するグループBの6校、更に2部リーグの上位2校からなる計16校が戦う順位争奪戦だ。 チームは4月8日にダイドードリンコアイスアリー......続きを読む»

【特別企画~軌跡~】湘南男子バレーボール部

【東海スポーツ】

~本日卒業される卒業生の門出を祝し、特別企画『軌跡』として各部を追った記者が卒業までの軌跡を辿ります~ 男子バレー部は、今年度の卒業生11名の、最上級生としてチームを支えた1年間の軌跡を辿ったので、ぜひご覧ください。 #1 久原翼(主将・レフト)  1年時からスタメンとして出場し、4年間チームを支えてきた。  昨年の春季リーグ戦では、最上級生になってはじめて迎えた公式戦であるにも関わらず、......続きを読む»

2017年度卒業生・新入生~中央大学・東京国際大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

第93回箱根駅伝出場を逃したこちらの2校だが、補強面では大成功を収めた印象を受けた。 ここから箱根駅伝返り咲きをしてくるのではないかと俄然注目が集まっている。 ★中央大学 【主な卒業生】(※記録は92回大会) 町澤大雅 1区区間3位 市田拓海 3区区間16位 鈴木修平 4区区間17位 谷本拓巳 6区区間7位 相馬一生 9区区間19位 【主な新入生】 14.12.26......続きを読む»

【NCAA】2017' #MarchMadness, #Sweet16 、デューク大敗れる。

【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

全米大学体育協会男子バスケットボールトーナメント(NCAA Men’s Basketball Tournament) http://www.ncaa.com/march-madness-live/ http://www.ncaa.com/ アメリカ大学バスケの最高峰NCAAトーナメントが始まっています。 ゴンザガ大の八村塁選手は、日本人初出場した今年のトーナメント。 今日でベスト16......続きを読む»

日米野球好投ハウク率いるミズーリ大 19連勝!前回は全米準優勝!抑え1年生TJ Sikkema驚異の奪三振&無失点記録!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ついに53年ぶり最長タイ記録に並んだ!ミズーリ大学野球部は前回記録シーズン以来のカレッジワールドシリーズを狙う! 通算19連勝と1964年以来の同大学最長連勝記録に並んだ!今シーズンで見ても全米1位のルイヴィル大と並ぶ連勝記録だ。 新監督のビーザーの下、ドラフト上位候補で昨年日米野球の日本戦で好投したタナー ハウクを要するTigersの選手達が暴れまわる!何と敵地アラバマ大で3連戦スウィープ!S......続きを読む»

2017年春季OP戦(東洋大×仙台大)

【北のお部屋】

■春季OP戦 東洋大グラウンド 2017/3/8 仙台大 000 000 000=0 H6 E2 001 202 00x=5 H9 E0 東洋大 仙:岩佐、岸、浅沼、海老原、稲毛田-辻本 東:山田、福山、冨岡、神田、上茶谷-西川、田中 三塁打 西川(東) 二塁打 原澤、小川(東) もう10日前の話ですが、1日に続き8日も鶴ヶ島の方へ行ってきました。お目当ては言うまでもなく、馬場皐輔(4年・仙......続きを読む»

全米No.1高校生マイケル ポーターJr.&弟 ミズーリ大学へ変更か!人生最大ミラクルの1つが!全米騒然ワシントン大HC解任劇

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

泣きそうだ。信じられないことが起ころうとしているのか!?夢ではないよな。 昨日、Mizzou Basketball Programが元Calヘッドコーチのカオンゾ マーティンの新HC就任について書いた。そして今信じられない展開が! 昨日、マーティン就任から間もなくワシントン大学がヘッドコーチのローレンゾー ロマーを解任したニュースが飛び込んできた。これによりまずミズーリ州のメディアがすぐさま反応......続きを読む»

2017年度卒業生・新入生~日本大学・国士舘大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

★日本大学 【主な卒業生】 石川颯真  1区区間16位 清水目大貴 4区区間15位 山﨑和麻  10区区間14位 【主な新入生】 14.17.53 竹元亮太(大牟田) 14.20.87 武田悠太郎(東京実業) 14.21.86 野田啓太(伊賀白鳳)  14.22.45 関沼和曉(白鴎大足利) 14.22.73 横山 徹(中越) 予選会では最後通過とチーム力に不......続きを読む»

首都大学東京ラグビー部2017-3

【Dream Rider  西山淳哉】

週末にOB戦を控えての練習。 この時期にしっかり選手個人とチームが目指すもののずれが少なくなる様ミーティングを重ねて行う。 同じ内容と思ってしまう事もある、でも話し、聞き、見えてるビジョン、共有できる思いは繰り返し行わなければ チームという物は構築できないと思っている。 それは、スキルの反復練習と同じ。1度聞いたから、1度話したから。ではそこに思いや意志は乗ってこない。繰り返し、継続。 「Break......続きを読む»

Cuonzo Martin Mizzouの新HC就任!7年24億円 地元セントルイスから大物高校生獲得へ!MU大復活劇待ってるぞ!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ついに大物ヘッドコーチがMizzouバスケットボール部にやってきた! 現地15日、カリフォルニア大学バークレイ校(Cal)ヘッドコーチのカオンゾ マーティン(45)がキム アンダーソンに代わるミズーリ大学の新ヘッドコーチに就任するとの発表があった。20日に大学キャンパスで関係者、ファン等に正式に紹介される。 マーティンはミズーリ州セントルイス生まれで幼少時にイリノイ州セントルイスに移った。大学は......続きを読む»

2017年度卒業生・新入生~山梨学院大学・明治大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

★山梨学院大学 【主な卒業生】 伊藤淑記 1区区間20位 上村純也 4区区間16位 秦 将吾 6区区間14位 小山祐平 8区区間18位 熊代拓也 10区区間20位 佐藤孝哉 1区区間10位(※92回大会) 【主な新入生】 14.25.56 黒木みひろ(出雲工) 14.29.46 志村仁夢(山梨学院) 14.31.18 安藤主税(鹿児島実業) 14.31.51 轟木太......続きを読む»

2017年度卒業生・新入生~上武大学・國學院大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

★上武大学 【主な卒業生】 東 森拓 2区区間17位 上田隼平 4区区間14位 森田清貴 5区区間2位 馬本 匠 6区区間16位 佐藤史弥 10区区間11位 【主な新入生】 14.43.20 西井翔馬(伊賀白鳳) 14.49.82 松本竜沙(桂) 14.56.37 山口和樹(西脇工) 初シード権が十分見えた大会となった上武大学。 これまで苦しめられていた山を5区......続きを読む»

連載第61回・チアリーディング部

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

連載第61回はチアリーディング部です! シーズン中は野球、ラグビー、アメフトを始め様々な部会の応援に大忙しのチアリーディング部。 今回は、平峯あかりさん(総1)と、為藤優さん(経2)のお二人にお話を伺いました。 ーーチアリーデイングを始めたきっかけを教えてください 平峯「私は大学からチアをはじめました。中高とダンス部に入っていて、元々興味があったチア部に仮入部へ行ってみたのがきっかけです。」......続きを読む»

2017年度卒業生・新入生~大東文化大学・拓殖大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

★大東文化大学 【主な卒業生】 下尾一真 3区区間6位 鴇澤駿介 6区区間6位 鈴木太基 7区区間9位 北村一摩 10区区間19位(※92回大会) 【主な新入生】 14.39.69 藤岡謙蔵(熊本千原台) 14.39.95 稻留涼斗(鹿児島実) 14.44.04 阿比留魁(鎮西学院) 最終結果は13位という順位だったが、往路18位から追い上げた力は評価できるもの......続きを読む»

八村のゴンザガ大 第1シードでNCAAトーナメント!同校史上初Final Fourへの道のりは?第2シード アリゾナ大を突破せよ!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

全米屈指の強豪がついに本物の名門校へとブランドを塗り替えるのか!? ゴンザガ大(GU)バスケットボール部は2月25日のブリンガムヤング大(BYU)でとうとう負けを喫したが32勝1敗と全米4位というランキングでNCAAトーナメントを戦うことになった。 各カンファレンストーンナメントが終わり、NCAAはトーナメント出場68校を選考。ゴンザガ大はWCC(Western Coast Conference......続きを読む»

2017年度卒業生・新入生~帝京大学・創価大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

★帝京大学 【主な卒業生】 内田直斗  2区区間8位 宇佐美聖也 8区区間11位 加藤勇也  10区区間19位 瀬戸口文弥 4区区間13位(※92回大会) 島口翔太郎 10区区間10位(※92回大会) 【主な新入生】 14.12.47 小野寺悠(加藤学園) 14.23.05 星 岳 (明成) 14.25.78 谷村龍生(西京) 14.28.35 日野原智也(伊勢崎商)......続きを読む»

【相模原クロスカントリー2017】試合結果

【駅伝狂の詩】

相模原クロスカントリーの観戦に行ってきました。初めてギオンスタジアムに行きましたが、千葉クロカンのような大規模なクロカンコースではなく、こぢんまりとしたコンパクトなコースになっていました。 ■ジュニア男子の部(5km) 01位 池田勘汰 玉野光南 15:08 02位 星  岳 明成 15:09 03位 西田壮志 九州学院 15:12 04位 米田智哉 大阪 15:14 05位 眞田 翼 浜松商業 ......続きを読む»

【湘南陸上競技部】日本学生ハーフマラソン選手権大会

【東海スポーツ】

東海大トップ・川端「俺がチームを引っ張る!」 3月5日、陸上自衛隊立川駐屯地から国営昭和記念公園までの21.975㌔のコースで行われた日本学生ハーフマラソン選手権大会。上位3人までに入った選手は、8月に中国・台北で行われるユニバーシアード競技大会男子ハーフマラソンへの出場権が与えられる。世界への切符をかけて東海大からは、川端千都(体3)ら37人が出場した。 レースは序盤からハイペー......続きを読む»

首都大学東京ラグビー部2017-2

【Dream Rider  西山淳哉】

熱いうちに。 鉄は熱いうちにたたく。 シーズンインしたばかりの今がとても大事な時期だと思う。 この時期に、上級生のベースをしっかり再構築し、チームとしてのベースに磨きをかける。 新入生を勧誘し、新入生が入って来てからは、少しずつまた新しいチームとなるべくそのベースの上に新しいパワーが加わる。 ベースが大事。 スキルのベーシック。 チームのスローガン。 そこに、きちっと時間をさき、チームが一丸となる......続きを読む»

首都大学東京ラグビー部2017-1

【Dream Rider  西山淳哉】

2017年シーズンも首都大ラグビー部のコーチを務めさせていただく事になりました。 2月に2017年のキャプテンと新4年とシーズンに向けてのミーティングを経て、本格的なチーム練習がスタートしました。 3月中は、しっかりとチームの方向性を新上級生で共有し、今まで積み上げて来たベーシックを再構築しつつ、昨年以上の結果を残す為にコミットする事を明確にする。 チームが同じ方向、同じ石を持っている事が強み......続きを読む»

渡邊雄太 無尽蔵スタミナ!18点でGW5連勝!Missouri大学 アンダーソン3年で解任!バスケ部新HCで大復活へ!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

MizzouはついにKim Andersonを3年で解任した!新ヘッドコーチ探しに奔走することになるMU。果たして念願のやり手大物HCを獲得できるのか!? George Washington大学の渡邊雄太は驚異のプレイングタイムでティームを支えてきたが、2月以降40分1回、39分4回、38分2回、37分1回、36分1回という信じがたいプレイングタイムでティームをけん引。13勝13敗から5連勝してい......続きを読む»

【第20回日本学生ハーフ】試合結果

【駅伝狂の詩】

ロードシーズン最終戦となる、立川ハーフの観戦に行って来ました。日差しが強くて、選手には厳しいコンディションだったと思います。 ■男子学生ハーフ 001位 鈴木健吾 神奈川大 1:01.36 002位 工藤有生 駒澤大 1:02.15 003位 片西 景 駒澤大 1:02.34 004位 下 史典 駒澤大 1:02.36 005位 橋詰大慧 青山学院大 1:02.46 006位 川端千都 東海大 1......続きを読む»

2017年春季OP戦(東洋大×明治大)

【北のお部屋】

■春季OP戦 東洋大グラウンド 2017/3/1 明治大 000 000 000=0 H6 E2 300 000 01x=4 H3 E0 東洋大 明:齊藤、水野-氷見、小野 東:飯田、福山、村上-西川 三塁打 若原(東) 二塁打 竹村(明) 月が替わって一発目に1年ぶりの東洋大グラウンドに行って参りました。水曜の事です、はい・・。 まず事前に知っていたもののスコアボードが電光掲示板に変わっ......続きを読む»

2017年春季OP戦(立教大×明治安田生命)

【北のお部屋】

■春季OP戦 立教大グラウンド 2017/2/23 明治安田生命 001 000 202=5 H 7 E1 000 030 50x=8 H11 E1 立教大 明:上田、鈴木、岡-尾嶋、道端 立:藤田、中村、江口-高田 三塁打 大東(立) 二塁打 笠井、高田(立)新城、手銭(明) 書くの遅れましたが・・、今季初観戦を1週間前にしてきました。あまり詳細を書くのもアレなので、打順や事細かな内容ま......続きを読む»

知られざる2017年ドラフト候補たち

【僕の中の大投手 諭】

このブログでは2013年頃からドラフト候補のひとりであり、ドラフト専門誌の隅っこぐらいであれば名前が載っかるけれども、一般プロ野球ファンや一般マスコミの間で話題になることは少ない選手を大学野球選手中心にあえて取り上げ、紹介していく記事を毎年上げていました。 まぁ、話題にならないということはプロを目指す選手として魅力がいまいちということですから、この記事で上げてきた選手が本当にドラフト指名されるのは......続きを読む»

【札幌校舎スキー部】インカレ男子総合準V、女子総合3位に

【東海スポーツ】

男女3選手が優勝 男子総合では準優勝に 学生日本一を争う全日本学生選手権大会が2月19日から24日まで青森県大鰐町で開催され、札幌校舎スキー部は男女合わせて3選手が優勝し、総合では男子が準優勝、女子が3位となった。 男子は、大会初日から悪天候によりスタート地点からゴール地点までが見えない最悪のコンディションのなか、アルペン・男子スーパー大回転で柿崎夢之助(国3)が見事優勝を果たした。「持ち味......続きを読む»

ダフィー 禁断の「MUとKU」ネタで炎上か!KC愛深いが...もっと学ぼう!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ダニー ダフィー。2012年に昇格以来KCで投げ続け現在はオフもKCに住むこのロイヤルズの絶対的エース左腕はカンザスシティへの愛が底知れない!愛して愛してやまないKCではあるがこの街のスポーツファンの心の奥深い部分はまだ理解できていない。 つい数日前にTwitterを開始したダフィーは頻繁にツイートしているが、その中身はいかに彼がカンザスシティを愛しているかに溢れている。オフにラジオ出演した際もチ......続きを読む»

連載第60回・アメリカンフットボール部

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

連載第60回は、アメリカンフットボール部です! 昨年は1部TOP8で5位のアメリカンフットボール部。チーム名は中大ラクーンズ。一戦必勝のスローガンのもと日本一を目指しています。今回は、4年生が引退し、新体制が始動し新チームを引っ張る佐藤将貴主将(法3)、と小泉直紀(商3)、野田篤樹(文3)、松尾昇悟(商3)の4人にお話を伺いました。 ▲左から小泉、佐藤主将、野田、松尾 ーーアメフトを始めたき......続きを読む»

2017年度卒業生・新入生~東海大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【主な卒業生】 石橋安孝 7区区間賞 林竜之介 10区区間7位 廣田雄希 3区区間5位(※92回大会) 土屋貴幸 10区区間13位(※91回大会) 【主な新入生】 13.52.61 名取燎太(佐久長聖) 14.01.80 塩澤稀夕(伊賀白鳳) 14.15.28 西田壮志(九州学院) 14.26.78 上村亮太(西脇工) 14.30.39 大土手嵩(小林) 未知数な......続きを読む»

2017年度卒業生・新入生~駒澤大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【主な卒業生】 西山雄介 1区区間6位 中谷圭佑 4区区間18位 大塚祥平 5区区間賞 広瀬 匠 8区区間10位 【主な新入生】 13.59.03 加藤 淳(西脇工) 14.04.79 吉村晃世(小林) 14.17.41 小島海斗(市立船橋) 14.17.83 小原拓未(一関学院) 14.19.48 伊東颯太(大分東明) 14.21.43 若林大輝(倉敷) 14.3......続きを読む»

2017年度卒業生・新入生~法政大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【主な卒業生】 足羽純実 2区区間14位 坂田昌駿 3区区間11位 生澤佑樹 5区区間10位 城越洸星 9区区間11位 【主な新入生】 14.21.42 田辺佑典(伊賀白鳳) 14.29.04 中村雅史(関大北陽) 14.30.85 糟谷勇輝(八千代松陰) 殆どの区間は耐えるレースとなったものの復路6区でルーキーの佐藤選手の快走をきっかけにシード権争いに大きく絡む......続きを読む»

アメリカ大学のスポーツ保険制度

【スポーツマネジメントクラブ - Sports Management Club】

アメリカ大学の学生選手が安全に競技を行うために欠かせない物の一つとしてスポーツ保険があります。以前「保険料とスポーツ」や「スポーツと保険のセットはいかが?」でも取り上げましたが、NCAAに加盟するにあたり各大学では①選手個人保険を持つ事、②各大学でスポーツ保険を持つ事の2つを義務図けています。ただ、首の怪我など後遺症が残る物に関しては①②でカバーしきれないので、NCAA独自に保険制度があります。それ......続きを読む»

2017年度卒業生・新入生~日本体育大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【主な卒業生】 小松巧弥 1区区間13位 秋山清仁 6区区間賞(区間新記録) 小野木俊 10区区間2位 大手敬史 7区区間16位(※91回大会) 山本航平 9区区間11位(※91回大会) 【主な新入生】 14.18.23 池田耀平(島田) 14.22.48 岩室天輝(大牟田) 14.28.97 小松直生(水島工) 安定感が売りの日本体育大学だが、今回の4年生は爆......続きを読む»

【第67回八王子駅伝】試合結果

【駅伝狂の詩】

遅くなりましたが、八王子駅伝を観戦して来ました。天候、気温に恵まれ、最高のコンディションだったと思います。選手にとっては、日差しがきつかったでしょうか。 ■大学の部 01位 創価大学B 1:01.34 02位 創価大学A 1:01.35 03位 日本体育大学A 1:02.16 04位 中央大学C 1:02.52 05位 亜細亜大学A 1:03.23 06位 中央大学B 1:03.26 07位 亜細......続きを読む»

2017年度卒業生・新入生~中央学院大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【主な卒業生】 海老澤太 7区区間6位 村上優輝 10区区間3位 海老澤剛 9区区間6位(※92回大会) 久保田翼 10区区間14位(※91回大会) 【主な新入生】 14.13.74 髙橋翔也(市立船橋) 14.18.83 戸口豪琉(武蔵越生) 14.19.93 中野皓上(中央学院) 14.26.72 川﨑耕平(鶴崎工) 14.28.62 宮田諄一(水城) 意......続きを読む»

2017年度卒業生・新入生~神奈川大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【主な卒業生】 東 瑞基 4区区間8位 中平英志 7区区間4位 中神恒也 10区区間15位 【主な新入生】 14.15.26 成瀬隆一郎(大牟田) 14.16.87 井手孝一 (鳥栖工) 14.33.92 平塚翔太 (愛知) 14.35.64 杉本康平 (宇和島東) 14.35.80 北崎拓矢 (関大北陽) 14.36.08 原塚友貴 (西脇工) 14.38.13 山......続きを読む»

2017年度卒業生・新入生~順天堂大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【主な卒業生】 西澤卓弥 1区区間15位 甲斐智樹 8区区間7位 聞谷賢人 9区区間3位 作田直也 10区区間賞 森 湧暉 6区区間14位(※92回大会) 【主な新入生】 14.16.43 清水颯大 (洛南)  14.18.74 野口雄大 (市立柏) 14.23.66 多久和能広(平田) 14.28.62 宮田諄一 (水城)  14.29.98 高橋 響 (秋田工) ......続きを読む»

2017年度卒業生・新入生~早稲田大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【主な卒業生】 武田凛太郎 1区区間3位 平 和真  3区区間2位 鈴木洋平  4区区間3位 井戸浩貴  7区区間3位 佐藤 淳  6区区間6位(※92回大会) 【主な新入生】 14.04.54 宍倉健浩(早稲田実業) 14.17.50 吉田 匠(洛南) 14.19:37 渕田拓臣(桂) 全日本駅伝ではアンカーまで首位を守り、箱根駅伝では先行を許したにも関わらず往......続きを読む»

Cを背負う者番外編・スケート部

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

金子将太朗(法2) 悔しさを胸に  三冠を逃したあの日、人一倍悔しさをにじませた選手がいた。中大の絶対的守護神、金子将太朗(法2)だ。彼は1年次から中大のゴールを守り、チームの勝利に貢献してきた。金子は身長170㌢とゴールキーパーとしては決して大きくはない。しかし、小さいなりの戦い方を彼は知っている。1対1の場面になると前に出て相手との距離を詰める。前に出ることでシュートコースを限定し、セーブの......続きを読む»

Cを背負う者番外編・男子ソフトボール部

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

門馬邦治(経1) 挫折を糧に  4年生が引退し、新体制となって初の公式戦は5位と悔しい結果に終わった男子ソフトボール部。そんな中、収穫は1年生ながら4番を務めた門馬邦治(経1)の活躍だ。負ければ入替戦の日大戦で適時ニ塁打を放つなど勝負強さを発揮。プロ野球の応援歌をイメージしながら打席に入るルーティーンが気持ちを楽にするそう。   ▲日大戦適時二塁打を放ち打球を見上げる門馬  小4からリトルリ......続きを読む»

2017年度卒業生・新入生~東洋大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【主な卒業生】 服部弾馬 1区区間賞 口町 亮 3区区間3位 櫻岡 駿 4区区間4位 橋本 澪 5区区間12位 【主な新入生】 13.54.16 西山和弥 (東農大二) 13.54.25 大森龍之介(佐野日大) 14.06.38 飯島圭吾 (山梨学院) 14.14.35 浅井崚雅 (一関学院) 14.15.73 吉川洋次 (那須拓陽) 14.19.26 大澤 駿 (山......続きを読む»

2017年度卒業生・新入生~青山学院大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【主な卒業生】 一色恭志 2区区間3位 秋山雄飛 3区区間賞 池田生成 9区区間2位 安藤悠哉 10区区間4位 村井 駿 6区区間2位(※91回大会) 茂木亮太 出雲駅伝4区区間2位 【主な新入生】 13.50.67 吉田圭太(世羅) 13.59.14 神林勇太(九州学院) 14.06.39 岩見秀哉(須磨学園) 14.16.44 市川唯人(伊賀白鳳) 14.21......続きを読む»

Cを背負う者番外編・バレーボール部

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

大西徹(総4) 最高の一瞬 ▲引退試合、クイックを放つ大西  「きつかったです」。大西は、自身の大学4年間をこう振り返った。全日本インカレ三連覇という、素晴らしい結果を残した中大バレーボール部。華やかなスター選手がコートをいろどる。しかし、バレーボールでスタメン出場できるのは7人、交代枠も限られる。大きな才能の裏で陽の目を見るときを待つ選手も多い。  大西が初めてベンチに入ったのは、4年......続きを読む»

Cを背負う者番外編・射撃部

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

清水春香(文2) 憧れを超えて  清水は高校1年次にライフル射撃と出会った。競技を始めて5年目となった去年、ARで国体6位、インカレでも8位に入賞した。しかし、その活躍はインカレ同種目で優勝した高野こえだ(商3)の影に隠れてしまった。 ▲インカレ団体の表彰式。中央左が清水、その右が高野  一昨年は「緊張で自分をコントロールできなかった」。大会で結果を残せず苦しい思いもした。そのにがい経験を......続きを読む»

打倒・青山学院に各大学が名乗り

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

第93回箱根駅伝が終わって約1ヶ月。 優勝を狙うチームは早くも箱根駅伝が終わった翌日から練習をスタートさせた。 4月になれば新入生が加入し、チームも新しく生まれ変わる。 連勝街道を突き進む王者・青山学院にストップをかけるため、多くのチームが「打倒・青学」を掲げている。 来季は今回よりも強力な青学包囲網が形成されることは必至だ。 中でも、93回大会2位の東洋大学の気迫が凄まじい。 ......続きを読む»

2017年度の主役は誰になるのか?

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

毎年、大学陸上界には自他共に認めるエリートランナーが台頭し、その年は彼らを中心にトラックシーズン、そして駅伝シーズンに入っていく。 今年で言えば、青山学院大学の一色恭志選手、東洋大学・服部弾馬選手、駒澤大学の中谷圭佑選手がそのポジションに当てはまった。 昨年なら青山学院・神野選手や久保田選手、東洋の服部勇馬選手、中央学院・潰滝選手が。 2年前なら駒澤・城西の村山ツインズ、明治の最強世代な......続きを読む»

日本の実力者が集った丸亀ハーフ2017

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

実に見応えのあった今回の丸亀ハーフ。 実業団や大学から多くの実力者が集っただけではなく、ナイキ・オレゴン・プロジェクトに所属する大迫傑選手が大学以来となるハーフマラソンに参加。 大学卒業後はトラックを主戦場とし、リオ五輪5000・10000メートルの日本代表ランナーのエントリーは大会前から注目度が違っていた。 そして、やはり今大会は彼を意識してレースをしていた選手が多かったように感じた。......続きを読む»

【第39回神奈川マラソン】試合結果

【駅伝狂の詩】

神奈川ハーフの観戦に行って来ました。強風とホコリでおなじみの神奈川ハーフですが、今年は程良い気温に加え風もなく、絶好のコンディションでした。雨の心配もありましたが、大きく影響するほどの雨ではありませんでした。 ■ハーフ大学男子 01位 竹下和輝 東洋大 1:02.41 02位 ムソニ ムイル 創価大 1:02.41 03位 森田歩希 青山学院大 1:02.46 04位 橋詰大慧 青山学院大 1:0......続きを読む»

ゴンザガ大1位独走決定的! 八村塁3点!渡邊は?NCAAは史上初2,3位等トップ10中6校が同日敗退!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

NCAAバスケットボールに激震が走った!ある意味NBAよりも人気が高い大学バスケットボールの理由がここにある! 番狂わせの少ないバスケットボールで史上初6校のトップ10大学が同日に敗退した。しかも2位カンザス大、3位ベイラー大、7位ウェストヴァージニア大はホームでの敗戦。カンザスはホームでの連勝記録が54でストップした! Big12カンファレンスがこの日最大の衝撃であった。全米2位のカンザス、3......続きを読む»

快走してくれ!!箱根駅伝・復路!!

【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

たいへん遅くなりましたが、箱根駅伝の復路は どうなったのか?見ていきたいとおもいます。 復路はズバリ、こうなりました。 6区:中島/区間8位 7区:石橋/区間賞 8区:春日/区間5位 9区:川端/区間5位 10区:林/区間7位 総合:10位 上級生たちが奮闘し、復路はすべての区間で 一桁順位!!石橋に至っては区間賞ですよ!! 東海大の区間賞は村澤以来ですかね? まずはルーキー・中島が落ち......続きを読む»

青山学院黄金時代はいつまで続くのか?

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

第93回箱根駅伝では青山学院大学が史上初の大学3冠&箱根駅伝3連覇の同時達成という快挙を成し遂げた。 山の神・神野選手や92回大会1区区間賞の久保田選手などエース級が抜けても優勝候補の本命として挙げられ他校からのマークも例年以上だったかと思うが、それでも勝ちきれるチーム力・総合力には脱帽した。 来季も5000メートル13分台ランナーや実績のある選手たちが入る見込みであり、高いチーム力、厚い......続きを読む»

第93回箱根駅伝チーム別統括~関東学生連合~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

関東学生連合はオープン参加の為、総合成績や順位、個人記録など全て参考扱いとなる。 それでも、10区を走った東京国際大学の照井選手がこの区間で誰よりも速く走り、幻の区間賞を獲得。 日本薬科大学の桜庭選手が6区、武蔵野学院大学の藤井選手が7区を走ったことで大学初の箱根駅伝ランナーも生まれた。 実際に走ることはできなかったが、補欠には東大生ランナーの近藤選手もいたことで多くの話題を呼んだ今回の......続きを読む»

第93回箱根駅伝チーム別統括~国士舘大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

3年ぶりに臨んだ箱根駅伝は20位と国士舘大学にとってまたしても厳しい現実を叩きつけられることになった。 90回大会では22位だったものの途中棄権の山梨学院大学を除けば最下位。 2区で20位に沈んでからは順位を1つも上げることができず、箱根を終えた。 シード権獲得を目標に予選会からタスキを持ちこみ、今回のレースにかける想いは強かった。 だが、それだけで勝てるほど箱根は甘くない。 シード......続きを読む»

八村塁のゴンザガ大が大学史上2度目の全米No.1に!渡邊雄太は絶大な信頼を得てゴール下でも大奮闘!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

八村塁はやはりとんででもない大学に進学したことを実感している!渡邊雄太は完全にGWで最大の信頼を得てティームNo.1のプレイングタイムで大奮闘している! Gonzaga Zags(ゴンザガ大学)は12-13シーズンで同大学史上初の全米No.1となり3週間その座をキープした。そして今シーズンは22勝0敗で前週3位からついに全米No.1に上り詰めた!前週1位のVillanovaとNo.2のKansas......続きを読む»

第93回箱根駅伝チーム別統括~日本大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

予選会最終通過からのスタートとなった日本大学。 箱根駅伝では下克上の気持ちで挑んでいたはずが、往路でアドバンテージを生かせず、復路でも苦戦した。 前回も往路でシード圏内で終えたにも関わらず、復路で失速しシード落ち。 今回は更に悪い流れとなり、改めてエース力に頼り過ぎた影響を感じさせた。 1区石川選手が今回の箱根駅伝に挑む際「自分が2区を走れないとすれば、1区を走れる選手が台頭してこ......続きを読む»

第93回箱根駅伝チーム別統括~明治大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

1年でのシード復帰ならず。 前回に比べエース不在の影響は大きく、全員が区間2ケタでレースを進めることとなってしまった。 予選会では2位通過と個々の走力の高さを証明したが、本番では想定していた選手やオーダーを起用できず悪い流れを引きずってしまった。 名門だからこそ、箱根駅伝にかける思いは強い。 しかし、その気持ちが強すぎるがあまり、走りや気合が空回りしてしまっていた。 一度落ちてしまっ......続きを読む»

【第15回奧むさし駅伝】試合結果

【駅伝狂の詩】

例年通り、年明け一発目の観戦は、奥むさし駅伝になりました。さすがに東飯能まで行くと、一段と冷え込みが厳しくなりますね。 ■一般の部(総合成績) 01位 東京国際大A 1:54.50 02位 警視庁 1:55.42 03位 駿河台大A 1:56.46 04位 中央大A 1:57.39 05位 コモディイイダA 1:58.00 06位 東京国際大B 1:58.07 07位 関東学院大B 1:58.24......続きを読む»

第93回箱根駅伝チーム別統括~山梨学院大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

エースの爆発力と主力の成長。 今季の山梨学院大学は間違いなく強力なチーム力を誇っており、優勝候補にも挙げられていたほどだった。 しかし、終わってみれば総合17位とまさかの結果。 主力がインフルエンザにかかり、走った選手たちも悪い流れを引きずり、本来の力を発揮できずに箱根が終わってしまった印象だった。 優勝を狙うにはあまりにも理想とかけ離れたレースに指揮官、選手たちの表情は暗かった。 ......続きを読む»

第93回箱根駅伝チーム別統括~國學院大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

2年ぶりの箱根路は16位と奮わなかった國學院大學。 1区の細森選手、2区の蜂須賀選手以外は全員が箱根駅伝未経験というところもあり、できる限り序盤で有利な展開に持って行きたかったが、苦しいレースとなり3区以降も浮上のきっかけを作ることができなかった。 箱根予選会では全員が安定した成績を残していたものの駅伝となれば何かを変える選手がいなければ悪い流れは断ち切れない。 経験面、走力面で足りない......続きを読む»

第93回箱根駅伝チーム別統括~上武大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

十分に狙えた、チャンスは大いにあった。 9度目の挑戦にして確かに上武大学初シード権獲得のストーリーは出来つつあった。 しかし、最終的には選手層の脆さが出てしまった。 攻めのレースでシード圏内に食い込んだ往路とは対象的に復路では順位を上げることが出来ず、15位。 5区をアドバンテージとし、流れは傾いていたと感じたが、やはり箱根駅伝は難しい。 昨年までの距離ならばもしかしたら、大きなリー......続きを読む»

第93回箱根駅伝チーム別統括~拓殖大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

過去最高順位でのシード権獲得を。 そう誓い挑んだ箱根だったが、結果は14位と無念の結果に終わってしまった。 全日本駅伝では8位ともう少しでシードに迫るレースを見せ、勢いと自信を感じさせたが、箱根駅伝では10人戦える選手を揃えることが難しい。 エースが力走を見せた一方で区間下位に沈んだ区間もあり、リードを生かすこと、流れに乗ることができなかったことが悔やまれる。 選手層の薄さ、地力などが......続きを読む»

女子卓球部・全日本卓球選手権大会

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

1月16日~22日 東京体育館 女子ダブルス 大健闘のベスト4  リオ五輪メダリストの石川佳純(全農)、伊藤美誠(スターツ)らが一堂に会して行われる全日本卓球。中大勢では、女子ダブルスで山本怜(文3)・明神佑実(文3)組が快進撃を見せた。1984年度大会、橘川・斉藤組(富士短大)以来の大学生同士ペアとしての優勝は逃したものの、堂々のベスト4入りとなった。 ▲準々決勝での山本(左)と明神   ......続きを読む»

第93回箱根駅伝チーム別統括~大東文化大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

13位で今回の箱根駅伝を終えたのが、予選会トップ通過の大東文化大学。 結果としてシード権獲得にはならなかったもののチーム力の高さを感じさせた。 往路18位と奮わずトップと11分44秒差の開きがあった為、一斉スタート組での復路のレースとなったが、それでもここまで追い上げることができた。 苦しい展開でも気負わず、諦めず、ひたすらに前を追う上級生の強さが光った大東文化らしい大会だった。 ......続きを読む»

第22回全国都道府県対抗男子駅伝結果

【北のお部屋】

■第22回全国都道府県対抗男子駅伝 ●前回優勝タイム 愛知 2:20:12 ■結果 1 長野 2:19:09 2 福岡 2:19:28 3 愛知 2:20:31 4 京都 2:20:37 5 静岡 2:20:51 6 群馬 2:21:03 7 東京 2:21:18 8 新潟 2:21:29 ■1区7.0キロ 松岡 佑起 京都 洛南高 2003/佐藤 悠基 長野 佐久長聖高 2005 19:5......続きを読む»

これ日本人打者じゃない?

【僕の中の大投手 諭】

MLB殿堂入り選手が発表されましたが、今回もエドガー・マルティネスは届かなかったですねぇ…もうほとんど無理っぽい雰囲気になってきたのが悲しいところです。ホフマンやゲレーロなら次回あたり殿堂入りしそうな感がありますけれどね。 でもティム・レインズだって、名選手には違いないが選手人生後半の衰えが急激なこともあって殿堂入りは微妙かなぁ?と思っていたのが、今回資格最終年でギリギリの殿堂入りでしたから、最後ま......続きを読む»

第93回箱根駅伝チーム別統括~創価大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

予選会3位通過の実力は決して伊達ではなかった。 91回大会で初出場を果たした創価大学だったが結果は最下位と箱根駅伝の難しさを身を持って知った。 しかし、そこから2年後、彼らは格段に力をつけた。 かつてエースとして主将としてチームを引っ張った創価大OBの山口選手は、入学当初チームの環境や練習への取り組み方を見て「これが箱根駅伝を目指すチームか」と悪い意味での衝撃を受けたという。 今季の4......続きを読む»

ラグビー日本選手権からの大学枠撤廃はラグビー界レベルアップの証

【スポーツ えっせい】

 今日の新聞に来シーズンからラグビー日本選手権の大学チームの 出場枠を撤廃するという記事が載っていた。  自国開催である19年W杯での代表チームを強化する柱であるサン ウルブスのスーパーラグビーへの準備期間と、選手の休養を確保する ためというのが最大の理由のようでようやくラグビー協会も日本代表 をトップに据えた強化に本腰になったと言える。  ラグビー日本選手権といえば1月15日の旧成人の日に社会......続きを読む»

第93回箱根駅伝チーム別統括~帝京大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

11位でシード権を逃したのは前大会10位の帝京大学だった。 10位・東海大学との差は3分24秒。 タイムだけ見れば「惜しくも」という表現に当たらないかもしれないが、帝京からしてみれば十分シード権獲得は望めた。 殆どの区間を1ケタ順位で繋ぎ、流石の安定感を見せた一方で往路・復路共にアンカー区間に落とし穴があった。 5区佐藤選手が区間18位、10区加藤選手が区間19位に沈み、最後の締めをし......続きを読む»

第93回箱根駅伝チーム別統括~東海大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

最低限のシード権獲得と言っていいだろう。 総合3位以内を狙っており、優勝候補にも挙げられていた東海大学だったが往路は15位とまさかの失速。 「伸るか反るか」のルーキーを4人起用した往路で波に乗れず、経験の少なさが浮き彫りになった恰好だった。 それでも、上級生を主体にした復路では4位の好成績で何とか10位でシード権を確保。 積み重ねてきた経験と地力がチームを救った。 期待されていた......続きを読む»

第93回箱根駅伝チーム別統括~駒澤大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

優勝候補の1角として挙げられていた駒澤大学にとって、今回の9位という成績は望まざる結果だろう。 優勝争いどころか復路ではシード圏外に弾かれてしまうのではないかと危惧してしまう場面が幾つかあった。 それでも、シード圏内で戦えたのは流石名門といったところか。 アクシデントも重なり、思うような展開にはならなかった今回の箱根路。 また1つの強力世代が抜け、来季は複数の選手たちが主力として台頭し......続きを読む»

第93回箱根駅伝チーム別統括~法政大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

今回予選会組からシード権を獲得したのは2校。 神奈川大学と法政大学だ。 こういっては失礼に当たるが、エースや総合力を見た時、神大が絡んでくるのは想像できたが、法政がここまでの順位で戦えるとは思っていなかった。 前回の箱根は19位。 そこからチームをここまで高みに上り詰めた指揮官、選手たちに最大の敬意を払いたい。 4位通過した予選会よりも見事なレースでシード権を獲得してみせた姿は、まさ......続きを読む»

硬式庭球部・関東学生新進テニス選手権大会 シングルス準々決勝

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

1月15日 青学大緑ヶ丘テニスコート 田中ベスト8で新進を終える  本戦5日目の今日、凍えるような寒さの中準々決勝に進出した田中凛(商3)がベスト4を懸けて中村進之介(慶大)と対戦した。序盤からフットワークの良い相手に主導権を握られストレートで敗れた田中はベスト8でこの大会を終えた。 ▲フォアハンドを狙う田中  第1セットから「遅いラリーで自分のテニスに持ってこよう」と遅い球で仕掛ける。し......続きを読む»

東都大学野球1部リーグ校 2017年新入部選手たち

【僕の中の大投手 諭】

センター試験の時期に合わせてって訳でもないのですが、今年2017年も昨年同様、東都1部の新入部予定選手たちを並べていこうかと思います。 東都1部の新入生たちは今年も他の地方大学リーグに比べれば豪華な面子が揃い、何だかんだで東都ブランドは強いなと思いますね。全国から優れた高校生が集まってくる伝統は健在です。 そういいながら東京六大学と比べてしまうと急速に色褪せて見えてしまうのも例年通りですが(汗)。法......続きを読む»

連載第59回・軟式野球部

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

 連載第59回は、軟式野球部です! 昨年は部創立50周年の年に春リーグ、全日本学生軟式野球選手権の二冠を収めた軟式野球部。今回は、3年生が引退し新たにスタートを切った新チームを引っ張る濱谷悠平主将(経2)、小林大祐(経2)のお二人にお話を伺いました。 ーー中大軟式野球部に入ったきっかけはなんですか? 濱谷「高校の一つ上の先輩の山本純輝(経3)さんに誘われて入りました。高校の頃仲が良くて。中......続きを読む»

第93回箱根駅伝チーム別統括~日本体育大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

総合3位以内も射程圏内。 大会前に日本体育大学が公言していたのは決しておおげさではなかった。 総合成績は7位。 それでも往路の順位次第ではもしかしたら…… そう感じさせるには十分過ぎる爆発力だった。 日体大の最大の武器は山下り。 6区区間記録保持者の秋山選手が評判に違わぬ強さを見せつけた。 往路13位で終え、シード権争いに加わることとなった日体大だったが、復路最初の1区間だけ......続きを読む»

強力FW頼みから万能型に進化した帝京ラグビー

【スポーツ えっせい】

 先日ラグビーの大学選手権で帝京大が8年連続優勝を果たした。  ラグビーの連覇記録といえば社会人で新日鉄釜石と神戸製鋼の 7連覇というのが金字塔として燦然と輝いているもののの、メン バーの入れ替わりが激しい学生スポーツでの8連覇となれば1度 も優勝を経験せずに卒業する学年が既に5学年あるのだから凄い。  帝京が台頭する前の大学ラグビーは早稲田と関東学院の2強状態 だったのが07年に寮での大麻草栽......続きを読む»

第93回箱根駅伝チーム別統括~中央学院大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

今季の中央学院大学の強さは本物だった。 出雲駅伝4位、全日本駅伝では5位と安定した成績を引っ下げて挑んだ箱根駅伝。 結果は往路で7位、復路では更に順位を1つ上げ総合6位、チーム初となる3年連続シード権を獲得した。 各世代バランス良く起用し、来季もメンバー8人が残る。 連続シード記録を更に伸ばすことも充分期待できるだろう。 彼らの躍進のカギはレースの戦い方にあったと感じた。 今回......続きを読む»

渡邊雄太 カリーの母校相手に14得点! 強豪リーグA-10で平均13得点&GWの中心の自覚!A-10とはどんなリーグ?

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

日本人がNCAAのディヴィジョンⅠ(D-Ⅰ)で完全に中心選手として活躍する衝撃!夢のようなことが現実に起こっていることに感謝! 渡邊雄太が所属するジョージワシントン大学(GW)は現地8日にホームでリッチモンド大学と対戦し、惜しくも70-77で敗退し9勝7敗となった。 しかし、渡邊はこの日も抜群の安定感を発揮。ティーム最長の36分間プレイし、15得点の活躍。7/14のFG、ブロックショッツ3本、ア......続きを読む»

QBは注目度ダントツもNFLでは辛い理由とは?クレムソン大35年ぶり制覇!大学No.1アメフト選手ワトソン ドラフトは2巡目?

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

アマチュアでダントツのベストフットボール選手は必ずしもNFLで高い評価を受けない。そしてその選手のポジションがダントツ華やかなクウォーターバック(QB)であるとNFLでの幸福率は最も低くなる。その理由とは? 日本時間の10日に行われた全米大注目のNCAAフットボールの頂点を決めるBCS National Championship Gameは昨年と同じアラバマ大学 vs. クレムソン大学のカードとな......続きを読む»

第93回箱根駅伝チーム別統括~神奈川大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

神奈川大学が遂に12年ぶりの悲願を達成した。 5カ年計画として大後監督が挑んだシード権奪還計画。 しかし、その集大成の年でもシード権獲得はならず、チームとして下降気味になることも懸念された。 それでも、残った選手たちは奮起。 悔しさを滲ませていた先輩たちの姿を間近で見て、その想いを受け継ぎ着実にチーム力を高めていた。 5カ年計画の続きが93回大会でようやく花開いた。 神大シード......続きを読む»

【Bリーグ】16-17’ 特別指定選手として杉浦佑成選手(筑波大学)がサンロッカーズ渋谷へ入団。#Bリーグ

【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

サンロッカーズ渋谷 https://www.hitachi-sunrockers.co.jp 【選手入団のお知らせ】特別指定選手として、杉浦佑成選手(筑波大学)が入団致しましたのでお知らせいたします。選手情報、コメントはこちら→https://t.co/zgKa4Orwvs#サンロッカーズ渋谷 #バスケ #Bリーグ #杉浦佑成 #筑波大学 #特別指定選手 pic.twitter.com/oO......続きを読む»

【湘南陸上競技部駅伝チーム】東京箱根間往復大学駅伝競走大会

【東海スポーツ】

箱根駅伝総合10位 上級生が見せた意地の走り    学生三大駅伝最後の戦いである、東京箱根間往復大学駅伝競争大会(箱根駅伝)が1月2、3日に行われた。東京・読売新聞社前から箱根・芦ノ湖間の217.1㌔全10区間で争われた今大会。東海大は11時間17分0秒で総合10位となり、3年連続で次大会へのシード権を獲得し大会を終えた。  2日の往路では出雲全日本大学選抜駅伝競争、全日本大学駅伝対校選手権......続きを読む»

スケート部・日本学生氷上競技選手権大会(ホッケー部門) 決勝対明大戦

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

1月9日 北海道・白鳥王子アイスアリーナ 明大に惜敗 2年連続三冠達成ならず  偉業は達成されなかった。昨年と同じカードとなった、インカレ決勝対明大戦。追い付いたと思えば離され、最後は5-6で試合を終えた。「ただ明大が上手かった。それだけ。やることはやった」(加藤槙之助主将・総4)。 〈第1ピリオド〉  開始3分、パワープレーの機会をきっちり生かし、先制。ところがキルプレーを強いられたところで......続きを読む»

第93回箱根駅伝チーム別統括~順天堂大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

目標順位を5位に設定していた順天堂大学だが、それを上回る総合4位。 4区間が区間2ケタと決して流れに乗れていたわけではなかったが、区間賞2つを含む他6区間で巻き返し上位に割って入った。 全日本駅伝選考会では思うように主力・中間層などが力を発揮できず予選通過できなかったチーム。 しかし、箱根駅伝に照準を合わせチームの立て直しが見事に成功した。 学生オリンピアンにしてエース・塩尻選手がどう......続きを読む»

帝京大、見事な8連覇達成

【スポーツ えっせい】

 今日秩父宮ラグビー場で行われたラグビー大学選手権決勝は 帝京大が東海大に33-26で勝ち8年連続優勝を飾った。  試合は開始早々に東海が6分に帝京ゴール前スクラムで猛烈に プレッシャーをかけてミスを誘いT&Cで7点を先行すると、17分 にもゴール中央にスクラムT&Cで14-0とリードを奪う。  それでも王者・帝京は徐々にペースを取り戻し20分過ぎから 攻勢に出て34分に蹴り込ん......続きを読む»

スケート部・日本学生氷上競技選手権大会(ホッケー部門)準決勝対東洋大戦

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

1月8日 北海道・白鳥王子アイスアリーナ 接戦を制し三冠に王手!  氷点下の北海道で迎えた大会3日目。準決勝の相手は秋リーグで唯一黒星を喫した相手、東洋大。取られたら取り返す白熱した試合をみせた。同点で迎えた残り時間約8分、蓑島圭悟(法2)が決勝点を決め、4-3で勝利。秋リーグの借りを返した。 ▲シュートを狙う乾 ** **〈第1ピリオド〉  「最初の5分うちの流れでやれた」(監督)と序盤か......続きを読む»

快走してくれ!!箱根駅伝・往路!!

【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

今年も無事!!箱根駅伝が開催されました!! 東海大も力走を魅せてくれましたが、 まず往路の成績はどうだったでしょう? 見ていく事にしましょう、こんな感じです。 1区:鬼塚/区間2位 2区:關/区間11位 3区:國行/区間17位 4区:松尾/区間12位 5区:館澤/区間13位 往路15位フィニッシュ。 ……これはちょっとダメですね……思い返せば去年、 往路で湊谷と春日がブレーキなりましたが、......続きを読む»

【第4回早稲田大学長距離競技会(2016漢祭り)】(10000m)試合結果

【駅伝狂の詩】

新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。 大晦日ですが、早稲田大競技会(2016漢祭り)の観戦に行って来ました。この競技会は、もともと非公式の早稲田大学内の競技会だったそうです。それが今年から公認記録会になったようで、早稲田、中央、亜細亜のエントリーがあり、早稲田と中央の2校の参加で行われました。本来は、箱根エントリーから漏れた早稲田の選手、特に4年生の労をねぎらうとい......続きを読む»

原晋氏(青学)鈴木大地と共に日本スポーツ界の体質改善を推し進めてもらいたい!明るい日本スポーツの未来に必要なドラスティック改革とは?

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

原晋監督のスポーツ指導は駅伝だけに留まらせても良いのか!?原氏の指導理論は超理想であり、青学長距離ブロックでの成功が日本スポーツ界全体に活かされるべきだ! 原さんの指導理論はここ数年メディアで散々取り上げられてきた。同氏は昔から日本スポーツ界にはびこる悪しき文化を改善させ、また数々のアイディアを列挙し、これまで実践してきたことや今後の陸上界への提言をすることを行ってきた。 原氏の掲げる提言や指導......続きを読む»

【湘南校舎ラグビーフットボール部】大学選手権準決勝 攻守で圧倒し2年連続の決勝進出

【東海スポーツ】

タタフが5トライの大活躍 2年連続の決勝へ 1月2日 秩父宮ラグビー場 ○東海大74―12同志社大● (前半・40―12 後半・34-0) スターティングフィフティーン 1PR三浦昌悟(体3) 2HO大塚憂也(体3) 3PR渡邉隆之(体4) 4LO李昇剛(政4) 5LOテトゥヒ・ロバーツ(体3) 6FL磯辺裕太(体4) 7FL西川壮一(体2) 8NO.8テビタ・タタフ(体2) 9SH湯本......続きを読む»

第93回箱根駅伝 各大学総括

【ポラリス★スポーツ通信社】

今回は、各学校ごとに戦いぶりを振り返ってみたい。 優勝:青山学院大学 3区途中以降一度も首位を譲ることなく、順位経過から見ると楽な優勝に映るが、過去二度の優勝に比べると苦しい場面がないことはなかった。 というのは、過去二度の優勝時には、首位に立ってから後続の学校に迫られることすらなかったのだが、今回は芦ノ湖往路フィニッシュ手前と、7区から8区の平塚中継所手前で、やや迫られた場面があったからだ......続きを読む»

第93回箱根駅伝チーム別統括~早稲田大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

優勝大本命の青山学院大学を追い詰めたのは対抗1番手に挙がっていた早稲田大学だった。 往路で青山学院と2分差をつけておきたかったプランは崩れたものの33秒差での往路2位。 何より追い上げてのフィニッシュに追撃ムードは高まっていた。 しかし、実力者を配置できた復路では逆転どころか最終的には東洋大学にも抜かれ、8分16秒差をつけられての3位。 逆転優勝の目も間違いなくあっただけに悔やまれる部......続きを読む»

箱根10区 ”あわや事故”現場で観戦していて感じたこと 神大もっと声を上げても良い

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

凍りついた現場付近の観戦者たち。本当に”ヤバかった”し、強い怒りすら覚えた!神大の大復活があわや大惨事で消滅しかけた事態に神大関係者はもっと怒って良い! 私もその場で明大応援団のパフォーマンスとレースを同時観戦していたが、その瞬間を目にしてはいなかった。ただ、ザワつきが起こり何事かと思っていたら若い女性が私の隣にいた若者たちに合流した際"今、神大選手が車に轢かれそうだった。かなりヤバかったよ”と言......続きを読む»

第93回箱根駅伝チーム別統括~東洋大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

出雲・全日本では思うようなレースができなかった東洋大学だったが、箱根駅伝では底力を発揮し2位フィニッシュ。 優勝候補としての面目を躍如した。 しかし、あくまで優勝を目指しているチームとしては「復路で全く優勝争いに絡めなかった」と見るか「最終的に2位に上がってくるのは流石」と見るか評価は分かれるところだ。 実際に優勝できるだけの力、展開はあっただけに決して満足のいく2位ではなかっただろう。......続きを読む»

第93回箱根駅伝 〔復路〕評

【ポラリス★スポーツ通信社】

第93回箱根駅伝は、青山学院の三連覇および大学駅伝史上四校目の三冠達成で幕を閉じた。 レース当日の昨日中にはこの記事をアップする予定だったが、所用が立て込みアップがここまで遅れることとなってしまった。 せっかく全区間漏らすことなくテレビ観戦したので、少し遅くなってしまったが前回記事にならって今回は復路五区間を区間ごとに振り返ってみたい。 6区 前日の往路では、2位早稲田に33秒、4位東洋にさ......続きを読む»

日刊スポーツが挙げた2017ドラフト候補一覧

【北のお部屋】

今年もこの季節がやってまいりました、はい。スポーツ紙でドラフト直前には1番当たると言われている日刊スポーツから大晦日に出される2016年のドラフト候補を今回も挙げてみます。3年前、一昨年、昨年がこれでした↓。 日刊スポーツが挙げた2014ドラフト候補一覧 日刊スポーツが挙げた2015ドラフト候補一覧 日刊スポーツが挙げた2016ドラフト候補一覧 で、2016年1月の記事で挙げた時点で私がドラ1候補......続きを読む»

箱根17年は青学4連覇!?強力2枚看板&分厚いメンツ!早大、順大、東海、日体が優勝の望み!個人は?17年駅伝シーズン展望!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

青学時代はまだまだ続く!?鈴木(神大)は一色の後釜的存在になれる?それとも塩尻、下田か? 第93回箱根駅伝は青学が今年も圧倒的強さを見せつけて3連覇を達成した。5区神野大地が抜けても、田村が失速しても全く揺るがない強さだった。 青学は現在の4年生が卒業した後も王者であり続けることが予想される。一色が抜けた後も下田、田村という2本の柱が残る。3年生では他にも昨年10区を担った中村が来季は中心メンバ......続きを読む»

第93回箱根駅伝チーム別統括~青山学院大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

青山学院時代継続を告げる優勝だった。 箱根連覇を達成した時に比べ、山の神・神野選手、92回大会の金栗杯・久保田選手、復路のキーマン・小椋選手が抜け、前回ほどのチーム力はなかった。 それでも、終わってみれば「やはり青学」と言わんばかりのレース展開。 一色選手が想像していたほどの快走ではなかったものの、それでも圧倒的な選手層の厚さで最後には2位・東洋と7分21秒もの差をつけた。 今の青......続きを読む»

第93回箱根駅伝復路~苦しみながら掴んだ史上初V3&3冠~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

青山学院大学が往路に続き、復路も制し第93回箱根駅伝の総合優勝を決めた。 これにより、箱根駅伝3連覇、そして大学駅伝3冠を達成。 史上初の快挙を成し遂げた。 往路優勝を果たした時点で3連覇は有利と見られていたが、それでも復路はヒヤリとさせられる場面があった。 如何に波に乗っている青山学院であっても箱根駅伝ならではの洗礼が襲いかかった。 だが、それでも2位以下に大差をつけて優勝できるの......続きを読む»

第93回箱根駅伝・復路&総合結果

【北のお部屋】

■第93回箱根駅伝総合結果 ●92回優勝タイム 青山学院大 10:53:25  1 青山学院大 11:04:10  2 東洋大   11:11:31  3 早稲田大  11:12:26  4 順天堂大  11:12:42  5 神奈川大  11:14:59 予選会5位  6 中央学院大 11:15:25  7 日本体育大 11:15:39  8 法政大   11:15:57 予選会4位  9 駒澤......続きを読む»

第93回箱根駅伝 〔往路〕評

【ポラリス★スポーツ通信社】

箱根駅伝往路の評を述べる。 まず、区間エントリーの段階から予想されたことだったが、4区の距離が延びて5区の距離が短くなったことにより、レース全体のバランスが大きく変わった。 昨年までの11年間は5区の比重が大きかったのは周知のとおりで、5区に実力のあるランナーを送り込んだ学校が多かった。 だが今年は、2区が名実ともにエース区間の意味合いが強くなり、次に4区を勝負区間と位置づけ強力なランナーを置......続きを読む»

第93回箱根駅伝往路~絞られた優勝争いと熾烈なシード権争い~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

青山学院大学が3年連続往路優勝を果たし、箱根3連覇・駅伝3冠に向け好発進を切った。 当日変更で1区間もしくは2区間はエントリーが変わるかと思っていたが、実際には当初のオーダー通り。 特に1区・梶谷選手は実力者が揃っていただけに苦戦も予想されたが、トップと4秒差の区間4位の好走。 改めて青山学院の選手層の厚さを感じさせた。 2区一色選手は、悲願の区間賞獲得はならなかったものの区間3位でま......続きを読む»

箱根駅伝 往路MVP &個人トップ5は!まさかの失速は?

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

第93回箱根駅伝は往路が終了。往路MVPは誰?大誤算は? 5区の距離短縮に感謝!?あるいは神野の卒業のおかげ?今年の箱根駅伝往路は5区でトップの青山学院が区間8位に留まったことで2位早稲田との差が33秒差、3位順天堂とは1分51秒差、4位東洋とは2分40秒差とここ数年では最も激戦となり復路は近年記憶にない程に楽しみである。 MVPに関する解釈は人によって違う。私か必ずしも優勝ティームから選ばれる......続きを読む»

陸上競技部・第93回東京箱根間往復大学駅伝競走2区

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

1月2日 鶴見~戸塚 堕ちた名門 復活への第一歩  今年の箱根駅伝に中大としての出場はならなかった。予選落ちした大学から一人ずつ選抜される学生連合として、堀尾謙介(経2)が出場を果たした。個人、チーム共に記録には残らない、オープン参加となる。  堀尾の任された区間は2区。各校のエースが集い、華の2区とも呼ばれるエース区間だ。堀尾は最下位の位置でタスキを受け取り、想定外の単独走となってしまった。その......続きを読む»

第93回箱根駅伝・往路結果

【北のお部屋】

■第92回往路TOP3 1 青山学院大  5:25:55 2 東洋大    5:28:59 3 駒澤大    5:31:15 ■第93回箱根駅伝・往路結果 1 青山学院大 5:33:45 2 早稲田大  5:34:18 3 順天堂大  5:36:08 4 東洋大   5:36:25 5 駒澤大   5:37:46 6 神奈川大  5:38:11 7 中央学院大 5:38:19 8 上武大......続きを読む»

第93回箱根駅伝 展望

【ポラリス★スポーツ通信社】

第93回箱根駅伝の号砲が、間もなく鳴る。 今年は、4区から5区の中継点が「メガネスーパー前」から12年ぶりに「鈴廣前」に移され、距離が18.5kmから20.9kmに延長される。 それに伴い、5区の距離が23.2kmから20.8kmへと短縮される。 これは、5区の一部(函嶺洞門を迂回するルート)を除き、基本的には2005年大会以前と同じコースに戻るということだ。 5区の比重が大きすぎるという批判を......続きを読む»

迎春!!箱根駅伝、東海大区間エントリー!!

【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

皆さま、新年あけましておめでとうございます!! このブログも今年で8年目に突入ですよ!! ホント、皆さまのおかげです。今年もよろしくお願いします!! さて、新年1発目は恒例?の箱根駅伝区間エントリー(東海大)を 見ていきたいと思います。今年はサプライズも…… ☆箱根駅伝、東海大区間エントリー 1区:鬼塚翔太/1年生 2区:關颯人/1年生 3区:國行麗生/3年生 4区:阪口竜平/1年生 5区:......続きを読む»

順大 勝負の箱根駅伝!塩尻の存在と箱根シード権で有望高校生ゴッソリ獲得が濃厚!?当日変更の3名は誰?

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

超名門の大復活は箱根駅伝の結果次第!? 順天堂大学は現在の関戸監督が4年生だった2007年以来、10年間箱根駅伝の優勝から遠ざかっている。4連覇等かつては憎たらしい程に強い超強豪として鳴らした順大だが、前回の優勝を最後に優勝を狙える戦力を整えられずにいる。 前回優勝した時の順大はまさに横綱にふさわしい圧倒的な戦力。先ほどのニューイヤー駅伝でも4区で2位だった今井正人が山の神として君臨。6名の4年......続きを読む»

初の女性団長誕生!明治大学応援団 東京六大学史上初! 感動の12年前法大副団長による校歌!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

東京六大学でついに女性団長が誕生した!明治大学は六大学を史上初において常にリード!? 元旦を迎え、明治大学応援団は代交代を行い、平成29年度幹部役職を発表。ここで衝撃的サプライズが! 団長が新宅 杏子さん。そう、女性なのである。女性の応援団長は珍しくないのではと思うかもしれない。しかし、超伝統を誇る東京六大学では史上初! 新宅さんは吹奏楽部に所属。一週間前に行われた「定期演奏会/紫紺の集い」で......続きを読む»

青山学院大学の総合力 対 ライバル校の山勝負

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

明日の1月2日、遂に第93回箱根駅伝の号砲が鳴る。 ここまで圧倒的な総合力で出雲・全日本駅伝を制し、3冠に王手をかけた青山学院大学。 残すは2年連続優勝と自信を持って臨める箱根駅伝のみ。 故障者の情報も幾つか入っていることや山の神が卒業した後の5区など、昨年と比べ余裕の心持ちではないものの、下りの6区と平地8区間はほぼ完璧。 5区で致命的なブレーキやライバル校に1時間10分台を切るよう......続きを読む»

2017年ドラフトを対抗に集中してみる

【僕の中の大投手 諭】

2017年になったわけですが、この時期ではプロ野球スカウト達の間では勿論、野球ライターや一般のドラフトマニアたちの頭の中ではある程度2017年秋に実施されるNPBドラフト会議の有力候補たちが既に出揃っているものなのです。 そこまでの玄人層でなくとも野球ファンの方々であれば、2017年のドラフト候補として清宮幸太郎とか宮台康平ぐらいであれば多くの人が存在を知っていることでしょう。 このブログでは、そ......続きを読む»

第93回箱根駅伝区間エントリー ~予選会組編~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【大東文化大学】 往路 新井-原-下尾-川澄-奈良 復路 鴇澤-北村-齋藤-谷川-山本 予選会をトップで通過した大東文化は、下手に他チームの動向を意識せず順当に力のある選手を並べた印象を受ける。 補欠には鈴木選手や林選手、中神選手など実力者がいるものの当日変更せずこのままのオーダーで戦うことになっても不思議ではない。 1区には前回同様新井選手を起用し、2区には予選会チームトップの......続きを読む»

第93回箱根駅伝予想順位&1~5区区間賞予想

【北のお部屋】

今年最後のエントリーになると思います。5年このブログを続け、アクセス数が16825158。去年の同時期から200万ビューくらい増えましたかねー。来年も変わらずニューイヤー駅伝で書き始めですけどもそこはブレません、はい。果たして書き続けられるのかなぁ・・。というわけで、今日は箱根の予想順位と1~10区の区間賞予想です。今年は各チームの区間エントリーもやるか迷いましたが、誰かやってくれるだろうと思ったの......続きを読む»

【湘南女子バレーボール部】天皇杯・皇后杯全日本選手権大会 2016年度のチームで挑む最後の大会

【東海スポーツ】

  12月16日(金)   天皇杯・皇后杯全日本選手権大会ファイナルラウンド1回戦           20-25         25-22   ◯東海大 3  21-25  2 ●JAぎふリオレーナ         25-22         15-10     2016年度のチームで挑む最後の大会 全日本選手権大会(全日本インカレ)を終え、迎えた天皇杯・皇后杯全日本選手権大会は2016年度の......続きを読む»

【湘南女子バレーボール部】山内主将率いるチームのラストゲーム 4年生が後輩に”繋ぐ”もの

【東海スポーツ】

  12月17日(土) 天皇杯・皇后杯全日本選手権大会ファイナルラウンド第2回戦   山内主将率いるチームのラストゲーム 4年生が後輩に“繋ぐ”もの     ●東海大 0   19-25  3 ◯トヨタ車体クインシーズ          16-25          19-25     【STARTING MEMBER】 ライト  #1 山内美咲(体4) センター #27 横田真未(体1) ......続きを読む»

第93回箱根駅伝区間エントリー ~シード校編~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【青山学院大学】 往路 梶谷-一色-秋山-森田-貞永 復路 小野田-林-吉永-池田-中村 2区に一色選手、3区に秋山選手、6区に小野田選手と3区間に経験者を配置。 補欠には田村選手や下田選手といったエース格、出雲駅伝で好走した安藤主将や茂木選手、ルーキーの鈴木選手と6区経験者の村井選手が控えている。 東洋が1区に服部選手を持ってきたことで対抗として田村選手か鈴木選手が入ってきそう......続きを読む»

ライバル校は対青山学院シフトをどのように敷いてくるか

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

いよいよ本日29日、区間エントリーが発表される。 順当通りに配置されている選手やまさかの起用区間、補欠に回っている選手など本番まで指揮官の戦略合戦が繰り広げられるが、ひとまずここで他校の方向性が見えることとなる。 今回の最大注目は当然3冠に王手をかけている青山学院大学。 2区に一色選手、6区小野田選手はほぼ確定しているが、他区間は原監督のこと、驚くようなオーダーをしてくる可能性がある。 ......続きを読む»

9位:それぞれの天皇杯  -超私的!2016年:Jリーグ&日本サッカー10大ニュース-

【マニアではなくオタクです】

9位は、明日が準決勝ということで、図らずしも(?)旬の話題になってしまった天皇杯についてです。 国内屈指の伝統を持つこの大会に対して、人それぞれ、色々な楽しみ方や想いはあるかと思います。 恥ずかしながら天皇杯の記録を1回戦から追ったのは数年ぶりの自分ではありますが、個人的には2つの魅力に、酔いしらせてもらいました。 序盤戦を沸かせたのは、「カテゴリーやプロ/アマ問わない参戦」という魅力......続きを読む»

連載第58回・ボクシング部

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

連載第58回は、ボクシング部です!  今季入替戦に勝利し、1部昇格を決めたボクシング部。今回は、来季チームの大黒柱として期待される岡澤セオン(法3)と永田丈晶(法1)の2人にお話を伺いました。 ▲来季への活躍を誓った岡澤(左)と永田(右)の両選手 ――始めたきっかけは? 永田「小中と空手をやってて、空手の同級生とか先輩とかが、(高校で)ボクシングをやってたので、自分もやってみようかなって感じ......続きを読む»

「世界チャンピオンのプレー」第13回北九州チャンピオンズカップ国際車椅子バスケットボール大会

【チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)】

第13回北九州チャンピオンズカップ国際車椅子バスケットボール大会。 リオパラ優勝のUSAがどのような戦いを見せるか。 今回の取材はこれを目玉に北九州まで遠征した。 2017年U23世界選手権を見据えた各国は、どのチームも若手選手を中心としたチーム編成となっていたのだが、とはいえ、ほんの2か月前に世界最高峰であるパラリンピックタイトルを手中にしたバスケ大国USAが、如何に戦うのか、 スピード、テ......続きを読む»

1区エース起用なら早い段階での仕掛けが必須

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

第93回箱根駅伝が近づくにつれ、それぞれのチーム情報が少しずつ公開されてきた。 もちろん区間エントリーが発表されるまでは何とも言えない部分も大きく、他校の動向を見た上での戦略変更も考えられる。 それでも、例年通り1・2・5区には主力が配置されることは濃厚。 中でも序盤の主導権を握るためのスターターにはエース起用を示唆している大学も少なくない。 年々区間賞ペースで進む1区で出遅れを避けるた......続きを読む»

93回箱根駅伝で新たな「山の神」誕生なるか?

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

今回の93回箱根駅伝から4区・5区の距離が変更。 小田原中継所の場所が、これまでのメガネスーパー前から81回大会まで設けられていた鈴廣前に戻る。 これにより、4区の距離は18.5キロから20.9キロへ、5区は23.2キロから20.8キロとなる。 函嶺洞門の閉鎖によるコース迂回の影響もあるが、実際の距離は81回大会までとほぼ同じと捉えて良いだろう。 となれば、参考となるのは81大会以前の......続きを読む»

第93回箱根駅伝区間エントリー予想~国士舘・日本・学生連合~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【国士舘大学】 1区 餅﨑巧実 2区 石井秀昂 3区 八巻雄飛 4区 戸澤 奨 5区 住吉秀昭 6区 福田有馬 7区 多喜端夕貴 8区 三田眞司 9区 藤江千紘 10区 渡部勇人 1人1秒の悔しさを晴らし、箱根駅伝出場を決めた国士舘大学。 普通に考えれば、エース級ランナーである2年・住吉選手、4年・石井選手を1・2区に起用し、序盤の出遅れを避ける作戦を立てるのがセオ......続きを読む»

バスケ界の取り組み!八村&渡邊メソッド導入も!渡邊雄太(GW) 復帰戦は強豪@マイアミ大で15得点!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

さすがとしか言いようがない! 復帰戦でその実力を見せつけた!渡邊雄太はNCAAの舞台で、しかも強豪マイアミ大学相手にベンチスタートからティーム2番目の33分間プレイし15得点と大活躍を見せた!フィールドゴール(FG)は9本中6本成功。3Pも5本中3本成功である!更にリバウンドもオフェンシヴ、ディフェンシヴそれぞれ3つで計6つである!試合は敗れはしたが64-72と頑張った。ジョージワシントン大(GW......続きを読む»

相撲部・全日本相撲選手権大会

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

12月4日 両国国技館 中大からアマチュア横綱誕生! 矢後「信じられない」うれし涙  矢後太規主将(法4)が、中大勢26年ぶりのアマチュア相撲の頂点に立った。決勝はスピード決着。わずか4秒の取り組みは「100点に近い」と満足の取り組みだった。  決勝トーナメントを懸けて行われた予選トーナメントでは、1度相手に勝ちを許している。「2敗すると決勝トーナメントに上がれないプレッシャー」もあった。切り......続きを読む»

【第180回松戸市陸上競技記録会】(5000m)試合結果

【駅伝狂の詩】

松戸記録会の観戦に行って来ました。季節外れの暖かさになるとの予報でしたが、とても風が強く、体感ではかなり寒く感じられました。5000mが終わる頃には、雨も降って来ました。 ■5000m 07組 05着 苗村隆広 14:55.59 ※公式が出ていないため、着順は目測です。 ※タイムは、マネジャーさんの手元計測データをお借りしています。 ※12/29公式情報に基づいて記録更新 今日......続きを読む»

第93回箱根駅伝区間エントリー予想~拓殖・國學院~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【拓殖大学】 1区 馬場祐輔 2区 ワークナー・デレセ・タソ 3区 赤﨑 暁 4区 宇田朋史 5区 苅田広野 6区 土師悠作 7区 戸部凌佑 8区 新井裕崇 9区 西 智也 10区 大中亮矢 トラックタイムは決して秀でているわけではないが、それ以上にロードで強さを発揮するのが拓殖大学だ。 全日本駅伝では総合8位と惜しくもシード権には届かなかったが、一時は圏内に割って......続きを読む»

箱根駅伝区間配置予想 早稲田大学

【とあるAのつぶやき】

1区 武田凛太郎 2区 平和真 3区 鈴木洋平 4区 永山博基 5区 安井雄一 6区 佐藤淳 7区 新迫志希 8区 太田智樹 9区 井戸浩貴 10区 藤原滋記 1区は武田。出雲こそ3区で区間7位と力を発揮できなかったものの、その後の全日本では1区2位、更に上尾ハーフでは61分59秒で優勝と抜群の安定感に力強さも加わった印象。2区で一色との勝負も見てみたいが、絶対にブレーキが許されない1区は武田しか......続きを読む»

第93回箱根駅伝区間エントリー予想~神奈川・上武~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【神奈川大学】 1区 山藤篤司 2区 鈴木健吾 3区 越川堅太 4区 鈴木祐希 5区 大野日暉 6区 大塚 倭 7区 中平英志 8区 東 瑞基 9区 大川一成 10区 中神恒也 神奈川大学のシード権の行方はエース・鈴木健吾選手がどれだけ前で勝負できるかにかかっていると言っていい。 今や彼の走力は学生界でもトップクラス。 箱根予選会で日本人トップの走力を箱根路でも発......続きを読む»

第93回箱根駅伝区間エントリー予想~創価・法政~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【創価大学】 1区 大山憲明 2区 セルナルド祐慈 3区 吉留一喬 4区 ムソニ・ムイル 5区 築舘陽介 6区 上田結也 7区 三澤 匠 8区 彦坂一成 9区 蟹澤淳平 10区 二宗広大 予選会3位通過と急激に力をつけてきた2度目の出場・創価大学。 新規参入校として変化を伴う区間エントリーをしてきそうなのがここだと思われる。 本来であれば留学生ランナーを2区起用す......続きを読む»

【湘南校舎ラグビーフットボール部】大学選手権準々決勝 11トライ大勝でベスト4進出

【東海スポーツ】

リーグ最終戦の黒星糧に 11トライの圧勝収める 12月17日 秩父宮ラグビー場 ○東海大71―12京都産業大● (前半・31―12 後半・40-0) スターティングフィフティーン 1PR三浦昌悟(体3) 2HO大塚憂也(体3) 3PR渡邉隆之(体4) 4LO李昇剛(政4) 5LOテトゥヒ・ロバーツ(体3) 6FL田澤謙(体4) 7FL丸本頼人(体4) 8NO.8テビタ・タタフ(体2) 9SH......続きを読む»

第93回箱根駅伝区間エントリー予想~大東文化・明治~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【大東文化大学】 1区 新井康平 2区 原 法利 3区 下尾一真 4区 北村一摩 5区 奈良凌介 6区 鴇澤駿介 7区 川澄克弥 8区 鈴木太基 9区 谷川貴俊 10区 齋藤 諒 全日本駅伝では奮わなかったが、箱根予選会をトップ通過したことからも大東文化大学のロード力が高いことが分かる。 中でも、全日本駅伝を回避した選手たちが箱根が近づくにつれ、状態が上がってきてい......続きを読む»

【湘南アイスホッケー部】関東リーグ戦順位決定戦

【東海スポーツ】

思いを背負い臨んだ一戦 惜しくも昇格ならず   トータルスコア 東海大1 日本大4 (第1ピリオド  0-1) (第2ピリオド 1-2) (第3ピリオド 0-1) [得点者] 竹渕舜(体3)アシスト 熊谷聖生(政4) [シュート数] 第1ピリオド    東海大9日本大13 第2ピリオド 9 ......続きを読む»

【第130回関東10マイル・10キロロードレース】試合結果

【駅伝狂の詩】

関東10マイルの観戦に行って来ました。記憶している中では、大学としての出場は初めてだと思います。さすがにこの時期なので気温は低かったですが、日差しがあったため、暑く感じたと思います。市民ランナーの方からは、日差しがきつかったとの声がありました。また10マイルのコースは、沼地の方はわかりませんが、スタート地点のお寺周辺はだいぶアップダウンがあったと思います。 ■10マイル 02着 舟津彰馬 49:0......続きを読む»

箱根駅伝区間配置予想 青山学院大学

【とあるAのつぶやき】

一区 鈴木塁人 二区 一色恭志 三区 秋山雄飛 四区 田村和希 五区 貞永隆佑 六区 小野田勇次 七区 森田歩希 八区 下田裕太 九区 中村祐紀 十区 安藤悠哉 一区は鈴木。今年はトラックでチームトップクラスの走力を見せると、駅伝シーズンもその勢いは衰えず。全日本駅伝は走らなかったが、それも箱根を見据えた戦略だったようだ。その後世田谷ハーフで62分55秒、10000m記録挑戦会で......続きを読む»

ラグビー大学選手権、早慶明4強に残れず

【スポーツ えっせい】

 大学ラグビーのベスト8が秩父宮と花園で今日行われ東海、帝京、 同志社、天理の4校が勝ち上がった反面、早稲田と慶應が敗れた結果 1月2日に行われる準決勝に早慶明の伝統校3校が残れないという事に なった。  対抗戦3位の明治が先週22-26で京産大に敗れているので花園で 行われる早稲田と慶應の2校がどこまで頑張るかだったが、第1試合 では同志社に前半だけで0-33と大量リードを許す展開で後半は何 と......続きを読む»

快走してくれ!!全日本大学駅伝!!……そして箱根駅伝へ……

【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

随分前の話になりますが、全日本大学駅伝について まだこのブログで触れていなかったので、感想を。 まずは結果を見てみましょう。こうなりました。 1位:青山学院大学(初優勝) 2位:早稲田大学 3位:山梨学院大学 4位:駒澤大学 5位:中央学院大学 6位:東洋大学 (以上シード権獲得) 7位:東海大学 8位:拓殖大学 9位:國學院大學 10位:帝京大学 ・ ・ ・ ・ ☆東海大学走者 1区:鬼塚......続きを読む»

ラグビー大学選手権 準々決勝 優勝候補2校が登場 東海大 帝京大

【ラグビーを見るのだ。】

第53回全国大学ラグビーフットボール選手権大会 準々決勝   京都産業大学 12対71 東海大学 12時05分KO   帝京大学 55対19 大東文化大学 14時00分KO   秩父宮ラグビー場 晴れ 芝中央部分やや悪 優勝候補2校が試合を行った。 まず、東海大学。 バランスがいい。 フォワードに注目して見た。 京産大は花園で明治大に押し勝って、今日の対戦に挑んでいた。 京産大フォワードの士気は......続きを読む»

バレーボール部・天皇杯全日本バレーボール選手権大会ファイナルラウンド 対岡崎建設OwlsVBC

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

12月16日 東京体育館 クラブチームに勝利 Vプレミア相手に昨年の再現なるか スタメン(サーブローテーション順) 20WS 谷口渉(法2) 1MB 井上慎一朗主将(法4) 9WS 大竹壱青(商3) 12WS 武智洸史(法3) 26MB 水野将司(法1) 13S 山下紘右(商3) 7Li 伊賀亮平(経4)  地区予選を勝ち上がってきた高校生からVプレミアのチームまで、さまざまなチームが集まるこ......続きを読む»

ラグビー部・全国大学ラグビーフットボール選手権大会3回戦対同志社大

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

12月11日 東大阪市花園ラグビー場 「情けない試合」 関西2位の同志社大に敗れ初戦敗退  リーグ戦を4位で終え、大学ラグビー選手権大会に出場権した中大。初戦は関西二位の同志社大と対戦。前半からセットプレーでミスを連発。自慢のスクラムでは互角に渡り合ったが、守備陣が一瞬の隙を突かれ中央突破を許すなど、大差で敗れた。  「自分たちのラグビーができなかった」(浜岸峻輝主将・経4)。主将は試合後、目......続きを読む»

第93回箱根駅伝区間エントリー予想~中央学院・帝京~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【中央学院大学】 1区 大森 澪 2区 高砂大地 3区 横川 巧 4区 新井翔理 5区 海老澤剛 6区 樋口 陸 7区 藤田大智 8区 廣 佳樹 9区 村上優輝 10区 久保田翼 今季、台風の目になりそうなのが中央学院大学だ。 海老澤ツインズや細谷選手といった主力を故障で欠き、万全なオーダーを組めなかった出雲で4位、全日本で5位と好走し、周囲を驚かせた。 エントリ......続きを読む»

第93回箱根駅伝区間エントリー予想~日本体育・山梨学院~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【日本体育大学】 1区 小町昌矢 2区 小松巧弥 3区 小野木俊 4区 富安 央 5区 辻野恭哉 6区 秋山清仁 7区 中川翔太 8区 室伏穂高 9区 吉田亮壱 10区 城越勇星 今季の日本体育大学は粒揃いだ。 好調な選手や安定感のある選手はエントリー16人全員が当てはまると言っても過言ではない。 12月に入って自己ベストを更新した選手も多く、勢いもある。 目標......続きを読む»

馬術部・関東学生馬術男子・女子競技大会

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

11月27日 JRA馬事公苑 加藤、団体個人ともに4位入賞  先月行われた関東学生馬術男子・女子競技大会。女子は歴史ある大会だが、男子の開催は今年が初めて。その中で個人4位という活躍をみせた加藤秀明(商2)に大会を振り返ってもらいました。 ▲加藤 ー団体、個人ともに4位という結果について 団体では失権者が出て良い結果ではなかったが、個人では自分でもびっくりするくらい良かったので素直にうれ......続きを読む»

青学包囲網とサンキュー大作戦

【黒髪のかねろの整理場所】

 いよいよ箱根駅伝の季節がやってきたわけだが、昨年の駅伝は「青学か東洋か?」と言われるほど両校の差は拮抗していたように思える。東洋に服部勇馬選手というエースがいたためだが、青学はレースの天才、久保田和真選手を始めに4年生が充実していた。  蓋を開けてみると、久保田選手が試合の流れを作った。これで青学の独走を許してしまったことは最後まで響いた。東洋大学の酒井監督が区間配置をミスし、序盤のリードを取り返......続きを読む»

第93回箱根駅伝区間エントリー予想~東海・順天堂~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【東海大学】 1区 鬼塚翔太 2区 關 颯人 3区 春日千速 4区 川端千都 5区 松尾淳之介 6区 國行麗生 7区 館澤亨次 8区 髙田凜太郎 9区 林竜之介 10区 石橋安孝 将来性の高いルーキーが8人エントリーと改めて新戦力の充実ぶりを感じさせた東海大学。 しかし、故障の状況が気がかりだった10000メートルベストチームトップの4年生・廣田選手や2年生でエース......続きを読む»

負の連鎖に嵌った明治

【スポーツ えっせい】

 一昨日各地で行われたラグビー大学選手権の3回戦では対抗戦 4位の慶應がリーグ戦2位の流通経済に終了間際のT&Cで引き分 けに持ち込み抽選でベスト8進出を決めたのに対し、対抗戦3位の 明治は関西3位の京産大に22-26で敗れ3回戦で姿を消すという 明暗を分けた結果になった。  試合は19-14とリードして前半を終えた明治だったが先週の 早明戦同様スクラムでペナルティを取られるなど修正できて......続きを読む»

第93回箱根駅伝区間エントリー予想~駒澤・早稲田~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【駒澤大学】 1区 中谷圭佑 2区 工藤有生 3区 伊勢翔吾 4区 下 史典 5区 大塚祥平 6区 片西 景 7区 西山雄介 8区 中村大聖 9区 高本真樹 10区 紺野凌矢 出雲・全日本駅伝では出場を回避した中谷選手を1区で起用し序盤から抜け出す作戦を取ってくるだろう。 前回の箱根駅伝では1区で出遅れ、青山学院にプレッシャーをかけることができなかった。 同じ展開......続きを読む»

Cを背負う者番外編・ハンドボール部

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

北詰明未(商2) 飛躍の今シーズン  北詰がシュートを放つとどよめきが起こる。高い跳躍力から放たれるシュートは破壊力抜群。身長185㌢。中学時代は150㌢台だったという北詰は今季、濃密なシーズンを送った。 ▲高い跳躍力で相手の上からシュートを打つ北詰  転機は1年生の夏。東日本インカレの試合で起用され始めると、リーグ戦でレギュラーに定着する。「経験を積ませたかった」(実方監督)と下級生にチ......続きを読む»

観戦メモ インカレ 順天堂大vs阪南大

【Soccer D.B. 管理人のブログ】

大学サッカー選手権準々決勝より、順天堂大学vs阪南大学の観戦メモです。 両チームのスタメン・フォーメーションはこちら。 序盤、ゲームの支配は徐々に阪南大に。ラインの高い順天堂大に対し長いパスで裏を狙います。狙い方は左SB3.吹ヶ徳喜からそのまま縦に17.山崎康太へ出すパターン、右SB23.大本祐槻を走らせるパターン、シンプルに相手CBの裏を13.前田央樹に狙わせるパターンの3つ。その中か......続きを読む»

第93回箱根駅伝区間エントリー予想~青山学院・東洋~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【青山学院大学】 1区 田村和希 2区 一色恭志 3区 秋山雄飛 4区 下田裕太 5区 貞永隆佑 6区 小野田勇次 7区 茂木亮太 8区 鈴木塁人 9区 中村祐紀 10区 安藤悠哉 「サンキュー大作戦」と銘打った今回の青山学院大学。 選手層や総合力を見渡してみても他校と比べ頭1つ抜きん出ている印象を受ける。 原監督もそれを自負し、自信を持っているからこそエントリー......続きを読む»

女子卓球部・全日本大学総合卓球選手権大会(個人の部)ダブルス

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

10月28~30日 長野市真島総合スポーツアリーナ ベスト8にcマークが4組!! 躍進の全日学   全日学個人の部ダブルスで、中大がベスト8に4組入った。永田彩夏主将(法4)・吉良あすか(文3)組は前回大会王者を破る大金星を挙げ、充実した大会になった。「最高の結果で有終の美を飾れました!」(永田主将)。一方、山本怜(文3)・明神佑実(文3)組は二年連続のベスト4にとどまり「準決勝はリードした中で......続きを読む»

準硬式野球部・関東王座決定戦決勝対三井住友海上

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

11月6日 八王子市民球場 4年生最後の試合。最終回に失点し準優勝に終わる。  4年生全員が先発出場した決勝。序盤から得点を重ねたが、最終回に失点し、準優勝に終わった。しかし4年生全員楽しくできたことに悔いがなく、笑顔の引退試合になった。  初回から試合は動く。二死から原田大輝(商4)が中堅手の頭を越える三塁打を放ち、4番の岡田弦也(文4)の適時打で先制。2回も芝田泰樹(商4)の適時三塁打と暴......続きを読む»

自動車部・全日本運転競技選手権大会・全日本学生自動車連盟年間総合杯

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

11月20日 日通自動車学校 フィギュア全員表彰台に。総合杯獲得  総合杯に向けて慶大との争いが予想された、全日本運転競技選手権大会(通称フィギュア)。エースの宮下敬(総4)が小型貨物の部Bで優勝。ほか3人も各部門で2位に入る。フィギュアで優勝し、見事年間総合杯を獲得した。  小型乗用の部Aで羽生岳史(法3)が出場。羽生は全日本大会初出場。減点、タイムともに2位の好成績を残す。  小型乗用の部......続きを読む»

Cを背負う者番外編・バスケットボール部

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

八木橋直矢(総4) 背中で見せた4年間   「ただただ実力が足りなかった」。リーグ最終戦で敗れて1部との入替戦出場権を逃し、八木橋直矢(総4)は目を真っ赤に腫らしながら語った。 ▲八木橋のゲームメイクは安定感抜群だった  春の関東トーナメントでは1部校を相手に互角以上にわたり合い、6位という好成績を収める。さらに新人戦では後輩たちが準優勝と、中大は目標のリーグ戦1部昇格へ順風満帆なシーズン......続きを読む»

大学ラグビー選手権3回戦 流通経済vs慶應義塾 改めてノーサイドを思う

【ラグビーを見るのだ。】

第53回全国大学ラグビーフットボール選手権大会 3回戦  流通経済大学 31対31 慶應義塾大学 14時00分KO   秩父宮ラグビー場 晴れ 芝やや良 快晴。 昨日のトップリーグの北風から一転、落ち着いた冬の日曜日。 大学選手権も、いよいよ3回戦。 流通経済大学と慶應義塾大学。 慶應義塾について話すとしたら、まず最初に浮かぶ言葉は伝統校。 日本ラグビー発祥という伝統がある。 これは誰にも変え......続きを読む»

ラマー ジャクソン(ルイヴィル大QB)が史上最年少ハイズマン賞ウィナー!未来のNFLスーパースター目指す!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ラマー ジャクソンは将来NFLでスーパースター!? 第82回ハイズマン賞がつい今しがた決定した! CBS SportsのRobby Kallan & Adam Silversteinによる記事を参考にしたい。 ルイヴィル大学の2年生クウォーターバック(QB)、ラマー ジャクソンが前評判通りの大差で受賞。19歳のジャクソンは史上最年少序章者となった。3年前受賞者のジェイムイス ウィンスト......続きを読む»

Cを背負う者番外編・アメリカンフットボール部

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

佐藤将貴(法3) 「キングオブアメフト」への挑戦 ▲リーグ戦第6節対立教大戦での佐藤  「キングオブアメフト」。DL(ディフェンスライン)とはどんなポジションかという問いに、佐藤将貴(法3)はそう答えた。相手のオフェンスを強烈なタックルで崩していくポジションだ。DLは「一番でかくて速くなければいけない」。 ▲オフェンスを崩す佐藤(手前)  佐藤がアメフトに出会ったのは高校入学時。佐藤が......続きを読む»

【湘南アイスホッケー部】関東リーグ戦第10戦

【東海スポーツ】

チームの強さを存分に発揮 立教大に圧勝   トータルスコア 東海大10 立教大0 (第1ピリオド  3-0) (第2ピリオド 6-0) (第3ピリオド 1-0) [得点者] 椙原淳文(政4)アシスト 岩本丈太郎(政1) 小林優希(体3)      熊谷聖生(政4) 坂下直哉(文2)    長谷川宗矩(体1) 岩本丈太郎    柏木鉄平(体4)椙原淳文 岩本丈太郎    藤田康平(体2......続きを読む»

Cを背負う者番外編・バレーボール部

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

柳田貴洋(法2) 「色違いのユニフォームでコートへ」  秋季リーグ開幕戦の中央学大戦。選手たちが白いユニフォームを身に纏う中、春リーグでセッターを務めていた柳田貴洋(法3)は紺色のユニフォームを身に着けていた。「もう、リベロ一本で」。セッターから、リベロへの転身を遂げていた。 ▲色違いのユニフォームはリベロの証  目標としてきたのは兄の柳田将洋(サントリーサンバーズ)。「気づいたら兄が目標。......続きを読む»

硬式庭球部・全日本学生室内テニス選手権大会シングルス決勝

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

12/4 江坂テニスセンター 決勝は先輩後輩対決! 「やる気を出させてくれる準優勝」 ▲決勝戦終了直後の望月  準決勝ではストレート勝ちを収めた望月勇希(法1)。優勝を懸けて望月が対戦したのは上杉(慶大)だ。望月と上杉は清風高校の出身。上杉は望月の2つ上の先輩にあたる。望月は試合の主導権を握ることができず、5-7、2-6のストレート負けを喫した。 ▲苦しみながらも戦い抜いた  「自分の......続きを読む»

第93回箱根駅伝チームエントリーで選ばれる選手たちは誰か

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

明日12月10日、各チームのエントリー16名が発表される。 関東の大学に入り、陸上長距離部に籍をおいているのなら箱根を走りたい気持ちは皆同じ。 ここまでの期間、どれだけ成長し、どれだけアピールできたのか。 強豪校であればあるほど、選手層が厚ければ厚いほど16人の枠は狭き門となる。 指揮官としても実績や能力、調子や適性などを見極め最高の16人メンバーを考えなくてはいけない。 例え、その......続きを読む»

【湘南女子バレーボール部】全日本大学選手権大会4回戦

【東海スポーツ】

    悔しさ残るベスト16       12月2日 全日本大学選手権大会4回戦 vs千里金蘭大            〔28-26〕        〔23-25〕 × 東海 1 〔20-25〕 千里金襴 3 〇        〔20-25〕     【STARTING MEMBER】 ライト  #1 山内美咲(体4) センター #4 江川優貴(体4) レフト  #3 安念桃子(体4)......続きを読む»

第93回箱根駅伝の戦い方~日本大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

第93回箱根駅伝最後の出場枠に滑り込んだのは、まさかの前回11位、日本大学だった。 留学生ランナー・キトニー選手や実力者の荻野選手が卒業したとは言え、エース力は依然高いレベルをキープしており、今回の予選会でもトップ通過候補だった。 だが、予選会での戦いを見た限り、大舞台での調整力や安定感、中間層の底上げ不足など反省材料は多かったように感じる。 現状を重く受け止めた主将の石川選手を始め、殆......続きを読む»

第93回箱根駅伝の戦い方~国士舘大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

3大会ぶりに箱根駅伝に挑む国士舘大学。 前回の予選会では10秒差で涙を飲む結果となり、今大会にかける喜びと想いは強い。 全日本駅伝選考会では2校の途中棄権があったものの予選通過。 そして、激戦の箱根駅伝予選会も通過したことからもチーム力の向上が見受けられる。 目指すはシード権獲得。 そこに往路からどこまで迫ることができるかがポイントだろう。 国士舘のシード権獲得に絶対に欠かすこ......続きを読む»

‘スクラムトライを狙う早稲田’は時代の流れ

【スポーツ えっせい】

 一昨日秩父宮ラグビー場で行われた関東大学ラグビーの早明戦は 早稲田が終了間際の明治の攻撃を凌ぎ切って24-22で勝ち、対抗 戦グループの2位を決めた。  早明戦の魅力は重戦車FWを中心にした縦突進の明治の攻撃を早稲 田の軽量FWが耐え凌ぎBKの展開力で勝負するという両校のキャラの 違いが際立つところだったが、近年は早稲田のFW陣も強力になって おりFW戦でも互角の勝負を演じるまでになっているのに......続きを読む»

第93回箱根駅伝の戦い方~國學院大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

昨年まさかの予選落ちから再び箱根路に戻ってきた國學院大學。 エース・蜂須賀選手がチームに復帰し、ようやくチームとして形を見せてきた印象だ。 箱根予選会ではチーム内12番目の選手でも163位と相変わらずの安定感を発揮。 予選会を走った12人に加え、補欠に回った選手や新勢力などを含め16人のエントリー争いも加熱。 チーム内の良い雰囲気を本大会でも持っていけるか注目となる。 蜂須賀選手......続きを読む»

【第255回日体大記録会】(5000m)試合結果

【駅伝狂の詩】

日曜日の日体大記録会5000mは、夕方(というより夜)から観戦でした。ポツポツと雨が降り始め、最後の方の組は結構強くなっていたので、なかなか走りにくい状態だったと思います。またこの日は、朝の7時半から夜の10時まで組まれており、日体大の担当者は大変だったかと思います。お疲れ様でした。 ■5000m 29組 30着 石川翔輝 15:45.17 39組 18着 北村 祥 14:50.26 42組 10......続きを読む»

【第255回日体大記録会】(10000m)試合結果

【駅伝狂の詩】

土曜日の日体大記録会、午後から10000mの観戦に行って来ました。この時期なので、コンディションは最高になりました。観戦には、防寒具が必要になって来ますね。 ■10000m 03組 06着 岸 俊樹 30:56.09 03組 24着 柏木亮太 31:56.72 09組 09着 石黒和寿 29:58.08 09組 10着 江連崇裕 29:58.97 09組 18着 関口康平 30:24.27 09組......続きを読む»

バレーボール部・中央大学バレーボール部“THE FUTURES”WORLD CHALLENGE SUPPORT PROJECT supported by SIXPAD プロジェクト発表記者会見

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

12月5日 ザ・リッツ・カールトン パークビュールーム 学生世界派遣プロジェクト始動! 第一弾石川は明日出発「まだ準備してない」  中央大学バレーボール部がその後援会のサポートを受け、次世代の選手の育成を目的としたプロジェクトを発表した。プロジェクトの第一弾として、石川祐希(法3)が明日12月6日からイタリアへと出発する。このプロジェクトは、株式会社MTGがサポートする。同社の開発した身に着けるト......続きを読む»

第93回箱根駅伝の戦い方~拓殖大学~

【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

今季は過去最高順位を更新する6位以上を狙っていると公言した拓殖大学。 箱根予選会の結果を見た印象では険しい道だと感じたが、流石は名伯楽・岡田監督率いるチーム。 主力や中間層、新戦力が順調に調整してきており、持ちタイム以上の充実ぶりを見せている。 残り一ヶ月、まだ成長やピーキングなど突き詰める部分はあるものの非常に面白いチームになりつつある。 拓大が目標としている6位前後でレースを進める......続きを読む»

2016年度・私的生観戦したアマチュア野球ベストゲームTOP10(1~5位)

【北のお部屋】

今年観戦した102試合の中から高校・大学・社会人のゲームの中で実際に地上波で生中継されない試合でも、面白い試合はたくさんあるのよというのを素人なりに伝える企画の2年目ですが、昨日の6~10位に続き、1~5位は発表でございます。異論?知りません(笑)。 ■5位 ■神宮球場 16/9/28 ●東都大学野球1部秋季第4週 中央大×亜細亜大 ●第一試合 亜細亜大 000 100 100 =2 H6 E0......続きを読む»

バレーボール部・全日本バレーボール大学男子選手権大会決勝 対東海大

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

12月3日 愛知県稲永スポーツセンター 35-33の接戦を制し、三連覇達成! スタメン(サーブローテーション順) 13S 山下紘右(商3) 10WS 石川祐希(法3) 1MB 井上慎一朗主将(法4) 9WS 大竹壱青(商3) 12WS 武智洸史(法3) 3MB 渡邊侑磨(法4) 7Li 伊賀亮平(経4)   最終日、大勢の観客で埋め尽くされた会場。決勝の相手は秋季リーグ戦でストレート負けを喫し......続きを読む»

ラグビー部・関東大学リーグ戦 対大東大

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

11月27日 秩父宮ラグビー場 リーグ最終戦を黒星も選手権でリベンジ  ここ数年、負けなしの相手に黒星を喫した。相手の強いアタックに「思い通りのプレーができなかった」(浜岸俊輝主将・経4)。21-64の大差をつけられて敗北。中大はリーグ戦を3勝4敗の4位で終えた。 ▲試合後の選手たち  「ディフェンスで前に出ることがうまくできなかった」(井村兼人・経4)と序盤から相手に2つのトライを許す。......続きを読む»

【湘南校舎ラグビーフットボール部】関東大学ジュニア選手権準決勝 

【東海スポーツ】

FWから試合の主導権を 決勝にいいイメージで繋げる ○東海大24-13明治大● (前半5-7 後半19-6) 東海大     明治大 前半     1   T   1     0   G   1     0 PG 0 後半     3   T   0     2   G   0     0 PG 2 スターティングメンバー 1PR津志田 卓哉(体3) 2H......続きを読む»

ラグビー大学対抗戦 筑波vs帝京 筑波が見せた帝京攻略のヒント

【ラグビーを見るのだ。】

関東大学対抗戦A 第11節  筑波大学 24対29 帝京大学 14時00分KO   秩父宮ラグビー場 晴れ 芝やや良 ノーサイド。 帝京フィフティーンに笑顔はなかった。 昨年の対抗戦で唯一敗北した筑波大学との一戦。 巷では、帝京は筑波が苦手、そんなことも言われている。 今年はどんな試合になるだろうか。 背中がざわざわする試合を求めて秩父宮ラグビー場に集まったのは、ファンより記者の方だったかもし......続きを読む»

硬式庭球部・全日本学生室内テニス選手権大会シングルス準決勝

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

12/3 江坂テニスセンター 「絶対条件」のストレート勝ち 決勝戦へ駒を進める ▲フォアハンドを狙う望月  大会は3日目。決勝戦進出を懸けて望月勇希(法1)が戦ったのは、予選を勝ち上がりベスト4まで勝ち進んだ三好(早大)。インカレ王者の小林雅(早大)を倒してのし上がってきた相手に対して、望月はストレート勝ちを収めた。  第1セット、望月は相手を圧倒した。序盤に2度のブレークを成功させ、望月......続きを読む»

2016年度・私的生観戦したアマチュア野球ベストゲームTOP10(6~10位)

【北のお部屋】

このブログでも観戦記はよく書いていますが、去年もやりました↓ 2015年度・私的生観戦した高校野球・大学野球のベストゲームTOP10(1~5位) 2015年度・私的生観戦した高校野球・大学野球のベストゲームTOP10(6~10位) 今年観戦した102試合の中から高校・大学・社会人のゲームの中で実際に地上波で生中継されない試合でも、面白い試合はたくさんあるのよというのを素人なりに伝える企画の2年目......続きを読む»

バレーボール部・全日本バレーボール大学男子選手権大会準決勝 対早大

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

12月2日 愛知県稲永スポーツセンター 早大破って決勝へ! 三連覇へ王手 スタメン(サーブローテーション順) 13S 山下紘右(商3) 10WS 石川祐希(法3) 1MB 井上慎一朗主将(法4) 9WS 大竹壱青(商3) 12WS 武智洸史(法3) 3MB 渡邊侑磨(法4) 7Li 伊賀亮平(経4)  インカレベスト4に残ったのは、中大、早大、東海大、日体大の4校。関東勢が意地を見せている。 ......続きを読む»

【第59回平成国際大記録会】(10000m)試合結果

【駅伝狂の詩】

遅くなりましたが、平成国際大記録会の10000mを観戦して来ました。ちょうど雨が降って来たタイミングでスタートだったので、選手には厳しいコンディションだったと思います。 ■10000m 02組 18着 柏木亮太 31:53.81 03組 05着 鈴木康太 30:11.06 03組 12着 岩佐快斗 30:17.71 03組 22着 北村 祥 32:14.36 04組 02着 中山 顕 29:43.......続きを読む»

硬式庭球部・全日本学生室内テニス選手権大会シングルス準々決勝

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

12月2日 江坂テニスセンター 1年生が接戦展開 「素直にうれしい」逆転勝利 ▲試合終了後握手をする望月(左)と島袋    16人が本戦に出場する本大会。第2シードの望月勇希(法1)は島袋(早大)との準々決勝に臨んだ。序盤は島袋の強烈なサーブに苦戦するものの、徐々に試合のペースをつかみ勝利した。 ▲フォアハンドを打つ望月  立ち上がりに「不安があった」と望月が振り返る第1セット。ファース......続きを読む»

  • ブログを作る - 新規ブログ開設
  • ブログを書く - ログイン画面へ

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

注目タグ

スポーツナビ最新コラム

rss