ジャンル別一覧:MLB

WSドジャースの相手は、ダルと因縁のアストロズ

【MLB、NPB四方山話】

アストロズがヤンキースを下し、ワールドシリーズ進出を果たした。 歓喜に沸く選手たちの中には、昨季までヤンキースにいたベルトランやマッキャンもいた。特にマッキャンは、昨シーズン前半までヤンキースの正捕手。マー君やベタンセスと対戦している打席でお互いやりにくそうに見えたのは気のせいか?所属チームがどこであれ、目の前の勝利、究極的にはWS制覇を目指すメジャー選手のプロ根性を見せてもらった。 ● あの試......続きを読む»

アストロズ15年ALDSの悪夢乗り越え夢舞台へ!KCと似るパターンとは!?初WS制覇を賭けドジャースと激突!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

アストロズは長年の強化策がついに大きな結果として実を結んだ!2年前ALDSの悪夢を乗り越え球団史上初のワールドシリーズ(WS)制覇を実現させるのか!? ついにアストロズが夢のワールドシリーズの舞台に立つ!2014、15年のロイヤルズと似ているのはホームグロウン(Home grown)つまり生え抜きの選手達が中心となり勝ち上がっている点。この両球団は長い低迷期により得た高いドラフト指名選手達を軸に再......続きを読む»

突如出現、ドジャースWS進出打の立役者

【MLB、NPB四方山話】

ドジャースがカブスに11-1で大勝し、5戦目でワールドシリーズ出場を決めた。 打のヒーローは6番レフト、エンリケ・ヘルナンデス。ポストシーズン、左投手相手にしか出てこない。シーズン中はセンター34試合、左翼28試合、右翼18試合、ショート24試合、サード14試合、セカンド9試合、ファースト3試合、代打52試合という、故キムタク真っ青のユーティリティプレーヤーだ。 今シーズン11本塁打、打率.21......続きを読む»

巨人軍、閉塞感打破には掛布氏を招聘するのがいいと思う。

【東京憂巨会】

阪神で2軍監督だった掛布雅之氏がこのたび退団した。 様々な報道が出ていて憶測などもあるので確かなことは言えないが、指導方法の方針が違うということらしい。 それでも他球団から声がかかるとコーチは引き受けるとのこと。 私は井口新監督が招聘するのかなと思っていたが違った。 掛布氏は選手の長所を伸ばすというやり方で「気合」「根性」などを否定したらしい。 もしそれが本当であれば当然「練習の虫」と言われた金......続きを読む»

田中将大 圧巻7回無失点!Twitterで大絶賛の嵐!NY最大のヒーローに!オプトアウトは決定!?

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

田中将大のポストシーズンはもはや伝説に近づきつつある! ALCS第5戦、アストロズ@ヤンキースは第1戦に続き両軍エイス2名による激突となり7回を8奪三振無失点に抑えた田中将大がダラス カイクルとの投げ合いを制した!(現在試合は7回裏だが) 本来はMLBでもNo.1の超強力アストロズ打線が絶不調に陥っている。田中将大はアストロズの打線をこのまま眠らせることに成功した今日のマウンドだった。 田中最......続きを読む»

ジャッジの盗塁は無意味だったのか

【野球観戦三昧】

ヤンキースvsアストロズのリーグ優勝決定シリーズ第4戦。グリエルの走者一掃3点タイムリーで先制し、なおかつ追加点を加え、そのまま逃げ切るかなと思った矢先、ジャッジのソロホームランで反撃開始。8回は見事な集中打で逆転。明日田中が控えるヤンキースにとっては、なんともハッピーな夜になったことでしょう。 さて、反撃の狼煙のホームランを放ち、起死回生の同点打を打ち、そして相手のホームランまでもぎ取る大活躍を......続きを読む»

ダル契約は35億円×5年!?ダル&田中?MLBオフFAのNo.1&2!?現地記者ダルの年数&金額予想は驚愕!ホズマー、JDマルティネスとビッグ4!?

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ダルビッシュ有は今日のNLCS対カブス戦での圧巻のパフォーマンスでFA市場でオフNo.1に!?契約予想は? ダルビッシュが世界中の野球ファンに超一流の凄味を見せつけた!明日ALCS対アストロズ第5戦に先発する田中将大がオプトアウトでFAになる場合、このオフ投手市場では間違いなくNo.1&2が両者になるだろう。他の好投手(先発)はカブスのアリエタ位である。果たしてどちらがNo.1に?そして野手を含め......続きを読む»

明日の大事な一戦。田中将大投手とコンビを組むのは?

【頑張れ!ジャイアンツ 2017】

 ヤンキースの1勝2敗で迎えたア・リーグ優勝決定シリーズ第4戦。 ヤンキース・グレイ投手、アストロズ・マッカラーズ投手の投げ合い で5回まで0対0。しかし、アストロズが6回に3点、7回に1点 を奪い、7回表を終わって4点差がついてしまった。だが、ここから ヤンキースの逆襲が始まった。7回に2点、8回に4点を奪い、劣勢だった 試合を一気にひっくり返すことに成功。9回をチャプマン投手が締め、 ......続きを読む»

2番ジャッジが躍動 ジラルディの真骨頂「動かざる力」

【MLB 戦いの原理を求めて】

ALCS第4戦をジャッジの大活躍もあって見事な大逆転で2勝2敗のタイに持ち込みました。34打数21三振のジャッジを2番から下位へ下げるという選択肢もあったはずです。しかしジラルディは将来も見越してどれだけ三振を重ねても2番ジャッジは梃でも動かさなかった。それで負けても甘んじて批判を受け入れて自らの責任として負う覚悟ではあったのだと思う。 何か派手に動いてそれが成功すると、変化が目に見えるだけに多く......続きを読む»

こんなにも違う、前田とダルビッシュの先発成績

【MLB、NPB四方山話】

いよいよダルビッシュ先発のナ・リーグ優勝シリーズ第三戦。マエケンが中継ぎで大活躍しているのもうれしい。 ところで、日本のマスコミはよく、MLBの日本人投手の動向を報じる時「地元メディアの評判」「選手談話」と並んで「勝ち投手になったかどうか」を中心に記事にする。それだけを追っていると「なぜ13勝もしているマエケンが中継ぎで、10勝のダルが先発?」という疑問が上がりかねない。 今回のポストシーズンに......続きを読む»

ジラルディの攻撃作戦について フレイジャーに送りバントをさせるべきだったのか

【MLB 戦いの原理を求めて】

レギュラーシーズンを任せるには、新思考派のジラルディは有能でありもっていこいの監督であるとも過去、何度か書きました。 なぜ、わざわざジラルディはレギュラーシーズン(ペナントという言葉を使ったはずです)を任せるにはもってこいの監督と書いたかと言えば、裏を返せばジラルディにはスモールなセンスに欠けるため、短期決戦での作戦に関してはやや苦手であると考えていたからでもあります。 TEXのワシントン監督......続きを読む»

プイグはドジャーズのXファクター

【MLB、NPB四方山話】

ナ・リーグ優勝シリーズはドジャーズが2連勝。ターナーの劇的サヨナラホームランでケリがついた。が、9回裏先頭バッターで歩いたプイグが、この試合でも存在感を見せつけた。 7番ライトで先発出場。4回打席に立って3四球。明らかにカブスバッテリーは警戒していた。 それもそのはず。地区シリーズからこれまで6試合で17打数7安打1本塁打6打点、打率.438、出塁率.571。地区シリーズ、リーグ優勝シリーズ、と......続きを読む»

フライボールはガチでもう古い!これからのメジャーのトレンドとなるアストロズの攻撃戦略を紐解く

【MLB 戦いの原理を求めて】

タイトルの「フライボールはもう古い」が決して誇張ではないことが、最後まで読んでもらえたらきっと理解してもらえるものと考えています === 初戦 ヤンキースは14Kであるのに対して、アストロズは5K、第二戦もヤンキースは13Kであるのに対して、アストロズは4Kでした。なかなか三振を喫しないアストロズの攻撃陣、次々と三振を奪うアストロズの投手陣。いずれも2017年のアストロズのチームの特徴が良く出た......続きを読む»

「これが世界一の守備だ」 ヤンキースのミスを浮き彫りにするアストロズの中継プレー

【Go Angels Baseball!】

2試合連続の好ゲームで始まったALCS。 第2戦の勝敗を分けたのは、私が野球で最もエキサイティングだと思っているクロスプレーでの対応の差だった。 ヤンキースは3回二死、ガードナーがライト線に転がる痛烈な当たりを放つも三塁でアウトに。 一方のアストロズは9回一死、一塁走者のアルテューベがフェンスに届かない当たりで本塁に突っ込み、サヨナラの得点をたたき出した。 両者とも俊足のランナーが文句なしの快走......続きを読む»

田中将大を責めるなかれ

【スポーツ えっせい】

 MLBは今日からリーグチャンピオンシップに入りアメリカン リーグではヒューストンのミニッツメイド・パークで、中地区 優勝のヒューストンがワイルドカードから勝ち上がったNYヤン キースと対戦し2-1で逃げ切り先勝。  NYヤンキースの先発はディビジョナル・シリーズでクリーブ ランド相手に無失点の好投をしG3からの3連勝のきっかけを作 った田中将大で、これまで4度対戦し勝ち星がないヒューストン 相手......続きを読む»

田中将大 オプトアウトを掴み取れ!6年契約で獲得狙う5球団は!?ALCS進出で田中の人生激変!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

田中将大が自らの右腕で奇跡のオプトアウトへのチャンスを引き寄せる!獲得を本気で狙う5球団はズバリ! 田中のオプトアウトを行使してのFA権取得に関しては全米メディアでもシーズン前から話題になっていた。しかしそれは完全に消滅したかに思われた。 レギュラーシーズンにおいては故障以外では初めて壁にぶつかることになり、178.1イニングス、被安打180、奪三振194、与四死球48、WHIP1.239で13......続きを読む»

シーズン終了と今後の予定

【Rayを釣りたくて】

 さて、また久しぶりとなってしまいました。気づけば、シーズンも終了し、PO真っ盛りです。TBは80勝82敗の借金2、地区3位、ワイルドカードでは5ゲーム差の3位タイでシーズンを終了しました。今年はAL全体でワイルドカード争いが団子状態でその中で7月まではTBは頑張っていて、珍しくフラッグディールにも積極的だったのですが、それ以降にズルズルと失速と、何度か見たような光景になってしまいました。それでも今......続きを読む»

下馬評を覆しヤンキース大逆転勝利を掴む。ジラルディ監督の出身大学を調べてみたら、凄かった!

【MLB 戦いの原理を求めて】

ワールドチャンピオンの最右翼と見られていたインディアンズをALDSで撃破したヤンキース。 そのチームを率いるジラルディ監督に能力がないとなぜ結論できるのか、私には全く理解不能なのですが、当然のことながらミスは誰でもあります。しかしそれはジラルディに限ったことでもありません。例えばマドンのミスについてはスルーし、ファインプレーについては絶賛の声を上げる強い傾向が見受けられる一方、ジラルディ監督につ......続きを読む»

ストラスバーグ SDSU魂全開で圧巻!レスターまさかの牽制で窮地凌ぐ!NLDS第5戦へ!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

超見ごたえある投手戦を制したのは急遽ロアークから病み上がりながら先発直訴のストラスバーグ先発に変更したナショナルズだった! NLDS、ナショナルズ@カブスの第4戦の先発投手は元々はカブスがアリエタ、ナショナルズがロアークだった。しかし、ナショナルズは急遽先発をスティーヴン ストラスバーグに変更すると発表。これはストラスバーグの魂の訴えにより実現した。 ストラスバーグはホームで迎えた第1戦に先発し......続きを読む»

ヤンキースいよいよ決戦!勝負をかけろジラルディ

【MLB 戦いの原理を求めて】

「短期決戦で重要な鍵を握る<継投> シャーザ―を降板させたベイカー監督の是非」というタイトルでもともとは2日前に下記の途中までアップしようと考えていました。 「 現在シャーザ―が降板しカブス戦の試合状況は7回1-1の同点。結果がどうなるかはわかりませんが、これほど愚かな継投を見たのは2014年10月4日、ナショナルズVSジャイアンツのNLDS第2戦以来かもしれません。ジョーダン・ジマーマンが先......続きを読む»

平野佳寿 ついにメジャーへ!鳥羽高校、京産大から初のメジャーリーガー誕生!契約年数、年俸総額は!?

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

正直昨年選択していればというのが本音だ。平野佳寿がついにメジャーリーグに挑戦する!契約年数や金額はどの程度になるのか? 鳥羽高校を応援していたので平野のことは高校時代から見てきた。高校時代は背番号二けたでエースではなかった。まさか将来プロに入って長年ティームの柱として活躍するような投手になるとは当時は微塵も思っていなかった。 京産大では大エースとして大車輪の活躍で高い評価を得て希望枠でオリックス......続きを読む»

ジラルディの継投ミスについて 武田の解説はほんとうに正しかったのか

【MLB 戦いの原理を求めて】

サンディー・コーファックスが受賞していたその設立初期、サイヤング賞は両リーグからたった一人しか選ばれないものでした。おそらく初期の厳しい基準をも満たしているサイヤング最有力候補でもあるクルーバーが逆転本塁打を打たれた瞬間に、交代させるべきだったと解説をしていたのが武田です。これほどフィーリング重視かつ結果論で語る解説者もきわめて稀だと言っていいでしょう。 調子がどうであれ2017年メジャー最高の投......続きを読む»

ピンチをチャンスへ変えろ!ヤンキース

【MLB 戦いの原理を求めて】

ALDSでおそらくメジャーで現在最強と言っても過言ではないCLEと対戦できることは、ある意味、ヤンキースにとっては僥倖であると私自身は考えています。なぜならばたしかにピンチと言えばピンチですが、3勝をもぎ取れば次のステージへ行けるわけであり、弱者にとっては強者から4勝をもぎ取るよりも、それだけシリーズを勝ち抜ける難易度は低くなることを意味しているからに他なりません。 もしALDSでヤンキースがC......続きを読む»

右翼が左翼か? 知ればアメリカスポーツを見る目が変わる

【Go Angels Baseball!】

最近、日本のインターネットニュースに海外スポーツサイトの翻訳記事が以前にも増してずらりと並ぶようになりました。 自分で取材するよりははるかに楽であり、知識もはるかに豊富ですし、日本の配信サイトもそれを使わない手はありません。 しかし共和党(右)と民主党(左)の溝がどんどん深まっているのに、同じように日本のサイトがアメリカ記事の翻訳を続けると大変なことになります。 アメリカのメディアは右と左にはっき......続きを読む»

「4番・ピッチャー大谷」は、二刀流という芸術作品をメジャーへ送り込む栗山監督の強い所信表明でもある

【MLB 戦いの原理を求めて】

未だに中四日のメジャーでは二刀流など不可能であるとして、打者か投手かどちらにすべきか、ああでもないこうでもないとする人たちは、この大谷翔平のメジャー移籍に関しては周回遅れというよりもスタートすら切っていない状況下にあると言ってもいいでしょう。将来的にはDHのクローザーに収まるかもしれないし、肩を壊して打者一本になっているかもしれない。いろいろなシナリオは考えられるものの、大谷翔平の2018年のメジ......続きを読む»

大谷翔平の移籍先は、おそらくメジャーで唯一この9月に6人ローテを実践したチームになる!

【MLB 戦いの原理を求めて】

結論から申し上げるならば、大谷翔平はおそらく、メジャーで唯一この9月に6人ローテを実践したチームへ移籍することになるでしょう。 メジャーは5人ローテで回さなければならないという固定概念。メジャー通を自認する程、この固定概念に拘泥する余りに大谷二刀流の可能性はまずないと早計に結論しがちなわけですが、それこそが張本的な固定概念に他ならないことに気づかねばなりません。 「誰も歩んだことのない道を僕は......続きを読む»

スタントンの本塁打まとめ

【MLB記録navi】

今シーズン59本塁打を記録したスタントン選手。59本に隠された様々な記録を今日はご紹介します。 【7月,8月,9月の合計本数】 スタントン選手は38本を記録し歴代2位タイでした。 【複数本塁打試合】 スタントン選手は10試合で複数本塁打を記録。史上10人目の快挙となりました。そのうち7月は4試合もありました。 ベリンジャー選手とジャッジ選手も単月で4試合の複数本塁打を記録。......続きを読む»

動画:Royals FAになる黄金時代の中心4名 最終戦5回表途中4人揃って交代シーン!KCファン達の涙!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ついにこの時がやってきてしまった!ホズマーが、ムスターカスが、ケインが... 感動のラストゲイムでファン達の涙が止まらない。 試合は負けた。2-14。80勝82敗となってしまい、また負け越しの時代が戻ってきてしまった。しかしそれはどうでもいい。2017年の来週戦。本当はワールドシリーズでこの時を迎えたかったが... マイク ムスターカス。2007年高校からドラフト全体2位指名でロイヤルズに入団し......続きを読む»

ボット歴代5位浮上で今季終了

【MLB記録navi】

現地時間の10月1日、レギュラーシーズン最終戦を迎えたジョーイ・ボット選手は4打数2安打(2出塁)で締め括りました。 今季のボット選手は162全試合に出場、そのうち150試合で出塁を記録しました。出塁の定義は安打、四球、死球のいずれかで塁に出た場合を指します。 出塁が150試合というのは歴代単独5位の凄い記録です。 歴代1位はウィリアムス選手でもボンズ選手でもなくウェイド・ボッグス選手。1......続きを読む»

ホズマー、ムスターカス、ケイン、エスコバー等 イニング途中交代で観客スタンディングオヴェイション!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

黄金グループ最後の2試合でロイヤルズ首脳陣による演出が予想通り実施されている。観客席のファン達にお別れのスタンディングオヴェイションの時間を与える為である。 今シーズン161試合目。今シーズンのラスト2試合はロイヤルズ史上最も感傷的な2日間となる。 まず土曜日の演出はスタンディングオヴェイション。大観衆で埋め尽くされるカフマンスタジアムのファン達がオフにFAとなる4名の主力メンバー達に対し観客が......続きを読む»

ラストに圧巻のピッチングをみせた田中は、ほんとうに給料泥棒なのか

【MLB 戦いの原理を求めて】

7回15K0BBで締めくくったヤンキースの田中ですが、2017年のfWARは2.8で締めくくりました。1WARは800万ドルであり、2200万ドルの仕事をしたとセイバーメトリクスのファングラフスというサイトでは算定されています。つまりどれだけ印象が悪かろうが、セイバー的には給料相応の仕事を田中はしたと判定されています。 ところがこれまた出鱈目な記事が出ていました。あるスポーツライターは1WARは......続きを読む»

田中将大、低めへの変化球が冴え、13勝目

【頑張れ!ジャイアンツ 2017】

 ヤンキースの田中将大投手がブルージェイズ戦に先発し、 7回を投げ、被安打3、奪三振15の見事な投球で13勝目を あげた。1週間前のブルージェイズ戦では被本塁打3、失点8 と打ち込まれてしまったが、今日の田中将大投手は変化球を 低めに制球し、危なげないピッチングを見せてくれた。  ヤンキースの正捕手はサンチェス捕手だが、田中将大投手が 低めへの変化球を武器にしていることを考えると、リード......続きを読む»

アレナド3年連続130打点

【MLB記録navi】

現地時間の9月29日、ロッキーズのノーラン・アレナド選手がドジャース戦に先発出場しソロホームランで1打点を記録、これで今シーズンの打点が130に達しました。 3年連続3度目の130打点となり、3度目は史上24人目、3年連続は史上11人目となります。 まずは3度以上を記録した選手をご覧ください。 3度はプホルス選手が2009年に記録して以来8年ぶり。 初めて3度を記録したのは1895年......続きを読む»

アーロン・ジャッジはMVPを獲れるのか!セールはクルーバーに逆転を許す

【MLB 戦いの原理を求めて】

ワールドスポーツMLBではrWARのランキングを元に、アルトゥーベがMVPでありサイヤングはクルーバーであると結論をしていました。 rWAR アルトゥーベ 8.3 ジャッジ   7.7 クルーバー  8.0 セール    6.0 しかし、当然のことながらfWARも同時にチェックしなければなりません。そうすると順位が逆転していることがわかる。 fWAR ジャッジ   8.1 アルトゥーベ......続きを読む»

KCワールドシリーズ制覇に至った2010年KC⇔MILトレイド!元KCエイス、グレインキーvs.ケイン、エスコバー明日KCラスト激突!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

あのトレイドがなければロイヤルズのワールドシリーズ制覇はなかった! タイガースとの最終戦をエイスのダフィーで1-4と落としたカンザスシティ ロイヤルズ。防御率5点台のダニエル ノリス相手に打線は繋がらずに得点できない今季を象徴する攻撃の甘さが露呈した。これで78勝81敗となり2連連続でシーズン勝ち越しならずである。情けない... 明日から今シーズン最後の3連戦。ホームで既にワイルドカード1番手で......続きを読む»

スタントンの時は話題になったのに

【MLB記録navi】

現地時間の9月27日、ダイヤモンドバックスのフリオ・ダニエル・マルティネスことJDマルティネス選手が快挙を達成しました。 本拠地でのジャイアンツ戦でDバックス在籍29本目の本塁打を記録したマルティネス選手。タイガースで記録した16本を合わせると今季45本目。スタントン選手、ジャッジ選手に次いでメジャー全体で3番目に多い本数を記録しています。 そんなマルティネス選手が達成した快挙とは『9月の月間本......続きを読む»

アルトゥーべが史上初の快挙

【MLB記録navi】

現地時間の9月27日、アストロズのホセ・アルトゥーベ選手が史上初の快挙を達成しました。 それは『2年連続で200安打-20本塁打-20盗塁』という記録です。 今まで2年連続で達成した選手はいませんでした。 こちらが過去の達成者です。 延べ31人が達成しています。リストを見ると「お前誰やねん」的な選手は1人もいない様な気がします。 昨年は3人も達成した豊作年でしたが、今年はアルトゥー......続きを読む»

ヴァーガス最多タイ18勝目!FA組最後のホームスタンド複雑な思い ファン達は監督とGMの大失態への怒りが収まらない!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

FAを控える選手達の最後?のKCでのホームスタンドでヴァーガスが18勝目を挙げた!ファン達は何とも複雑な思いで試合を見つめる。 負けがこみ借金4でロイヤルズがホームに帰ってきた。最も残念な状態でこのファイナルウィークを迎える無念と共に。 試合は先発のジェイソン ヴァーガスが6回1失点で18勝目(10敗、防御率3.97)を挙げクルーバーに並び最多勝利数に並んだ。 8月終了時点。プレイオフコンテン......続きを読む»

ダルビッシュ 本番に向けてスライダーの大復活!

【MLB 戦いの原理を求めて】

予想が外れたことも含めて、率直に偽りなく話します。 ダルビッシュ有に危険シグナルあり!肉体改造の功罪をセイバーメトリクスする この記事でも分析したように、ダルビッシュ最大の武器であるスライダーの切れが著しく落ちたことによって2017年のパフォーマンスはキャリアを通じても厳しいものになる可能性が高いと結論していました。この点については、LADへ移籍してからスライダー改善の取り組みをしたことからも......続きを読む»

カーショー20代締め括り

【MLB記録navi】

現地時間の9月24日、ドジャースのクレイトン・カーショー投手がジャイアンツ戦に先発登板し、8回を投げて6奪三振という内容でした。 現在29歳のカーショー投手。バート・ブライレブン投手を抜き20代通算奪三振数で3位に浮上しました。 1988年3月19日生まれのカーショー投手。来年の開幕は30歳で迎えます。20代での登板は残り1試合と思われ、2位浮上は不可能ではありますが、堂々の3位で20代を終......続きを読む»

なぜ田中はフォーシーム・ファーストボールを投げないのか?について解説を試みる

【MLB 戦いの原理を求めて】

昨日、解説者今中は4シームを投げないのが田中の打ち込まれた原因と指摘していました。 昨日の配球数 全96球の内容です。 スライダー   37 スプリット   31 ツーシーム   5 フォーシーム  10 カッター    12 カーブ     6 スライダーとスプリットの割合が極端に大きくなっています。まずは下記の球種別 被OPSデータを見てください。 2017年の球種別 被OPS スラ......続きを読む»

新人ではなく年目に注目する

【MLB記録navi】

現地時間の9月22日、ドジャースのコディ・ベリンジャー選手がナリーグ新人記録を更新する39号本塁打を記録。 アリーグのジャッジ選手を含め、新人としての記録が日々注目されていますが、新人有無関係なく実働○年目で見た時に、彼らの順位はどうなのでしょうか。 まずは実働1年目の本塁打数ベスト10をご覧ください。 実働1年目と言う事は必然的に全員が“新人”でもあります。 1位はベリンジャー選手。2......続きを読む»

ロイヤルズに待望の絶対的新クローザー誕生!来シーズンはブルペンで立て直せる!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

遅すぎる。本当に遅すぎる。監督の能力が低いが為に大きなチャンスを逃したロイヤルズは新クローザーの確立で来シーズンは期待以上の年に! 現地9月21日の@ブルージェイズの試合。カンザスシティ ロイヤルズは1-0で勝利。先発ヴァーガスが6.1回を被安打2、奪三振7で無失点。これでリーグトップに並ぶ17勝目(10敗、防御率4.03)となった。リリーフ陣もしっかりと無失点リレーで危なげなく完封したロイヤルズ......続きを読む»

ジャッジがトリプル100達成

【MLB記録navi】

ヤンキースのアーロン・ジャッジ選手が今シーズン100打点に到達、既に100に到達している得点と四球を含め、トリプル100を達成致しました。 ヤンキースでのトリプル100達成は、ベーブ・ルース選手、ルー・ゲーリッグ選手、ジョージ・セルカーク選手、チャーリー・ケラー選手、ミッキー・マントル選手、バーニー・ウィリアムス選手、ジェイソン・ジオンビー選手に次ぐ8人目です。 更に新人でのトリプル100達成は......続きを読む»

エストラダと契約延長

【Go! Jays! Go!】

 ジェイズがエストラダとの1年1300万ドルの契約延長に合意しました。  8月の頃から両サイドは再契約に前向きという報道がされており、8月末にもトレードが成立しなかったので再契約が濃厚と思われていました。とはいえ無事再契約に落ち着いて一安心です。  エストラダの今年の数字は過去2年と比べると決していい数字とは言えません。特に中盤の不振はチームが浮上し切れなかった要因のひとつでした。34歳と徐々に衰え......続きを読む»

セールが191奪三振でトップに立つ

【MLB記録navi】

現地時間の9月20日、レッドソックスのクリス・セール投手が敵地で行われたオリオールズ戦に先発登板、8回を投げ13奪三振という内容でした。この試合でシーズン300奪三振に到達したセール投手、300個に注目が集まっていますが、実はアウェイでの奪三振数が191個となり、1910年以降の最多記録を更新しました。ルーブ・ワッデル投手らの記録が不明なので1910年以降とさせて頂きました。 ノーラン・ライア......続きを読む»

ムスターカス KC新記録37HR!85年バルボニ36本を超える!MLB唯一40HRなしロイヤルズ!ムース次は40だ!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

膝の故障で苦しみ抜いた新記録への道のり。ついにMooseがやってのけた! 28試合、94打席。ロイヤルズ個人の本塁打記録36本に並んでからあと1本が出るまでにこれだけの時間を要した。マイク ムスターカスがもう破られないかと思われた記録をついに破った。 ロイヤルズ@ブルージェイズは現在9回に入ってロイヤルズが15-4とリード。この試合の6回表12-0、2死走者なしの場面で打席に立ったムスターカスは......続きを読む»

メジャー最高のピッチャーズパーク・ベスト10を探る(サンプル3年)

【MLB 戦いの原理を求めて】

過去3年の平均からピッチャーズパークベスト10の順位を求めてみました。 10位 ペトコパーク      SD  0.921 9位 トロピカーナフィールド TB  0.919 8位 ブッシュスタジアム   STL 0.918 7位 プログレッシブフィールドCLE 0.914  6位 セーフィコフィールド  SEA 0.913 6位 シティーフィールド   NYM 0.908 5位 アナハ......続きを読む»

シャーザー史上4人目の快挙

【MLB記録navi】

現地時間の9月19日、ナショナルズのマックス・シャーザー投手がブレーブス戦に先発登板し7回を投げ7奪三振を記録しました。これで今シーズンの奪三振数が253個になり、区切りの250個をクリア。4年連続で250奪三振以上を記録するのは史上4人目の快挙です。 ジョンソン投手が6年連続で1位。5年連続は誰もおらず、4年連続で3人が並びました。シャーザー投手、再来年は1位に並ぶ事ができるでしょうか。 ち......続きを読む»

ワイルドカードの望みも露と消え、大谷の去就が最大の関心事に

【日本在住レンジャーの雑記】

 また1ヶ月くらい更新をサボっていました。こんばんは。9月の上旬まではなんとか戦いを続けていましたが、マリナーズ、エンゼルスとの7試合で5連敗。5割のラインからも大きく遠ざかり、ほぼ今シーズンの意義はなくなった…といえそうです。  誤算は先日語ったとおりですが、9月はベルトレ(DLから復帰したけど、足が動かない)、カルゴメ、ナポリらの故障は痛かった。ブッシュも復帰してからは本来の球威がなく、来季も......続きを読む»

A猪瀬 Kluberをクールバー?米国人は”カンザス”ではなく”KC"だよ 名前は難しい(-_-;)

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

名前のカタカナ表記や日本語読みは難しい。 ちょっと気になったことをちょこっと書いてみたい。 通常海外のスポーツ中継を観る時は可能な限り現地の実況を選択するがロイヤルズの試合に関してはメジャーリーグ専門アナリストが出ている時には頻繁に切り替えながら観ることもある。彼らがロイヤルズをどこまでチェックしているのか、どう評価するのかが少しだけ気になるからだ。 今朝のロイヤルズ@インディアンスをJスポー......続きを読む»

ロイヤルズ 意地の勝利でインディアンス連勝を止める!15年WSチャンプスは対全米メディアとの戦いをこのまま終わらせない!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

少しだけ溜飲を下げる勝利だった。 もがき苦しんでついに勝利を手にした!昨日の9回2死からの逆転負けにより17年シーズンは終焉を迎えたカンザスシティ ロイヤルズ。この日の思いはただ一つ!15年ワールドシリーズチャンピオンズとしての誇りにかけ必ずインディアンスの連勝を22で止める!そして全米メディアから浴び続けた“洗練されない選手達”が“究極の洗練されつくした”ティームをどう倒すのかを見せる! 初回......続きを読む»

質が問われる「World Sports MLB」インディアンスが連勝続けることを全視聴者が望んでいる?NHKらしくない(笑)

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

NHKってこんな感じだったかな。視聴者には色々な球団のファン達がいることを全く考えていない番組。なんだか何年たっても成長がなくMLB初心者のみを対象にしているとしか思えない。 相当クオリティが低いことはMLBに詳しい人なら誰でもわかる「World Sports MLB」。しかし今夜はそれを改めて確信できる内容だった。 インディアンスが22連勝を決めたことをどういうわけかくす玉を割るパフォーマンス......続きを読む»

アルトゥーべ 戦後4人目の打率.400なるか

【MLB記録navi】

アストロズのホセ・アルトゥーベ選手がアウェイ球場でのシーズン打率.400まであと少しという位置にいます。 しかし現地時間9月14日の試合は2打数0安打で打率を落とし.400が更に遠のいてしまいました。 本日までの成績 打数はホームとアウェイが偶然同じで273ずつですが、安打数で22もの差があり、アウェイで高打率を残しています。 次にアウェイでの打率推移グラフをご覧頂きます。 5月......続きを読む»

インディアンス22連勝の裏では落胆するKCファン達がいる CLEはWS制覇してKCと肩を並べることになる

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

22連勝したインディアンス。しかしこの歓喜の日々がポストシーズンの最後まで続くのか?15年ロイヤルズ同様前年WS敗退から翌年WS制覇を成し遂げて初めてインディアンスを評価することになる。 カンザスシティ ロイヤルズが21連勝中のクリーヴランド インディアンスをついに止める役割を果たしてくれると祈っていた。そしてそれは9回裏2死、2ストライクスまでリードし、全米にロイヤルズここにあり!を見せつけると......続きを読む»

歴史的な大失速、ドジャースが決断すべきこと

【MLB 戦いの原理を求めて】

ダルビッシュが好投する昨日の直前にこの記事は書いたものです。 エースカーショウによってストップされた73年ぶりの11連敗。PO進出自体に問題ないものの、メジャー最低勝率争いをしているジャイアンツにまで苦戦を強いられるドジャース。8月まではメジャー最強であったドジャースが9月に入りメジャー最弱のチームへとがらりと転落したことは数字上も明らかになっています。9月に入ってからの得点力NL15位・防御率......続きを読む»

ベタンセスが309イニングで到達

【MLB記録navi】

現地時間の9月11日、ヤンキースのデリン・ベタンセス投手がレイズ戦の8回に登板。モリソン選手から通算500個目の三振を奪いました。ニュースになっていない様なので記事にしました。 密かに500に達していたとは…。気付くのが1日遅れてしまい申し訳ありません。 309.0イニングでの到達は史上3番目に速いペース。 1位のチャップマン投手、2位のキンブレル投手、4位のジャンセン投手はいずれも201......続きを読む»

ロイヤルズ”もう終戦”から踏みとどまりの連続(笑)戦力悲惨も残り試合に幸運ある!カギは木曜~@インディアンス4連戦!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

今度こそ終戦のはずだったのだが...またも巻き返してしまった。嬉しいことに違いはないが本当に不思議な心境である。 カンザスシティ ロイヤルズの今シーズンはまさにローラーコースター。シーズン序盤の長期間に及ぶ歴史的打撃不振から10勝20敗スタートとなり、全米メディアが終戦の烙印を押しFAをオフに迎える選手達のファイヤーセイルがいつ始まってもおかしくないと報じられていたかと思えば一気に調子が上向き9連......続きを読む»

カノが歴代1位タイに

【MLB記録navi】

現地時間の9月9日、マリナーズのロビンソン・カノ選手がエンゼルス戦に出場。3回の第2打席で二塁打を記録し今季30本目の二塁打。これで13年連続30二塁打以上を記録しました。6回の第4打席には31本目も記録しました。 カノ選手 年度別の二塁打数です。 通算510二塁打はリッキー・ヘンダ―ソン選手に並び歴代56位タイ。 過去には歴代3位タイの5年連続40二塁打以上も経験しています。 13年連......続きを読む»

ブラックモン 史上30人目の快挙なるか

【MLB記録navi】

イチロー選手が王貞治さんの通算塁打に「並んだ、超えた」と今話題の『塁打』。その塁打で陰ながら凄い記録に挑もうとしている選手がいます。ロッキーズのチャーリー・ブラックモン選手です。 現地時間9月6日の試合を終えて351塁打を記録。このペースでいくと409塁打でシーズンを終えることになり、過去に延べ29人しか記録していないシーズン400塁打達成の現実味を帯びてきました。 それでは過去に400塁打を記......続きを読む»

木曜はKCが燃える!Chiefs&Royalsが同時刻に大一番!ChiefsはNFL開幕戦Patsを倒すぞ!KC@NEの注目点は!?

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

KCの2teamsが同時刻にMLBとNFLの全米注目の試合を!この時期ならではの珍現象である! スモールマーケットのカンザスシティにとって街の誇りがNFLのチーフスとMLBのロイヤルズである。アメリカのスポーツ中継は極力注目の地元teamsの試合が重ならないよう配慮されるが、NFLで近年実施される木曜夜の注目カードに関してはこれを避けられない。MLBの試合をデイゲイムに設定するわけにいかずに結果同......続きを読む»

Upton,Phillips獲得とRichardsの復帰

【Halos In Another Sky】

だいぶ更新が遅くなりましたが、前回以降ロースターが大きく動きました。 特筆すべきは8月末日の2件のトレードによるアップトン、フィリップスの移籍とメイビンの放出。 そして復帰したリチャーズ、ヒーニー、スキャッグス。 ◯ジャスティン・アップトン獲得 Today, the #Angels acquired OF Justin Upton from the Detroit Tigers in exc......続きを読む»

この1週間、3度の延長勝利を含むすさまじい戦いが続く!

【夏はエンゼルス、冬はクリッパーズ】

いよいよMLBも勝負の9月。アリーグ西地区はアストロズの優勝はほぼ堅く、ワイルドカード目指しての熾烈な戦いが続く。エンゼルスはこの1週間、4勝2敗と勝ち越してワイルドカードの2位につけてるものの、それにしても勝っても負けても凄まじい試合ばかりの1週間だった。毎試合のように4時間を超える激しいゲームが続き、投手も7人、8人とつぎ込んだ。 8/30 アスレチックス戦 10-8で勝利。序盤の3点リードも......続きを読む»

レッドソックス "アップルウォッチ”でサイン盗み!何故ボストンのteamsは悪行を止めないのか!野球、アメフト...

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ボストンはどんなズルをしてでも必ず勝つ!このフィロソフィーはこの街全体に浸透しており、永遠に改善されることはない! レッドソックスがMLBで禁止されている電子機器をダグアウトで使用してのチーティングが5日付New York Times紙の MICHAEL S. SCHMIDT記者による記事により指摘され全米が衝撃を受けている。 Exclusive: The Red Sox were caught......続きを読む»

ジャッジが100の大台に

【MLB記録navi】

現地時間の9月4日、ヤンキースのアーロン・ジャッジ選手がオリオールズ戦に先発出場、1打数1安打4四球という内容でした。前日までの四球が99だったジャッジ選手、この日自身初の1試合4四球を記録し、見事100の大台に乗せました。 ルーキーシーズンで100四球以上を記録したのはギリアム選手以来64年ぶりで史上8人目。20世紀以降に限ると6人目の快挙です。 太字はリーグトップ 歴代1位はジョイス......続きを読む»

「外野スタンドに畑を作れ」 常識破りのボールパーク!

【MLB 戦いの原理を求めて】

あるTV番組で、日本ハムの2軍ホームである鎌ヶ谷スタジアムが大変なことになっていると紹介されました。 外野スタンドに<野外プール>が設営され多くの子供達は野球そっちのけで水遊びをし、「スタジアムの中に畑があってもいいんじゃないか」とレフトスタンドに<枝豆畑>を作り試合後に収穫イベントを行い、「野球の後にプロレスを見てもいいんじゃないか」とスタジアムの外に<プロレスリング>を設置し地元のプロレス団体......続きを読む»

セール二桁奪三振新記録ならず

【MLB記録navi】

現地時間の9月3日、ヤンキース戦に先発登板したクリス・セール投手でしたが、4回1/3を投げ6奪三振という内容でした。この試合で二桁奪三振を記録する事ができず、1シーズンにおける二桁奪三振回数で新記録樹立はお預けとなりました。 セール投手は今シーズン12試合で二桁奪三振を記録。2000年のランディ・ジョンソン投手と並んで歴代1位タイという状況です。今日二桁を奪えば新記録でしたが、叶いませんでした......続きを読む»

フライボール革命と守備シフトの関連性についてセイバーメトリクスする

【MLB 戦いの原理を求めて】

守備シフトとフライボールレボリューションの関連性について、GB率とFB率から分析を試みます。 (2007~2011年と2012~2016年という5年くくりのフェーズで捉えるとわかりやすい構造となっている。) GB率 2007 43.5 2008 43.9 2009 43.3 2010 44.3 2011 44.4 2012 45.1 2013 44.5 2014 44.8 守備シフト元年 ......続きを読む»

ブラックモン 史上29人目の快挙なるか

【MLB記録navi】

ロッキーズのチャーリー・ブラックモン選手が史上29人目の記録に挑もうとしています。 それは4月から9月まで全て月間30安打以上を記録することです。 6ヶ月×30本=180本 過去にシーズン180本以上の安打を記録した選手は数えきれない程いますが、6ヶ月全て月間30安打以上を記録した選手は延べ28人しかおりません。 ブラックモン選手は4月から8月まで全て30安打以上をクリアしいよいよ9月に......続きを読む»

ヤンキース、9月の勝敗を左右する先発3本柱の投球

【頑張れ!ジャイアンツ 2017】

インディアンスのダブルヘッダーで2連敗し、首位レッドソックス との差が5.5ゲームと開いてしまったヤンキース。  明日からホームで行われるレッドソックスとの4連戦は最悪でも 3勝1敗で乗り切りたいところだ。今日の2敗で首位との差が5.5ゲームに 開いてしまったのだが、ワイルドカードを争うツインズ、エンゼルス、 オリオールズが今日の試合で勝利したことで、その差が詰まってきた。 ツインズとは......続きを読む»

スタントンあと2本で新記録

【MLB記録navi】

本日は本塁打が出なかったスタントン選手ですが、今日は2ヶ月合計の本塁打数をご紹介します。 25本だと達成例が割と多いので26本以上を掲載しました。 3+4 というのは3月と4月を合算した本数という意味です。 歴代1位は1995年8+9月のアルバート・ベル選手の31本。年間の本数でもおかしくない数字です。 今年7+8月のスタントン選手は歴代2位の30本。あと2本で新記録となります。明日の8......続きを読む»

「誰も歩んだことのない道を僕は歩いていきたい。」大谷翔平

【MLB 戦いの原理を求めて】

二刀流を題材にして 戦略家とはどういう思考をするのかをテーマにした記事です。戦略的な意味で頭が柔軟であるとはどういうことなのか。 === 大谷二刀流はメジャーの中四日では現実的には不可能である、よってどちらかに絞り込むべきであると考える人がいます。 2016年大谷は現実にイチローの日本時代のキャリアハイの成績を超えるWARをたたき出しました。イチローがメジャーでもALリーグ最高のfWARを全盛......続きを読む»

本塁打だけじゃない!今月のスタントンはここが凄い

【MLB記録navi】

現地時間の8月29日、マーリンズのジャンカルロ・スタントン選手が51号本塁打を記録。併せて今月の本塁打は18本になりました。何かと本塁打ばかりが話題になっているスタントン選手ですが、凄いのはそれだけではありません。 今日の結果を含めた今月の成績です。 この中で私が注目したいのは次の5項目。 ≪月間100塁打なるか?≫ あと2つで月間100塁打に達します。1910年以降の達成者は延べ2......続きを読む»

終戦、そして青木DFA

【Go! Jays! Go!】

 一時は借金を3まで減らし、ワイルドカード2位と3ゲーム差と、もしかしたら…を予感させた8月上旬でした。ところがいつの間にか借金が9まで膨らんでしまいました。やはりローテ崩壊、貧弱な下位打線では厳しいみたいですね。明日はセールが登板とのことで、2桁借金は必至。ワイルドカード2位とのゲーム差も6.5差となり、終戦と言って差し支えない状態となってしまいました。  7月末にはリリアーノ、スミスを放出して......続きを読む»

Royals 43イニングス連続無得点&4試合連続完封負け!明日MLB記録(48イニングス)到達なるか!組織全体抜本的改革へ!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

まさにロイヤルズである!以前から何度も述べている通りメジャーリーグで最もミート力に欠け最もスキルの低い打撃陣が永遠に破られるはずのない記録の更新間近である! ホームでのロッキーズ戦は8回2死1塁から愚かにもど真ん中にチェンジアップを投じたマイナーのプロ失格のミスで2-3と逆転負け。これを引きずる形で敵地でのインディアンス戦で3試合連続完封負けを喫したロイヤルズ。ロッキーズ戦の3回から続く無得点記録......続きを読む»

北砂リトル世界一 日本が圧倒する近年!MLB機構がリトルリーグWSを全力で全米に発信し続ける本当の理由!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

アメリカのアマチュア野球界最大のイベントはリトルリーグワールドシリーズ(LLWS)。MLBは今このイヴェントを強力にプッシュしまくっている!その理由はアメリカンフットボールから野球に子供達がシフトしていることを加速させたいからである! 清宮幸太郎の後輩達がやってくれた!北砂リトルがLLWS決勝でテキサスのティームを5回コールド12-2で下した。日本代表ティームの優勝が2010年以降の8大会中5回で......続きを読む»

スタントン歴代7位のペース

【MLB記録navi】

現地時間の8月27日、マーリンズのジャンカルロ・スタントン選手が今季50号を記録、チーム129試合目での50号到達は歴代7位のペースです。 シーズン50号到達者全員の到達ペースをまとめました。(66号まで掲載) 最も速く50号に到達したのは2001年のバリー・ボンズ選手で117試合目。以降、57号と58号以外全て最速を誇っています。 1995年のベル選手は143試合目に50号到達。その後全......続きを読む»

スタントンが歴代5位&9位タイ

【MLB記録navi】

現地時間の8月25日、マーリンズのジャンカルロ・スタントン選手が今季48・49号を連発。50本の大台まで残り1本となりました。 スタントン選手はこれで8月は16本目。8月の本塁打数(単年)で歴代単独5位になりました。 歴代1位はルディ・ヨーク選手の18本。しかもヨーク選手はこの年ルーキー扱いでした。ルーキーが歴代1位に君臨しているのです。ヨーク選手は1943年8月にも17本塁打を記録、ミスタ......続きを読む»

菊池雄星 今オフMLBポスティング移籍容認必至!NPBは雄星プロテクトする意思なし!18歳時からの夢がついに実現!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

昨オフの意味不明な「2年間実績を残してからMLB移籍容認」がまさかの形で崩れてくれることになる!? 2度目の反則投球からボロボロの内容に終わった菊池雄星。野球協約に沿った判断であり正しいことをしていると審判は主張する。こうなると雄星は今後も同じフォームで投球すると反則投球をとられる可能性がある。毎回とられるかとられないかわからない中で登板を繰り返さざるを得ないかもしれない。そんな不安を抱えた精神状......続きを読む»

日本ハムの壮大なるボールパーク構想と大谷二刀流とパドレスと

【MLB 戦いの原理を求めて】

ある夏の夕暮れ、緑の芝生豊かなサンディエゴの公園を若い女性が、犬を連れながらのんびりと散歩をしている。一点、この公園が他と違うのは、メジャーリーグを代表するペトコパークの一部というところにある。ペトコパークの右中間スタンド奥には試合のない日には街の人々がふつうに訪れることのできる公園となっており、試合の日に限り、その公園は観客席となるような実に斬新なスタイルとなっている。 ボールパークとはベース......続きを読む»

Cabreraがteammateの弟に殴りかかり大乱闘!超稀な出来事!兄が弟の元に...

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

なかなか見ない光景である。ティームメイトの弟にホームプレイト付近で殴り掛かかるとは! MLB史上最高の打者とも言われ45年ぶりの三冠王、4度の首位打者、2度の本塁打王、2度の打点王等輝かしい記録を持っているデトロイト タイガース1塁手のミゲル カブレラ。普段は仲間にも対戦相手にもにこやかに、時にふざけながら語り掛けるタイプの余裕を見せながらプレイする選手である。 そんなカブレラが珍しく相手ティー......続きを読む»

ホズマー 親友&元KCクローザーから9回2死逆転サヨナラ3ラン!ヒーローインタビュー避けロッカールーム直行!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

衝撃的な幕切れ!ホズマーが崖っぷちからの逆転サヨナラ3ランHRでロイヤルズは一気にプレイオフピクチャーで有利なポジションに! チャンスの山をことごとくマズイ攻めで逃しながら3-4とリードされ迎えた9回裏。相手クローザーはロイヤルズで2年前までMLB史上最高のブルペンバックエンドトリオHDHの最後クローザーを務めていたがこのオフにロッキーズと契約したグレッグ ホランド。 ホランドはロイヤルズから1......続きを読む»

ペレス復帰戦で攻守に大貢献!柱不在中のどん底から一気に勝ちまくり路線へ戻すロイヤルズ!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ロイヤルズはペレスのDL中苦しみ抜いた。しかしそのペレス復帰で投手陣もリズムが戻り致命的ワイルドピッチやパスボールが激減!そして右のパワー打撃が5番に戻ることで攻撃陣も分厚くなったロイヤルズはワイルドカード(WC)ではなく地区優勝へ一気に突き進む! ラスト22試合で8勝14敗とどん底状態から抜け出せずにいたカンザスシティ ロイヤルズに待望の柱が戻ってきた!わき腹の故障によりDL入りしていたサルヴァ......続きを読む»

スタントン17人目の快挙

【MLB記録navi】

現地時間の8月22日、マーリンズのジャンカルロ・スタントン選手が46号本塁打を記録。シーズン46本というのは歴代98位タイとなっており、まだまだ上位とは言い難い本数ではありますが、スタントン選手は今月13本目の本塁打、先月も12本塁打を記録しており、史上17人目の2ヶ月連続12本塁打以上を達成しました。 今月12本目の時点で投稿すれば良かったのですが、気付くのが遅くなってしまいました。 スタ......続きを読む»

ドジャースが更なる補強 グランダーソン獲得その理由

【MLB 戦いの原理を求めて】

クラッチヒッターは存在する!そのセイバーメトリクスの常識を疑え でもザイディについて少し述べたように、ドジャースの首脳陣はデジタルで論理的な思考だけでなく、アナログなものに対しても十分に価値を見出す極めて柔軟性の高い集団です。<数で表現されるもの>に対してのみならず、<数では表現されないもの>に対しても、偏見を抱くことなく両者に適切な距離感をもって知的なアプローチする姿勢を持っているのがドジャー......続きを読む»

実はまだワイルドカード争いをしていたレンジャーズ

【日本在住レンジャーの雑記】

BAL 1-2 SEA 1-2 MIN 2-2 NYM 1-1 HOU 2-1 DET 3-0 CWS 2-2 先発×…ダルビッシュ売ったのもあり想定内のボロボロ 中継◯…クラウディオ獅子奮迅の働き 打線◯…当たりハズレでかいけど、よく当たってる方  これだけの期間更新をサボっていたということになります。こんにちは。シーズン終わったかと思いきや、補強したチームが思いの外伸び悩んでいる(むしろ失......続きを読む»

アーチャー歴代9位の154試合目で到達

【MLB記録navi】

現地時間の8月17日、レイズのクリス・アーチャー投手がブルージェイズ戦に登板。7イニングを投げ10奪三振でした。 今季8回目の二桁奪三振はアリーグの中ではセール投手、クリューバー投手に次いで3番目に多く、奪三振も200を超えアリーグ2位の207まで伸ばしました。 そして何よりアーチャー投手はこの試合で通算1000奪三振に到達しました。4回表に7番キャッチャーのモンテロ選手から三振を奪い見事到達し......続きを読む»

エンジェルスの永遠のエース、ジェレッド・ウィーバー引退。

【Halos In Another Sky】

エンジェルスでほとんどのキャリアを過ごしたウィーバー、パドレスで今季は投げていましたが、先日引退表明をしました。 LAAでの最後の2年では速球が平均83マイルまで低下したのが原因で打ち込まれることが多くなり、契約満了とともに昨オフにパドレスと300万ドルで契約しましたが、0勝5敗、防御率7.44と勝利をあげられず、5月20日に故障者リスト入りしてからは投げていませんでした。 今年34歳のウィーバ......続きを読む»

イチロー区切りの4500安打

【MLB記録navi】

現地時間の8月16日、マーリンズのイチロー選手はジャイアンツ戦に代打で登場。2試合連続の安打を記録しメジャー通算3066安打目。しかし、それだけではありません。イチロー選手はこの試合で区切りのプロ通算4500安打に到達しました。 詳細はご覧の通りです。 プロ通算3600安打以上の選手を記載しました。 ※ここではポストシーズンの安打数は含めておりません。 2016年に日米通算でピート・ローズ......続きを読む»

失速するアストロズ 虎視眈々のインディアンズ 

【MLB 戦いの原理を求めて】

8月に入ってからも順調に勝ち星を伸ばすドジャースとは対照的に、コレアの欠場もあってか全くと言っていいほど補強をしなかったアストロズは5勝9敗と失速しています。結果論ではなく、フラッグディールで何らのインパクトのある動きをしなかったルーノウの判断は果たして正しかったのか、大きな疑問は残ります。交渉材料としてのプロスペクトは十分にアストロズは持っていました。ゲーム差が開き過ぎていたためにルーノウに慢心の......続きを読む»

ボットが歴代2位タイに浮上

【MLB記録navi】

現地時間の8月15日、レッズのジョーイ・ボット選手がやりました。 私が今日最も注目していた試合はレッズ対カブス。その中でもボット選手に注目していました。 6度目のナリーグ最高出塁率、5度目の最多四球に向けてシーズンを突き進んでいるミスター出塁ことボット選手。 そんなボット選手が連続試合記録で歴代2位タイに浮上しました。 この試合、2打数0安打に終わったボット選手ですが、きっちり3四球を記録。......続きを読む»

話題の球団本塁打記録

【MLB記録navi】

現地時間の8月14日、マーリンズのジャンカルロ・スタントン選手が今季43号を記録、1996年にゲーリー・シェフィールド選手が記録した球団記録の42本塁打を21年ぶりに更新しました。 そこで今日は各球団のシーズン本塁打記録保持者をご紹介します。 ロッキーズとメッツは複数の選手が記録を保持しています。中でもメッツのトッド・ハンドリー選手はこのリストで唯一の捕手。捕手として41本塁打というのは20......続きを読む»

転機を得た、パーカー・ブリッドウェルのメイクアップ

【Halos In Another Sky】

<エンジェルス選手紹介> パーカー・ブリッドウェル 現在25歳。2010年のMLBドラフト9巡目(全体268位)でボルティモア・オリオールズから指名され、プロ入り。 ブリッドウェルは高校時代、フットボールとバスケットボール、ベースボールを中心に活動し、フットボール選手として奨学金を得ることで大学に進学することができました。 オリオールズにプロ野球選手としてドラフトされた時、彼は他の2つのスポ......続きを読む»

全米騒然!賞金275万円ファン獲得!ギャラガーMLB1号満塁弾でスポンサーから!ロイヤルズ3連勝!WC0.5差へ!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

これがメジャーのスケール!1ファンが275万円を満塁ホームラン1本で荒稼ぎ! カンザスシティ ロイヤルズは現地14日から西海岸オークランドでアスレティックスとの3連戦。初戦を新人バッテリー、ジュ二ス&ギャラガ―という同期(2011年)高卒入団コンビの2試合連続の活躍で6-2で勝利したロイヤルズは3連勝。この日最大のヒーローは2試合目の先発出場の捕手キャム ギャラガ―であった。 2-1とリ......続きを読む»

Heaney復帰間近でプレーオフ圏内を目指すエンジェルス

【Halos In Another Sky】

ヘルナンデスを売り、あとはズルズル滑り落ちていくばかりかとも思いましたが、ポジティブな要素が増えここに来てまさかの6連勝。ライバルのKCやSEA、TBがこの間不調だったこともあり、ワイルドカード2枠目に入り、1枠目まで圏内に。 補強どころか売りに出ていた中でのカムバック、最近の状況について整理しようと思います。 ◯スキャッグスがついに復帰。ヒーニーも続く。 先発陣からチャベスが抜け、スキャッ......続きを読む»

スタントン4項目全てで10傑入り

【MLB記録navi】

現地時間の8月13日、マーリンズのジャンカルロ・スタントン選手が通算250号本塁打を記録しました。 過去の名選手たちに劣らぬハイペースで250号に到達した模様をご覧ください。 先ずは年齢です。 27歳278日は歴代10位タイの若さです。 続いて250号に要した試合数です。 941試合は歴代6位の速さです。 続いて250号に要した打数です。 3405打数は歴代4位の速......続きを読む»

Zobristも「Electronic strike zone」の必要性訴える!ボール球をストライク判定され試合終了!多くの選手の熱い訴え!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

再三訴えてきたElectnic Strike Zone、またはAutomated Strike ZonesがMLBで採用される日がやってくる!? Royalsが散々アンパイアにより信じられない頻度で不利なストライク/ボール判定を受けてきたことをブログでも数回書いてきた。選手、ティーム関係者、そして誰よりもファン達を苦しめてきたこれら大都市球団や資金力豊富球団を優遇する判定。しかし、今現在アメリカで......続きを読む»

ペレス 痛みなし!復帰までWC争いで離されない!KC連敗5でストップ!投攻守どん底から脱出!?カブレラ逆転2ラン!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

2度目のスローイングセッションで痛みなし!ペレスの復帰をKCファンズは今か今かと待ちわびる! ロイヤルズは投手陣、攻撃、守備、全てにおいて大事な局面で信じられない大失態を演じ続け9連勝後は2勝10敗とガタガタだった。しかしついにドロ沼から脱出へ! 5連敗、しかもラスト12試合で10敗とそれまでの9連勝がウソのような崩れ方のロイヤルズ。最大の原因が5年連続オールスター4年連続ゴールドクローヴ獲得の......続きを読む»

マリナーズのポストシーズン進出へのキーポイントを考える

【Tokyo & Seattle Power】

MLBのレギュラーシーズンも既に8月半ば、これから佳境に入っていきます。 マリナーズはワイルドカード争いの真っ只中にいます。というよりなんとか残っています。 2001年以来、久々のポストシーズン進出を目指すマリナーズ。 ここで今後の終盤戦のキーポイントを考えていきます。 ①ケガ人をこれ以上出さない タイトルに「これ以上」という言葉が入っていることから分かるかもしれませんが(苦笑)、既に今年のマリ......続きを読む»

強さと人気を取り戻すヤンキース最高の切り札こそ、ブライス・ハーパー獲得である

【MLB 戦いの原理を求めて】

後半戦は失速しているものの昨年わずか打率179、OPS608に過ぎなかったアーロン・ジャッジが覚醒し、OPS1.000を超えるスーパースターへとのし上がってきました。よって事情が変わって当初予定していたブライス・ハーパーを2018年のFAで獲得する必要性が疑問視されてきているという話もあるそうです。MLBの知識や情報についてとても詳しい人にありがちなのですが、残念ながら戦略についての知識が決定的に欠......続きを読む»

  • ブログを作る - 新規ブログ開設
  • ブログを書く - ログイン画面へ

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

注目タグ

スポーツナビ最新コラム

rss