ジャンル別一覧:サッカー日本代表

なでしこジャパンvsスイス 国際親善試合

【球マニアのBLOG】

なでしこ 2-0 スイス 【得点者】  なでしこ:中島(69分)、田中(90+3分) 台風が迫る大雨の中でもそれほど劣悪なピッチにならなかったのは両チームにとってもサポーターにとっても幸いだったと思います。しかし、この試合になでしこが何を求めたのか、いまいち分からない、伝わって来ない試合でした。 個人的には鮫島の右SBも2列目のシャッフルした並び方も今テストすることではないと思いますね。固定メ......続きを読む»

仲田歩夢「左サイドバックならA代表でレギュラーを奪える」

【【小説】なでしこジャパン物語_アナザー】

『※この物語はフィクションであり、実在の人物・団体とは一切関係ありません。』  サイドバック、それは現代サッカーにおいて最も重要なポジションの一つ。現在、なでしこジャパンでは鮫島彩選手が左サイドバックのポジションを獲得している。  私は今、INAC神戸レオネッサで左サイドハーフをしているけど、控え組としてベンチを温めることもある。それでも、今年から出場機会が増えて得点でもアシストでも結果を残し......続きを読む»

【図解で分析】等々力劇場の3得点を振り返ろう 川崎フロンターレvsベガルタ仙台

【【図解で分析】サッカーアナライザーの戦術分析ブログ】

エウシーニョからパスを受けた中村憲剛は縦に出せなかったので一回横パス。再度受けた瞬間、仙台のスライドが間に合う前に長谷川へ縦パス。長谷川は左に展開し、流れて相手を引きつける。仙台の陣形はズレていき、エウシーニョは空いたバイタルの方へドリブルしお見事ミドル。チームが生んだゴール。 https://t.co/Cneh3XfCEE— サッカーアナライザー(図解分析ブログ) (@_soccera......続きを読む»

今週の乾/久保/森岡/小林/堂安/伊藤/宇佐美/南野(10/22)

【POOH - San の蹴球見聞録】

来月、ハリルジャパンは欧州遠征を敢行。10日にはブラジル戦、14日はベルギー戦が決定した。欧州遠征なので、現在、ヨーロッパでプレイする選手にとっては有利になる。今節合わせて残り3節でハリル監督にアピールしたいところ。しかし、今節は見所がほとんどなし。チームが勝利したのは森岡と宇佐美のみ。ほとんどのチームが負けてしまう。あと2節でアピールできるのは誰か??? <スペインリーグ 1部(La Liga ......続きを読む»

Uー17W杯総括。ハイレベルなテクニック。しかしフィジカルには大きな差が。

【FCKSA66】

総じてテクニックの高い選手が多い印象だった。久保建英と中村敬斗を筆頭に、上月壮一郎、平川怜、福岡慎平、そして、左SBの鈴木冬一と、フランスやイングランドを相手にしても、テクニック面では同等かそれ以上だったと思う。しかし、6得点を奪った初戦のホンジュラス戦以外は、フランス戦では1得点、ニューカレドニア戦でも1得点、それから、イングランド戦では無得点と、高いテクニックが得点にはあまり繋がらなかった。 ......続きを読む»

【図解で分析】川崎のリスクを恐れぬプレスと仙台の巧みなプレッシング回避 川崎フロンターレvsベガルタ仙台

【【図解で分析】サッカーアナライザーの戦術分析ブログ】

1人少なくなった川崎。しかも1点ビハインドで後半を迎える。しかし鹿島を追い越すためには勝ち続けるしかない。 そこで川崎は後半から、激しいプレッシングを開始する。 平岡にボールが渡ると、中盤から長谷川が飛び出していきプレッシャーをかける。 古林がタッチライン際で降りてきて受ける動き。車屋がついていくが、近づいてきた野津田へワンタッチでパスする。 憲剛がよせ、長谷川もプレスバックするが、縦パスコース上に......続きを読む»

イングランド戦(Uー17) 【 ポジティブな戦いができたと思う。 】

【FCKSA66】

試合 :Uー17W杯 決勝トーナメント 1回戦 開催日:2017年10月17日 結果 :イングランド勝利 スコア:「0-0(3PK5)」 得点者: FW 宮代大聖 久保建英 MF 上月壮一郎 平川怜 福岡慎平 中村敬斗 DF 鈴木冬一 小林友希 菅原由勢 喜田陽 GK 谷晃生 FW 宮代大聖 久保建英 MF 上月壮一郎 平川怜 福岡慎平 椿直起 DF 鈴木冬一 小林友希 菅原由勢 喜田陽......続きを読む»

【図解で分析】川崎らしさが見られた連動する攻撃シーン ~川崎フロンターレvsベガルタ仙台~

【【図解で分析】サッカーアナライザーの戦術分析ブログ】

先日の仙台戦で見られた、川崎らしい連動する攻撃シーンについて。 まず左サイドからの組み立てるシーン。 家長が持った時に、少し後ろに車屋がポジショニングし、家長は車屋にボールを下げる。同時に小林悠と中村憲剛が同サイドの高い位置で、ほぼ縦関係気味にかなり近い位置にポジショニングする。 平岡は元々小林悠をマークしていたが、車屋から中村憲剛にパスが渡りそうなので、小林悠のマークを捨て、前に飛び出してパス......続きを読む»

ハリルジャパンがベースとして使っている2つのシステムの特性について。

【FCKSA66】

「4-1-4-1」というシステムは、ハイプレス型ならば「4-1-4-1」、リトリート型ならば「4-5(3ボランチ)-1」であり、南アフリカW杯の時の戦い方について、やり方を大きく変えたわけではない、という趣旨の事を後に岡田監督は言っていたと思うが、それはハイプレス型の「4-1-4-1」を意図していたからだと思う。しかし、実際には、リトリート型の「4-5(3ボランチ)-1」になった、という事だった。 ......続きを読む»

【図解で分析】日本のダブルボランチは動きすぎだ ~日本代表vsニュージーランド代表~

【【図解で分析】サッカーアナライザーの戦術分析ブログ】

以下の記事で、スペインの指導者が日本代表について言及している。 スペインの名指導者から苦言。「日本のダブルボランチは動きすぎだ」 これはかなり前から発生している事象だ。エチャリは気を遣って、「そもそも中盤の2人が八方に動き回ることで、カウンターの脅威にさらされている(この点で長谷部誠は気が利いている)。」と述べている。確かに長谷部の方が中央を空けないが、割と似たような状況は以前からあった。 も......続きを読む»

【図解で分析】内容では躍進するベガルタに川崎が勝てた理由 ~川崎フロンターレvsベガルタ仙台~

【【図解で分析】サッカーアナライザーの戦術分析ブログ】

川崎相手に、前半20分の段階で もちろん後半2-0となり、ベガルタ仙台が攻めのペースを落とした、というのも理由だろう。 しかしそもそも根本的には、仙台の守備陣形の悩ましさもある。 これは川崎によってサイド攻撃された時の画像だ。 5-3-2の守備陣形をしく仙台。サイド攻撃された時に、サイドに全体をスライドさせるのは当然の行動だ。 しかしご覧のとおり、バイタルエリアが非常に空いてしまっている。 実際こ......続きを読む»

10/17 <U17WC2017> 日本 vs. イングランド

【POOH - San の蹴球見聞録】

決勝トーナメントのラウンド16に挑んだ「00ジャパン」は優勝候補のイングランドと対戦。試合は、両チームともゴールを割ることができずにスコアレスでPK戦へ。PK戦は、日本が一人外して、イングランドは全員決めて、5 - 3 でイングランドの勝利。日本は、ラウンド16で姿を消した。注目の久保は、大会通して1ゴールと、インパクトを残すことができずに終了。久保伝説にも陰りが見えてきたようだ。 【決勝トー......続きを読む»

理想はハイブリッド。二元論は不毛。

【FCKSA66】

規律を重視したトルシエジャパン。そのサッカーは若年代の代表でも良い結果を出し、ホーム開催という大きなアドバンテージはあったが、W杯でもグループステージ突破という結果を出した。しかし、トルシエという人物のパーソナリティの問題も大きかったのかもしれないが、その規律を重視するサッカーは、少なからず、当時の選手たちや日本サッカー協会からの反感を買った。その真偽はともかく、個人的にはそう感じられた。 個......続きを読む»

5分間の川崎劇場〜川崎vs仙台(10月14日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

【4thDayMarketCenter】

え~と、この試合は「3連戦ダービー」です。ルヴァン連戦の後のリーグ戦、3戦全てが「仙台vs川崎」。だから「3連戦ダービー」。“ダービー”の定義とは何ぞや!? ■前半 序盤から両チームの小気味よい攻撃が相互に繰り返されるような、見ていて気持ちの良いマッチアップ。フロンターレのパス回しについてはすでに何年もの蓄積と定評がありますが、どちらかというと守備的なイメージの強い仙台が、こんなにもテンポの良い......続きを読む»

W杯で日本が入るグループに楽なグループなど ない

【スポーツ えっせい】

 16日にFIFAの最新ランキングが発表され日本のランキングは 44位でオーストラリアに抜かれてアジア3番手に落ちたばかりか、 W杯ロシア大会の組み合わせ抽選で第4シードになる事が濃厚だと いう記事が載っていた。  第1シードは開催国ロシアをはじめドイツ・ブラジル・ポルト ガル・アルゼンチン・ベルギー・ポーランド・フランスの8か国 となり、第2シードはスペイン・イングランド・コロンビア・メ キシコ......続きを読む»

ニューカレドニア戦(Uー17) 【 決勝トーナメントに入ってからが本当の勝負。 】

【FCKSA66】

試合 :Uー17W杯 グループステージ 第3戦 開催日:2017年10月14日 結果 :引き分け スコア:「1-1」 得点者:中村敬斗 ジェノ FW 棚橋尭士 山田寛人 MF 椿直起 福岡慎平 山崎大地 中村敬斗 DF 鈴木冬一 監物拓歩 馬場晴也 池高暢希 GK 梅田透吾 FW 棚橋尭士 山田寛人 久保建英 MF 椿直起 奥野耕平 菅原由勢 池高暢希 DF 監物拓歩 山崎大地 馬場晴也......続きを読む»

【図解で分析】川崎から飛び出し躍動するベガルタ仙台中野 ~川崎フロンターレvsベガルタ仙台~

【【図解で分析】サッカーアナライザーの戦術分析ブログ】

日本代表から車屋が返ってきて、憲剛、家長、小林悠など多数の代表レベルの選手を揃える川崎フロンターレ。対するベガルタ仙台はポゼッションサッカーで、順位は伴っていないが徐々にJリーグに変革を起こしつつある。そんなベガルタ仙台は前半20分時点で、川崎フロンターレを相手に60%のボール保持率を誇った。そんな仙台の1点目のプレー。 実はこの影には西村君のポジショニングが効いている。この場面は三田にバックパス......続きを読む»

本田さん教育論を語る。

【Manchester United fundamentalism】

元記事はこれ 「本田圭佑の“らしい”教育論とJへの見解 村井チェアマンと日本の未来を語る」 https://sports.yahoo.co.jp/m/column/detail/201710100009-spnavi W杯優勝を目指すために、どんな事したらいいかね?というお話。 ◾︎人を動かそうとしない 個人的に教育って「無意味」。 勉強する人はするし、しない人はしない。 社会人になって勉強が......続きを読む»

【侍青の風】ハイチ戦各選手採点とW杯組み合わせで第3シードになれる可能性について

【サムライブルーの風】

今回のハイチ戦(FIFAランク48位)の 日本代表の出場選手と所属クラブ、 採点と出場試合数とゴール数は以下のようになる。 (日本代表選手の採点は、  攻撃と守備でそれぞれ行い、  6.0、5.0となっていたら、  攻撃が6.0で守備が5.0ということ。平均は6.0点) (+と-の後の数字は+が良いプレーの数で、-が悪いプレーの数) 日本代表(FIFAランク40位) GK 東口(ガンバ......続きを読む»

フランス戦(Uー17) 【 そこは原理原則に近い要素。 】

【FCKSA66】

試合 :Uー17W杯 グループステージ 第2戦 開催日:2017年10月11日 結果 :フランス代表勝利 スコア:「1-2」 得点者:グイリ グイリ 宮代大聖 FW 宮代大聖 久保建英 MF 上月壮一郎 平川怜 奥野耕平 中村敬斗 DF 喜田陽 小林友希 菅原由勢 馬場晴也 GK 谷晃生 FW 宮代大聖 山田寛人 MF 椿直起 平川怜 奥野耕平 久保建英 DF 鈴木冬一 小林友希 菅原由......続きを読む»

【侍青の風】3失点したことよりも2万席も空席があったことの方が悔しい…(ハイチ戦 3-3)

【サムライブルーの風】

得点者 倉田1 杉本1 香川1 代表通算得点 倉田2 杉本1 香川29 相手のハイチはFIFAランク48位の中堅国とは言え、 今年の3月以降、国際Aマッチを半年以上やっておらず、 日本にやってきて練習日は2日のみ。 試合中にパスミスを連発していて、 明らかに連携に難がある状態だった。 しかも、ハイチ側は、この試合を 国際Aマッチとカウントしていないようで、 当然、本気モードにはほど遠い状......続きを読む»

2017:A代表:親善試合:H:vsハイチ「欧州遠征に向けて収穫多かった親善試合2試合目」

【蹴鞠談議2】

日本vsハイチ:3-3 得点者:7倉田 秋(5長友 佑都)、13杉本 健勇、13ケビン・ラフランス(7ウィルドドナルド・ゲリエ)、20デュカン・ナゾン(2カルランス・アルキュス)、20デュカン・ナゾン(8ザカリー・エリボー)、10香川 真司(21酒井 高徳) 1、チーム情報&評点 評価基準 良:1~5:悪 H:日本 監督 ヴァヒド・ハリルホジッチ:2.5 ス......続きを読む»

ハイチ戦選手評価 【 槙野智章。昌子源。東口順昭。大迫勇也。原口元気。武藤嘉紀。香川真司。井手口陽介。車屋紳太郎。

【FCKSA66】

槙野智章 やはり、こういう試合にしないようなCBにならないと、という事が、槙野に問われている部分だと思う。最終予選では森重もしくは昌子に主力の座を取られていたと言えるが、SBもやれるCBとして、その価値を評価されている、更には、実績や年齢的にも、吉田が不在になった場合には代わりとして、という事を期待されているので選ばれ続けていると思うから、今回の結果というのは大きなマイナスになったと思う。 ......続きを読む»

【図解で分析】流れを変える成長した小林祐希のプレー動画 日本代表vsニュージーランド

【【図解で分析】サッカーアナライザーの戦術分析ブログ】

まず小林祐希の動画だ。 小林祐希止める蹴るの技術はもちろんだが、状況を冷静に見極める試合中の分析力、ボールと人(自分含め)を動かせるムーブメント力、寄せる敵の重心を見れる技術と持ち方、判断の速さを可能にしてる貰う前の情報収集能力。小林投入後明らかにリズムが変わった。 pic.twitter.com/ZGewijcDOq— かざみ (@kazami0711) 2017年10月6日 まず......続きを読む»

【図解で分析】地味だが巧みな香川真司のポジショニング(2) 日本代表vsニュージーランド

【【図解で分析】サッカーアナライザーの戦術分析ブログ】

さて昨日はある場面についての香川の狡猾なポジショニングを紹介したが、今日はPKを獲得したシーンの香川の特筆すべきポジショニングを見てみよう。ドルトムントという欧州でも有数のクラブにいまだ在籍できている理由に迫る。 さて具体的に試合映像の画像を切り取ったもので紹介する。 酒井がサイドでボールを保持。この際、香川はサイドに近づいいいく。近い距離をとり、コンビネーションプレーで崩す可能性も考えていただ......続きを読む»

ハイチ戦選手評価 【 杉本健勇。乾貴士。浅野拓磨。倉田秋。小林祐希。遠藤航。長友佑都。酒井高徳。 】

【FCKSA66】

杉本健勇 相手のギアが上がるまでは良い感じだったが、相手が調子良くなってからは消えてしまった。そういう意味では、今の段階では、やはりW杯では厳しいのかなと。おそらく、国内組だけで挑むであろうE-1サッカー選手権ではCFの主力として起用されると思うし、そこでの活躍次第では、という事はあるが、ザックジャパン時代、東アジアカップで大活躍した柿谷も、その後は活躍できなかったし、やや難しいかなと思う。 ......続きを読む»

西野、おるやん!〜セレッソ大阪U23vsガンバ大阪U23(10月7日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

【4thDayMarketCenter】

もうひとつの大阪ダービーを見てまいりました。 ■前半 去年のキングオブコントで優勝したんでしたっけ? コロコロチキンペッパーズ。我々世代には懐かしいSURFACEの「さぁ」を流しながら卓球やっているヤツ。いろいろある賞レースの内、ブランドとなったM-1は別格として、R-1やキングオブコントの場合、優勝しても、イコール大ブレイクって感じではないですけど(小峠とかは大ブレイクしましたが)、コロチキの......続きを読む»

2人の天才FW。U-17W杯の久保建英と宇佐美貴史を比べてみた。

【東京ドームに計画停電を!】

いま、インドでU-17W杯が開催されています。 10/13現在、U-17日本代表は、グループステージを第2戦まで戦って1勝1敗。 第3戦の対戦相手が弱小ニューカレドニアであることから、グループステージ突破が確実視されています。 この大会に参加している天才FWと言えば、ご存じ久保建英(16歳)。 “天才”という称号に恥じぬプレーを見せており、日本代表をけん引していると言っていいでしょう。 元バルサと......続きを読む»

宮間あや「私は必ず日本代表に返り咲く」

【【小説】なでしこジャパン物語_アナザー】

『※この物語はフィクションであり、実在の人物・団体とは一切関係ありません。』  近年、なでしこジャパンの弱体化が物議をかもしている。2011年ドイツワールドカップ優勝という頂点を境に、サッカー日本女子代表は徐々に衰退している。    その原因はタレント不足という言葉がぴたりとハマる。アンダーカテゴリーを歴任し、日本代表監督にまで上り詰めた高倉麻子も、A代表クラスの若手選手を発掘することに四苦八苦し......続きを読む»

A代表VSニュージーランドとハイチ ~またもや指揮官に批判が集まっちゃう試合~

【生意気くらいが丁度いい。】

まずはA代表の2つの国際親善試合。 ミッシェル宮沢先生がハリルホジッチ監督はもう少し日本人の特性を理解すべきであると言っておられた。 基本的にこの人の感情論っていうか軽々しい感じはあまり好きじゃないけど、おいらも納得した。 それはサバイバルサバイバルって言われると日本人は上手く動かないよ的な部分。 確かにこの2試合、ピリッとした感じがあんまりなくて、個人技に走っている部分が圧倒的に多かった。......続きを読む»

ハイチ戦 【 全くもって酷い試合だったなと。 】

【FCKSA66】

試合 :国際親善試合 開催日:2017年10月10日 結果 :引き分け スコア:「3-3」 得点者:倉田秋 杉本健勇 ラフランス ナゾン ナゾン 香川真司 FW          杉本健勇 MF  乾貴士  倉田秋   小林祐希 浅野拓磨 MF          遠藤航 DF  長友佑都 槙野智章  昌子源  酒井高徳 GK          東口順昭 FW          大迫勇也 ......続きを読む»

【図解で分析】非難される香川真司の狡猾なプレー 日本代表vsニュージーランド

【【図解で分析】サッカーアナライザーの戦術分析ブログ】

どうも日本代表では目立った活躍をできず、非難されることの多いと感じる香川真司。果たして何もできていないのだろうか。プレーを切り取って見てみる。 この場面、久保がボールを持ち上がる。香川は当然自分にマークがついていることを認識している。ここで香川は逆サイドの様子を首振りして確認。武藤とそのマーカーのポジショニングを認識する。 香川の首振りを見たことと、香川にはマークがついていることを認識した久保。......続きを読む»

日本サッカーの最大の問題は「指導者に全てを投げてしまう」ことである

【ボクシングをとっても楽しく見るブログ】

 まあ、Sportivaの杉山サンと浅田サンがどうだというわけでは無いが、ハイチとニュージーランドのテストマッチは別にこの結果でもよかったのではないかとも思う気がする。だってワールドカップ関係ないし。テストマッチだけを切り取ってピーピーと騒ぐのは、かえって危険ではないだろうか。あ、そうだ。「騒ぐな危険。」のトークライブは10月16日。皆様の参加を心よりお待ちしております。  本当に日本サッカーは何......続きを読む»

加茂&岡田ジャパンのW杯アジア最終予選から20年・Part5

【スポーツ えっせい】

 今から20年前の今日97年10月11日にタシケントのパフタコール スタジアムで行なわれたサッカーW杯フランス大会アジア最終予選の ウズベキスタン戦で、日本は0-1で迎えた終了間際に井原正巳からの ロングボールを呂比須が頭で落としたこぼれ球に相手GKが三浦カズの 動きに惑わされた形で後逸する幸運に恵まれて追い付き1-1で引き分 けた。  前週のカザフスタン戦終了後に加茂周監督は更迭されコーチの岡田......続きを読む»

ホンジュラス戦(Uー17) 【 テクニックと組織的な動きで日本が上回る。 】

【FCKSA66】

試合 :Uー17W杯 グループステージ 第1戦 開催日:2017年10月8日 結果 :日本代表勝利 スコア:「6-1」 得点者:中村敬斗 中村敬斗 パラシオス 中村敬斗 久保建英 宮代大聖 鈴木冬一 FW 宮代大聖 久保建英 MF 上月壮一郎 平川怜 福岡慎平 中村敬斗 DF 鈴木冬一 小林友希 菅原由勢 喜田陽 GK 谷晃生 FW 宮代大聖 久保建英 MF 上月壮一郎 奥野耕平 福岡慎......続きを読む»

日本代表対ハイチ代表戦 現地観戦記 ~ハイチ代表を舐めるな~

【舘野のおっちゃんの挑戦】

**「就任してから最悪の試合。2-0になってから選手の頭に何が起きたのか理解しがたい。すべてが止まった」 「何人かのメンタルの脆さ、弱さにショックを受けている。ブラジルが相手だったら10失点はしていただろう」とは試合後の日本代表・ハリルホジッチ監督の言葉。 そして「サポーターに来てくださいと言ったのに、こんな試合をして心の奥から謝罪したい」と報道陣を通してお詫びをした。 この試合を振り返ると......続きを読む»

進め日本代表! 化物退治のエキスパートになれ

【創造のLIBERO】

 実りある代表戦を送れた日本代表は、きっと今回も多くの課題を見つけることが出来たはずだ。 ニュージーランド戦でもハイチ戦でも困難を強いられ、二試合とも良い経験になった。 “この試合に何の意味があるのか”と発言した香川真司は一人上を見上げ、対戦すれば必ず困難を迎えるW杯の強敵たちを思い描いている。 チームや自身に求める要求をより高く設定して、所属クラブでいる時とは異なる厳しい表情で前を向き続けている......続きを読む»

意外にも強化試合になった?ハイチ戦!本大会でのフォーメーションはいかに?

【spoloveブログ】

ハイチなんて弱小と試合を行っても意味がない。勝って当然だから。 ぬるいホームで試合をやっても厳しい戦いにならないから意味がない。 最近のサッカーファンは目が肥えているから、そんなくだらないマッチメークは意味はないことがわかっている。 だからハイチ戦の試合はチケットが余っていても当然・・・ おそらくこういった意見が多くのサッカーファンのハイチ戦前の意見だったであろう。 ところが今回の試合は、サ......続きを読む»

原口元気の最大の魅力とは

【パルシェン】

「運動量が豊富」「守備で頑張れる」「働き屋」 だいたい原口のイメージはこんなものだろうか。 このイメージは一体どこから来たのか。おそらくそのイメージは、ヘルタでの成長エピソードから付いたものだと思われる。 ヘルタ1年目、Jでは通用していたはずのドリブルがブンデスでは通用せず、開幕から数試合以降は満足に試合に出られない状態が続いた。その結果、まずは試合に出るために、ブンデスでは致命的となるような弱......続きを読む»

2017:A代表:親善試合:H:vsニュージーランド「ロシアへ向けて」

【蹴鞠談議2】

日本vsニュージーランド:2-1 得点者:15大迫 勇也(PK)、9クリス・ウッド(11マルコ・ロハス)、7倉田 秋(19酒井 宏樹) 1、チーム情報&評点 評価基準 良:1~5:悪 H:日本 監督 ヴァヒド・ハリルホジッチ:2.5 スタメン 15大迫 勇也:2.5 9武藤 嘉紀:3.0、10香川 真司:2.5、11久保 裕也:3.0 2井手口 陽介:3.0、16山口 蛍:2......続きを読む»

内容が悪かったキリンチャレンジカップ2連戦

【スポーツ えっせい】

 10月6日のニュージーランド戦で2-1と勝ったのに続き今日 ハイチ相手に日産スタジアムで行ったサッカー日本代表の強化 試合は2-0とリードしながら、立て続けに3失点して逆転され 終了間際に何とか追い付いて辛うじて3-3の引き分けに持ち込 んだ。  ニュージーランド戦から9人メンバーを入れ替えて臨んだハ イチ戦は8分に杉本健勇が出したスルーパスを受けた長友佑都 の上げたクロスに倉田秋がヘッドで決め......続きを読む»

許される「上から目線」

【「読裏クラブ」のワンツー通し】

よく「上から目線」というコトバを聞きます。時の総理なんかも一時それでかなり批判されましたし、かくいう私も若い頃は会議でこう言われたもんです。「読裏は(←もちろん本当は本名で呼ばれています)何でそんなに上からやねん?」なんてね。 そんな私も齢(よわい)を重ねて、そういう「上から~~」というものは、自分からかなり消え去った感じがしていた今日この頃・・・。 実は先日、メチャメチャ「上から」の目線をし......続きを読む»

<蹴パラ>U17代表の健闘を祈りながらインドを発ちます

【極楽!蹴球パラダイス】

突然ですが、 ・・・ カップヌードルです。 インド・ニッシンの。 開けると中からスプーンが出てきます。 食べてみると ・・・ うん、なかなかいけます。インド風味付けですね。 ほかにイタリア風味付けなんかも売ってます。 イギリス五輪の時にコンビニでカップ麺を買って食べた時には驚いてしまいました。 どうすればこんなにまずい味にできるんだ と。この世の食べ物とは思えませんでした。......続きを読む»

ニュージーランド戦選手評価 【 槙野智章。吉田麻也。川島永嗣。杉本健勇。乾貴士。小林祐希。浅野拓磨。倉田秋。 】

【FCKSA66】

槙野智章 個人的には、槙野のパフォーマンスというのは、この試合ぐらいのレベルにはあるだろう、という想定内にあって、しかし、それ以上でなければ、という事が重要であり、吉田は常にW杯に出場してくるレベルの選手たちと対戦を重ねているので良いが、そうではない国内組の選手たちというのは、少ない代表試合で想定以上のパフォーマンスを出さなければならない、という事がポイントであり、その意識を持って欲しい。 ......続きを読む»

今週の乾/柴崎/久保/森岡/小林/堂安/奥川/内田/宇佐美/中島(10/15)

【POOH - San の蹴球見聞録】

中断していたリーグ戦が再開。今節は日本代表に合流した選手も含めて、出番が少なかった選手が多く、ゴールを決めた選手もなし。ベルギーの日本人選手対決の試合は、久保のGentが森岡のBeverenに勝利。またオーストリアのSaltzburg所属の南野がケガから久しぶり復帰。今シーズンはここからの巻き返しに期待したい。 <ベルギーリーグ 1部(Jupiler Pro League)> 久保裕也(KAA ......続きを読む»

NZに苦戦した日本代表について

【東京ドームに計画停電を!】

プレーオフを来月に控えて、本気の強化モードのニュージーランド(以降、NZ)と親善試合ができたことは良かったと思います。 NZは、ボール扱いの技術はそれなりですが、引いて強固なブロックを築くことができ、セットプレーとハイボール中心の攻撃から得点を狙ってくるチーム。 2014ブラジルW杯のギリシャのような特徴を持っており、日本代表が苦手なタイプのチームですから、強化には打ってつけ。 この時期、アジア以......続きを読む»

10/8 <U17WC2017> 日本 vs. ホンジュラス

【POOH - San の蹴球見聞録】

森山佳郎監督率いる「00ジャパン」が、FIFA U-17ワールドカップ2017の初戦を迎えた。グループEでフランス、ホンジュラス、ニューカレドニアと同組となった日本。比較的楽なグループに入った日本は、初戦のホンジュラスと対戦。いきなりMF中村敬斗が前半でハットトリックを決めて、FW久保も大会初ゴールを決めて大勝。幸先良いスタートを切った。次戦はライバルのフランスと対戦する。フランスは日本を上回る7......続きを読む»

ニュージーランド戦選手評価 【 大迫勇也。武藤嘉紀。久保裕也。香川真司。井手口陽介。山口蛍。長友佑都。酒井宏樹。 】

【FCKSA66】

大迫勇也 シュートが枠に飛ばなかった。今回の試合はそこが全てだったと思う。しかし、大迫が良いパフォーマンスを見せれば見せる程、大迫が不在になった時のCFをどうするのか、その代わりはいるのか、という不安を感じてしまうところもあって、今回は本田と岡崎を招集していないので、杉本だけではなく、武藤、久保、浅野、という選手たちも、CFで試してみる必要があると思う。ハイチ戦はCFに武藤でも良いかなと。 ......続きを読む»

<蹴パラ>ニッポン劇勝です。でも…完敗です。

【極楽!蹴球パラダイス】

ニッポン6-1の圧勝です。パチパチ。 え? ちゃんとスタジアムで観られたのか? ですか。 ほれ、 ホテルのバーで観てました ・・・ スタジアムまでどうやって行くか。 こんな時はホテルに相談です。 ホテルでタクシーを呼んでもらい、往復1500ルピー(3000円)ということで話が付き出発したのですが、問題は帰りをどうやって落ち合うか。 夜の異国の地で ・・・ おそらくヒトヒト......続きを読む»

<蹴パラ>U17W杯日本戦、チケットは・・・まあ大丈夫でしょう

【極楽!蹴球パラダイス】

インド代表は日本が初めてワールドカップを決めた遥か50年前にワールドカップ出場を決めてるんですが ・・・ 結局出場はしませんでした。 その理由が、FIFAから ・・・ 裸足でやっちゃダメだかんね ・・・ と言われたからです。 (注)1950年ブラジル大会にエントリーし、他にエントリーしていたビルマとフィリピンが棄権したため出場権を得たが、裸足でのプレーをFIFAに拒否されたため辞退した。 イン......続きを読む»

気になった話題を総ざらい。

【Manchester United fundamentalism】

たまには書いてみる。 ◾︎スペイン大荒れ ⚫︎カタルーニャ問題 歴史上、ずっと荒れてる。 書くのもメンドくせえからググってくれ。 なんのかんのといつも独立しねえんだから、今回も大丈夫。 …つか、今独立して大丈夫と思ってんのか? イングランドみたいに大丈夫って? いや無理っしょ。 ⚫︎ピケ様 自業自得。 「許されるわけねえ」だろ。 自分の発言忘れたんか? 比較的「自由が尊ばれる」欧州サッカー…しか......続きを読む»

ニュージーランド戦 【 1失点した事で2得点も勝利も無価値。 】

【FCKSA66】

試合 :国際親善試合 開催日:2017年10月6日 結果 :日本代表勝利 スコア:「2-1」 得点者:大迫勇也(PK) ウッド 倉田秋 FW          大迫勇也 MF  武藤嘉紀    香川真司    久保裕也 MF       井手口陽介 山口蛍 DF  長友佑都 槙野智章  吉田麻也 酒井宏樹 GK          川島永嗣 FW          杉本健勇 MF  乾貴士......続きを読む»

【侍青の風】ニュージーランド戦の各選手の採点

【サムライブルーの風】

今回のニュージーランド戦(FIFAランク114位)の 日本代表の出場選手と所属クラブ、 採点と出場試合数とゴール数は以下のようになる。 (日本代表選手の採点は、  攻撃と守備でそれぞれ行い、  6.0、5.0となっていたら、  攻撃が6.0で守備が5.0ということ。平均は6.0点) (+と-の後の数字は+が良いプレーの数で、-が悪いプレーの数) 日本代表(FIFAランク40位) GK ......続きを読む»

香川の発言。「ヤフコメ」は評論家の上を行く。

【猫と観るスポーツ】

香川の発言。「ヤフコメ」は評論家の上を行く。 最近の「ヤフコメ」は奥が深い。 特にスポーツ記事のコメントは、知識も豊富でバランスの取れたコメントが多く、読んでいてためになる。 今回は、10/6のサッカー日本代表対NZの試合について、香川の「意味ない試合」発言。 「南アW杯の予選リーグ全敗は伝説への序章」を標榜する私としては極めて遺憾。 はっきり言おうじゃないか。 香川、本田でヤキモキさせられるより......続きを読む»

<蹴パラ>久保や平川はA代表に入れるのか

【極楽!蹴球パラダイス】

今朝札幌から丸1日かけてインドのグワハーティに到着しました。 空港では大会のデコレーションが飾られていました。 こういうのをみるとうれしくなってしまいます。 既に一部メディアでは 「久保世代」 という言い方がされているようですが、今回U17代表に選出された久保世代のメンバーは将来的に果たして誰がA代表として選ばれるのでしょうか。 過去5大会を見てみると 表記:A代表選出氏名・生年月・......続きを読む»

【侍青の風】「ニュージーランド相手に苦戦してどうする!?」と思っている人に言いたいこと(ニュージーランド戦 2-1)

【サムライブルーの風】

得点者 大迫1 倉田1 代表通算得点 大迫7 倉田1 「FIFAランク114位の格下相手に苦戦してどうする!」 そんな声が聞こえてきそうな今回のニュージーランド戦だったが、 ニュージーランドのメンバーを見ると イングランドのプレミアリーグの選手が2人、 オランダリーグの選手も2人もいて、 FIFAランクが114位というのが信じられないような選手構成である。 特に、得点を決められたFWのク......続きを読む»

これからW杯までの強化試合では、まず何を目標にしなければならないのか?

【FCKSA66】

重視してもらいたいのは攻撃よりも守備。もちろん、攻撃も重要であるし、攻守は表裏一体であるから、明確にどちらの方を重視する、と分けられない要素でもあるのだが、これからの日本代表が、まず何を目標にしなければならないのかと言えば、アジア以外の、あるいは、アジアより上のレベルの相手に対して、とにかく失点はしない、最低でも1失点以下にする、それぐらいの守備力を培う、という部分にあると思う。 W杯へ向けて......続きを読む»

熱く もっと熱く W杯を焦がすほどに盛り上がろう

【創造のLIBERO】

 人生は楽しんだ者勝ち──── それはこの世界の真理の一側面を捉えていると私は思う。 ────ではサッカーにおける真理とは何だろう? そのように考えたことはないだろうか。 勝敗に関することで言えば、何者を相手にしても恐れを知らない決定力と水も漏らさぬ守備力が栄光への原動力になる。 しかしながら、私たち見ている側には決定力もなければ守備力も関係がない。 日本代表を応援する時、もっと決定力があれば、......続きを読む»

日本vsニュージーランド 親善試合

【球マニアのBLOG】

日本 2-1 ニュージーランド 【得点者】  日本:大迫(50分)、倉田(87分)  ニュージーランド:クリス・ウッド(59分) 『スリッピーなピッチではわざとグランダーのシュートを打つ。』常識だけどね。。。日本だけでなく、NZもそれが出来てなかったことが幸いだったのかも(苦笑)パスやトラップにはミスが少なかったんだから単純に意識がなく、気持ちよく『キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!』なのか、『......続きを読む»

10月10日の日本ーハイチ戦が不人気なのは当たり前

【スポーツ えっせい】

 8月31日にサッカーW杯ロシア大会の出場権を獲得したヴァイド ・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は今月の6日にニュージー ランド、10日にハイチとキリンチャレンジカップで対戦する事が 決まったわけだが2試合目のハイチ戦のチケットが売れ残っている との事。  今回のキリンチャレンジカップは新戦力の発掘という事から本田 圭佑をはじめ岡崎慎司ら長年代表の顔としてプレーしていた選手達 が招集されてないわ......続きを読む»

加茂&岡田ジャパンのW杯アジア最終予選から20年・Part4

【スポーツ えっせい】

 今から20年前の97年10月4日にカザフスタンのアルマトイ・ セントラルスタジアムで行なわれたサッカーW杯フランス大会アジ ア最終予選で、日本代表はカザフスタンと対戦し終了間際に同点に 追い付かれ1-1で引き分けてしまい勝ち点1に終わり加茂周監督 が更迭された。  前週に国立で韓国相手に1-0とリードしながら最後の5分程で 逆転負けを喫した日本は、カザフスタン&ウズベキスタンという中 央......続きを読む»

<蹴パラ>いよいよU17W杯。明後日インドに旅立ちます

【極楽!蹴球パラダイス】

2017年U17ワールドカップ、インド大会。 いよいよです。 スケジュールは以下の通りです。 <グループリーグ> 10/8(日)20:00 ×ホンジュラス(グワーハーティ) 11(水)17:00 ×フランス(同上) 14(土)17:00 ×ニューカレドニア(コルカタ) <決勝> 10/28(日)20:00   (コルカタ) *決勝トーナメントの日程は不明 となっています。 ちなみに、グ......続きを読む»

現代サッカーのモダンな傾向とは?

【FCKSA66】

「現代サッカーではGKとストライカーの役割が非常に大きい。」、と述べていたハリルホジッチだが、ストライカー、つまり、得点を取る選手、得点を取れる選手、決定力の高い選手、そういう選手の存在が結果に対して大きな要素となるのは、当然そうであると思う。日本にも、得点を取る、という事に関して、世界でトップレベルの選手、ストライカーなどが出現すれば、大きくステップできるようになると思う。 但し、それがモダ......続きを読む»

W杯で結果を残すには脱ポゼッションの方がいい

【スポーツ えっせい】

 先日ヴァイド・ハリルホジッチ監督が10月の親善試合のメンバ ーを発表した時に、ボールポゼッションに拘らない‘脱ポゼッショ ン宣言’をして話題になった。  日本は長らくボールポゼッションに拘る理念で戦っていたのだが 相手より少しでも長くボールを保持している方が、失点する心配は ないし攻撃にも結び付けられるという理由からだろう。  ただポゼッションを全面に出すと点が取れない時に横パスが横行 するだ......続きを読む»

アピールせよ!!新戦力!!

【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

キリンチャレンジカップ、ハイチ戦&ニュージーランド戦に臨む 代表メンバーが発表されました。新戦力発掘が主な目的でしょうが、 どのような顔ぶれになったのか、メンバーを見ていきましょう。 GK 東口順昭(G大阪) 中村航輔(柏) 川島永嗣(FCメス/FRA) DF 植田直通(鹿島) 車屋紳太郎(川崎)           ☆日本代表初招集 昌子源(鹿島) 槙野智章(浦和) 酒井宏樹(マルセイユ......続きを読む»

ニュージーランド戦とハイチ戦へ向けてのメンバーからの今後について。

【FCKSA66】

W杯予選を終え、ここから新たに、という事はあるにせよ、やはり、ベースはW杯予選を戦ったメンバーであると思うし、そうであるべきだとも思うし、そして、残りの時間は9ヶ月あるとは言っても、それほど代表の活動は多くないと思うから、むしろ、ここをテストの期間にすると意気込み過ぎて、可能性の低いような選手を大量に招集したら嫌だなと思っていたのだが、そうならかった、そうしなかった事に安心した。 GKは中村、......続きを読む»

岡崎も落選?(サッカー日本代表)

【猫と観るスポーツ】

岡崎も落選?(サッカー日本代表) 劣化した司令塔は不要かもしれないが、ケガを恐れぬプレーが信条の選手は、使うべきだと、私は思うが。 ゴール前の混戦でも低いヘッドを決める。 ああいう、怪我を恐れぬプレーが期待できるのは岡崎だけではないか? 長友のサイドへの切り込み 岡崎の決死のヘッド 長谷部のキャプテンシー この3つはいまだ代わりはいないのではないだろうか。 ここ数試合、確かに岡崎は目立たず、決定力......続きを読む»

加茂&岡田ジャパンのW杯アジア最終予選から20年・Part3

【スポーツ えっせい】

 今から20年前の今日97年9月28日に行われたサッカーW杯 フランス大会のアジア最終予選の第4節で、日本代表は国立に韓 国を迎えて対戦し1-2の逆転負けを喫して今節アウェーでウズベ キスタンに勝ったUAEにも勝ち点差3を付けられる事になった。    試合は勝ち点で2の差を付けていた韓国が試合開始から中盤の 中田英寿と名波浩にマンマークで貼り付き自由を与えずに日本の 攻撃を凌いでいたが、後半に入ると......続きを読む»

地方から見る日本サッカーの現在位置

【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

U17日本代表が発表された。 インドで開催されるFIFAU-17ワールドカップに参加する日本代表のメンバーである。年齢的には17歳、高校2年生の世代であり、平成12年生まれの年代(2000年生まれ)である。 以前の1900年代のU17代表選手から比較すると、技術的には上手になってきており、JFAの海外遠征などにより国際試合の経験も多い。何よりもサッカーの上手な選手の母集団が増えており、主力が3人......続きを読む»

ハリルのサッカーは日本の未来になりえるか

【鹿野苑】

そもそも自分は代表FWは大迫論者だった。現在CFに定着する以前から。 それは鹿島サポであることが起因していることも少なからずあることは認める。しかし、それだけではない彼の活躍に対する確信はあった。大迫はケルンに移籍してからブレイクするまでに2年かかったが、途中出場した試合はきっちり仕事をしていたし、昨シーズンスタメンとして定着してからは、明らかにケルンイレブンを引率するほどの成果を残していた。 ......続きを読む»

災難として割り切るしかない~川崎vs清水(09月20日)観戦の周辺をウロウロと…

【4thDayMarketCenter】

え~と、東海道線ダービーでしたね。週末の試合ではなく、先週ウィークデーの天皇杯です。 ■前半 もうね、災難だったのですよ。いやですね、iPhoneを使っているんですぅ。で、マッチレポは、帰りの電車の中でiPhoneを使って書いていたりするのですよ。だいたいの場合、スタジアムから自宅まで1時間前後は電車なりシャトルバスなりに乗るんで、まぁ、その時間で書けるのですよ。家に帰るまでに解決してしまいたい......続きを読む»

鹿島は勝負強い?そんなものは誰も信じてはいないんじゃないの

【No soccer No life!って言うほどではないけれど・・・】

先日の天皇杯ラウンド16、そしてJリーグ27節、鹿島アントラーズは浦和レッズ、G大阪というもっとも難しいと思われるゲームをともに逆転で勝利できた。 メディアのニュースでは、「鹿島の勝負強さ」独走態勢などともてはやされている。 メディアというものは、こういうふうに書かないと読まれないのかもしれないが、僕は鹿島が勝負強いなどとは思っていない。勝てたのは、必死で戦った結果だ。じゅうぶん負けもあり得た。 ......続きを読む»

希望を魅せろ!!U-17W杯、メンバー発表!!

【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

こんなことを書くまでもなく、皆さんよくご存じだとは思いますが…… 日本代表はトップは「SAMURAI BLUE」、フル代表ですね。で、そこを トップに各年代に代表が組まれております。今回はU-17ワールドカップに 出場する「U-17日本代表」を紹介したいと思います。金の卵たちですね。 いわゆるユースに所属する選手が主です、では見ていきましょう。 GK 梅田透吾(清水Y)    ☆初招集 谷晃生......続きを読む»

FIFA U-17 ワールドカップ 2017に出場するU-17日本代表のメンバーが発表。

【POOH - San の蹴球見聞録】

2大会ぶりのFIFA U-17ワールドカップへの出場となる、U-17日本代表のメンバー21名が発表となる。サンフレッチェ広島のユース監督として、ユース世代の一時代を作った森山”ゴリさん”佳郎監督率いる「00ジャパン」は2013年大会のベスト16を上回ることができるか?すでに全国区の久保建英以下、将来の日本サッカーを背負う逸材たちの活躍に期待したい。 <U-17 日本代表メンバー(FIFA U-17......続きを読む»

アフリカ対策でハイチ戦、長身対策のニュージーランド戦

【spoloveブログ】

来年のワールドカップ出場を決めた日本代表は、10月6日にホームでニュージーランド、10月10日に同じくホームでハイチ代表と対戦する。 ・南米やヨーロッパは予選中・・・ 今回のマッチメークに対する批判が多いのも事実だが、既に多くの人が指摘しているように南米やヨーロッパはワールドカップ予選の最中。 そのため彼らと親善試合を行うのは事実上不可能なので、今回のような対戦になるのはある程度仕方がないだろう......続きを読む»

安部裕葵にやっと気づいた?

【No soccer No life!って言うほどではないけれど・・・】

今日、「webSPORTIVA」の記事で、鹿島アントラーズの安部裕葵が取り上げられているのを発見した。 こんな見出しである 「小野伸二を超える衝撃。鹿島の「和製クライフ」安部裕葵は代表でイケる」 もし、安部裕葵にこのことを言えば、「僕は僕ですよ、ほかの誰でもない」さらりと答えそうだ。 鹿島サポーターならみんな知っている、高卒ルーキーである。 鹿島に入ってくる高卒と言えば、ほとんどが全国に名の知れ......続きを読む»

必殺“リアルメッシすり抜けチャンスメーク”〜FC東京U23vs長野(9月17日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

【4thDayMarketCenter】

この対戦については小難しいことを言いますまい、“三浦文丈ダービー”ですよ。 ■前半 皆さん、覚えていますかね、今年の梅雨って、関東では空梅雨だったんですよ。でも、個人的感覚として、別に空梅雨なのは、今年に限ったことでなく、少なくともワタクシが上京して20年くらい、あまり関東では梅雨時期に梅雨梅雨しない。むしろ、ここ10年くらいに限れば梅雨明けしてからのゲリラ豪雨こそが、関東の水瓶を満たしているよ......続きを読む»

ロシアW杯アジア最終予選から考えるハリルジャパンの現在地と評価。【 後編 】

【FCKSA66】

■ 心配なのはCFとアンカーのポジション。 「4-1-4-1」でのCFは、実際のところ、今は大迫頼みだと言える。岡崎はあまり機能しておらず、まだ本田は良いパフォーマンスを取り戻していない。その他にも候補はいるが、大迫以上あるいは大迫と同じぐらいのパフォーマンスを発揮できる選手は見つかっていない。やはり、そこの選手探しは、W杯までに必要となってくると思う。 しかし、ここは、2トップにする、......続きを読む»

今週の乾/久保/森岡/小林/堂安/伊藤/宇佐美/中島(9/24)

【POOH - San の蹴球見聞録】

インターナショナルブレイクまで後2節。それぞれの選手にとって見せ所。ここでインパクトあるプレイを見せて、ハリル監督の注目を集めたいところだ。そんな中、前節リーグ戦初ゴールを含む2ゴールを挙げた中島が、今節強豪Porto相手に、あの名GKのCasillasから素晴らしいゴールを奪って見せた。このゴールはハリル監督に向けて絶好のアピールになったゴールだ。またHeerenveenの小林祐希が今季初ゴールを......続きを読む»

今週の乾/内田/宇佐美(9/20)

【POOH - San の蹴球見聞録】

今節は、スペインリーグとドイツ2部で週中にリーグ戦が開催された。乾は因縁のバルサ戦だったが、チームが大敗。柴崎は、前節のスーパーゴールの後の左足のケガでチームを離脱中。ドイツ2部では、内田が2年半ぶりにリーグ戦先発フル出場を果たす。関根はベンチ外だった。 <スペインリーグ 1部(La Liga Espanola)> 乾貴士(SD Eibar所属) ■年齢:29歳 ■移籍経歴:横浜Fマリノス(20......続きを読む»

ロシアW杯アジア最終予選から考えるハリルジャパンの現在地と評価。【 前編 】

【FCKSA66】

■ 若手選手の起用について。 ロシアW杯アジア最終予選でのハリルホジッチの若手起用、特にリオ世代の起用というのは、やはり大きなポイントになったと思う。主には、久保裕也、浅野拓磨、井手口陽介、大島僚太、遠藤航、という選手たちの起用で、結果的には、大島以外の選手の起用は当たったと言える。しかし、個人的には、大島の起用も間違っていたとは思わない。 遠藤航に関しては少し違うところもあるし、久保は......続きを読む»

体脂肪率10%を達成して思う事。

【Manchester United fundamentalism】

ハリルホジッチの正しさを確信した。 1日の総カロリー計算(一般の成人男性で約2000Kcal)とマクロ栄養素(脂質20%、タンパク質30%、炭水化物50%)をきっちりやって、ミクロ栄養素(ビタミン、ミネラル、亜鉛とか)で細部を詰めたら、一般人でもイケるんだわ。 *筋トレと週2バスケで一年かかったが。 なんで管理栄養士付きのトップアスリートが15%前後とかになってんだよ。 ちゃんと練習して食事に気......続きを読む»

加茂&岡田ジャパンのW杯アジア最終予選から20年・Part2

【スポーツ えっせい】

 今から20年前の行われたサッカーフランスW杯アジア最終 予選のUAE戦で、加茂周監督率いる日本代表は0-0で引き分 けて2試合を終えて1勝1分で勝ち点4となった。  アブダビで行なわれたアウェーのUAE戦は城彰二を1トップに 置いた3-6-1の布陣でスタートし慎重な姿勢で試合に入るわけ だが、30分に中田英寿のヘディングシュートが相手GKに弾き出 されたり75分に中田FKを井原正巳がヘッドで合わ......続きを読む»

控え目に言って末期症状〜新潟vs鹿島(9月16日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

【4thDayMarketCenter】

鹿島といえば大洗、大洗といえば北海道行きのフェリーです。で、北海道行きのフェリーといえば新潟みたいなところがありますので、この一戦は“フェリーダービー”ということになります。 ■前半   目下、大苦戦の新潟を率いているのは呂比須ワグナー。『エルゴラッソ』か何かのインタビューで、「選手にはクロスを何百本でも入れてほしい。自分が現役のときには、そうやって得点を決めてきた。」みたいな発言が書かれていまし......続きを読む»

ここに来ての乾選手が、輝いてますね。

【★★BLUE魂★★】

ロシアW杯日本代表にここにきて存在感を増してきたのが、リーガのエイバル所属、乾選手。 誰が見てもわかるような結果を残し、ロシアW杯日本代表になる為に猛アピール中です。 あくまでも私の中でですが、右サイドFWは、乾選手と原口選手で決まりではないかと思っています。 どこかのサイトの記事にあった記載ですが、守備をほとんどしなかった乾選手が、先日のオーストラリア戦でもみせたような献身的に守備をする姿は......続きを読む»

スタイル(戦い方)論争よりも、個の力についての議論を。

【FCKSA66】

かつては、W杯への出場が遠い夢のようだった日本が、フランスW杯、日韓W杯、ドイツW杯、南アフリカW杯、ブラジルW杯、そして、次はロシアW杯と、6大会連続でW杯に出場できるまでのアジアの雄に成長できたのはなぜか? フランスW杯のアジア予選はかなり苦しんだ。予選敗退だったとしても不思議には思わない苦しさだった。日韓W杯は自国開催枠だった。しかし、その後のアジア予選は、概ね順調だったと言える。 もち......続きを読む»

怪人ニウド〜北九州vs福島(9月9日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

【4thDayMarketCenter】

北九州と福島、、、小倉と会津。なんだか、幕末に長州と仲が悪かったもの同士ですね。ということで、この1戦は“「長州ファイブやら『花燃ゆ』とか、そういうムリヤリ、もうええねん! 誰に忖度してんだ?」ダービー”です。 ■前半 今シーズンの福島を率いているのは、田坂さん。開幕直後は我らの田村翔太が大活躍したこともあり、首位戦線に躍り出ていました。現在は“下の上”といったところで、これまでの福島というクラ......続きを読む»

元気、久保、井手口と本田、香川、岡崎

【サッカーバカのブログ】

W杯ロシア大会アジア最終予選も終了! きな臭い話もあるみたいだけど、日本は関係ないでしょ。 これからは本大会に向けて、激しい競争が始まる。 予選18試合を通じて安定していたのは吉田とハセくらい。 4試合連続ゴールの元気や一時期絶好調だった久保も、最近は良くないし、井手口だってどうなるかはわからない。 一方でベンチに追いやられている常連の本田や岡崎、怪我で3試合不出場の香川にだって、まだ1年......続きを読む»

日本らしいサッカーとは何か?

【FCKSA66】

そう質問された時に、まず最初に思う事は、それが本当にポゼッションサッカーなのか? という疑問。フィジカル、パワー、そして、高さ、というものを主な武器としたサッカーではない、という事は間違い無いが、それがイコールでポゼッションサッカーとなる理由が見当たらない。つまりは、そういうものを主な武器としないカウンターサッカーだって成立できるし、むしろ、そちらの方が日本らしいサッカーのようにも思える。 そ......続きを読む»

W杯選手選考を早々予想してドラマを考える! 其の伍 ~我らがJリーガー編~

【生意気くらいが丁度いい。】

既にキリンカップのメンバー発表があったことで、後だしジャンケン感がすごいが、流れ作業で更新しちゃうぜ! ここでは日本国内で活躍する選手をピックアップした。 GK 権田修一(サガン鳥栖) 櫛引政敏(ファジアーノ岡山) まずもってこのポジションでサプライズを起こしても、失礼ながら影響力が少なすぎて割愛したいくらいだが、現状を見ておく意味ともう既に次々回のW杯を見据えてるんだぜ。 権田は海外出戻り......続きを読む»

日本代表OBがやってくる!宝くじスポーツフェアドリームサッカーin白山 入場整理券をペアで5名様にプレゼント!

【情熱サッカー@kanazawa】

宝くじスポーツフェアドリームサッカーin白山 10月8日(日) 松任総合運動公園陸上競技場で開催! 日本代表OBチームが地元・白山市選抜チームと対戦するドリームマッチが 午後1時30分から行われます! 出場予定選手 団長:清雲栄純 監督:水沼貴史 選手:金田喜稔、前田 治、小島伸幸、福田正博、本田泰人    小村徳男、秋田 豊、中西永輔、平野 孝、三浦淳寛    波戸康広、久保竜彦、......続きを読む»

大迫の代わりを務めるとしたら宇佐美貴史

【サッカーを素人ながらに日記にしてみます】

サッカー日本代表に欠かせない存在 大迫勇也 日本代表のワントップは?という質問 誰しもが大迫勇也と答えるだろう 大迫勇也のポストプレー、ボールの収まり、パスコースの限定等々 そしてブラジルワールドカップでの経験もある 間違いなく怪我さえしなければ来年のワールドカップのメンバーにいるだろう ではもし大迫が怪我でもしたら絶対にあってはならないことであるが 考えとく必要はあると思う そこでハリルに......続きを読む»

今週の乾/柴崎/久保/森岡/小林/堂安/奥川/内田/宇佐美/中島(9/18)

【POOH - San の蹴球見聞録】

日本代表の来月の日程が決定し、10/6のニュージーランド戦と10/10のハイチ戦となった。次のインターナショナル・ブレイクまで今節を入れてあと3節。特に前回日本代表に招集されていない選手にとっては、各クラブでこの3節で結果を出す事が非常に大切になってくる。 そんな中、スペインではGetafeの柴崎がBarca相手にスーパーボレーを決めて、またEibarの乾も決勝ゴールをアシストと、日本人選手2人が大......続きを読む»

W杯選手選考を早々予想してドラマを考える! 其の四 ~国外で揉まれる選手編~

【生意気くらいが丁度いい。】

こういう掘り出し物の中からサプライズ招集メンバーなんかを探し出したりすると、すっげー通じゃん。になるから、鼻息荒くいきたいんだけど、ざっくり常連招集メンバー見たら意外と空きがない。 空きがないっつーか、どのポジションを何人呼ぶとか概念が分かりにくいから、どこに空きがあるか分からん、っつーのが正直なところ。 正直、感覚的にCBとか今更呼んでもすんなり上手くいかんだろうから、サプライズがあるなら攻撃......続きを読む»

W杯選手選考を早々予想してドラマを考える! 其の参 ~現状メンバー攻撃陣編~

【生意気くらいが丁度いい。】

ここまで守備陣と中盤選手の代表常連組として考察してきたが、アンチやっていただけあって全くハリルホジッチ監督の頭の中が読めないぜ! ってことで、俺ジャパンの攻撃陣を見てみることにしましょ。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 元々の予想で各ポジションの枠を考えてみたんだけど、CB、SB、MFと枠数に余りが出る可能性がでてきた。 そうなると、最終予選のメンバーでもそうだったように、溢れるほ......続きを読む»

【侍青の風】公式戦? 強化試合? 扱いの難しかったサウジ戦の各選手の採点(サウジ戦 0-1)

【サムライブルーの風】

サウジ戦は日本代表にとっては消化試合であったのに対し、 サウジアラビアにとってはW杯出場をかけた真剣勝負だった。 本気の相手と戦えるという面では良いけれど、 ここで相手のラフプレーにまきこまれて 大きなケガをするわけにはいかない。 そのため、何とも扱いづらい試合になってしまった。 なので、0-1で負けたことについては特に不平は言わない。 ただ、W杯本番に向けた数少ない強化試合といった面で......続きを読む»

本田選手のポジションは、右サイドが適正?

【★★BLUE魂★★】

ロシアW杯 出場決定 おめでとうございます。 よく頑張りました!! 心からお祝い申し上げます。 で、本田選手の不要論が目立ってきている今日この頃ですが、この事について一石。 本田選手のこれまでの貢献や実績には、敬意を払う必要有と思います。 ですが、ロシアW杯の23人の選考に経験値は配慮があるとしても必要なければ選ぶことはないと思われます。 人数に限りのあるメンバーなのだから本当に必要な選手......続きを読む»

2017:A代表:ワールドカップアジア最終予選:10戦目:A:vsサウジアラビア「アジア最終予選初戦の課題クリアでW杯出場権獲得。最終戦で新たな課題発生でW杯への準備のスタート」

【蹴鞠談議2】

サウジアラビアvs日本:1-0 得点者:19フハド・アルムワラド(18ナワフ・アルアビド) 観客数:62,125人 1、チーム情報&評点 評価基準 良:1~5:悪 A:日本 監督 ヴァヒド・ハリルホジッチ:3.0 スタメン 8原口 元気:2.5、9岡崎 慎司:2.5、4本田 圭佑:3.0 2井手口 陽介:3.0、7柴崎 岳:3.0 16山口 蛍:3.0 5長友 佑都:2......続きを読む»

サウジアラビア戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。昌子源。吉田麻也。川島永嗣。浅野拓磨。杉本健勇。久保裕也。 】

【FCKSA66】

長友佑都 GK川島のファインセーブに救われたが、1つ大きな対応ミスが有り、それについては残念だったなと。しかし、そのミスは全ての良いプレイを台無しにしかねない致命的なものだったが、その1つ以外は守備面でも概ね安定していたし、攻撃面でも良いプレイが何回かはあったから、及第点のパフォーマンスではあったのではないだろうか。後は、技術的な部分で、縦や逆サイドへのロングフィード、そこを磨いてもらいたいな......続きを読む»

日本人のサッカースタイルに思う

【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

日本のサッカーとは?日本のサッカーの確立を!・・とか、サッカーに関して日本人のサッカーについて議論されることが多くなっているように見えます。 今回、ロシアワールドカップ出場を決めたチーム、ブラジル大会のチーム、南ア大会のチーム、ドイツ大会のチーム、2002年のチーム、1998年フランス・・・遡ればスイスW杯予選に出場した戦後まもないチーム。 其々のチームに特徴を見出すとすれば・・・、共通の特徴を......続きを読む»

  • ブログを作る - 新規ブログ開設
  • ブログを書く - ログイン画面へ

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

注目タグ

スポーツナビ最新コラム

rss