ジャンル別一覧:MLB

飛躍なるか Souza Jr.

【Rayを釣りたくて】

(目的/動機)  楽しみにしている選手ですが、特に今年の飛躍を期待したいSteven Souza Jr.についてちょっと調べてみたくなりましたので。 (方法)  いつものテンプレ(笑)に成績を打ち込み、それを眺めます。次にそれでちょいちょい考察していき、最後にいつもの選手成績予想システムseriseri(今のバージョンはわからないけれどもVer. 1.3.0くらい、という名のただのエクセルファイル......続きを読む»

WBCも終わったし、開幕前に少し情報整理。

【日本在住レンジャーの雑記】

 熱狂と数々の好ゲームを生んだWBCはアメリカ代表の初優勝で幕を閉じました。アメリカ優勝に貢献したルクロイとダイソン。プエルトリコ破竹の連勝中、密かに存在感出してたクラウディオ。サルバトール・ペレスの負傷で急遽正捕手の座が回ってきたチリノス、ペレスはお疲れ様。ヒット打ってボールから目を切って喜んでたら送球に気づかずタッチアウトという情けない姿を世界に発信したプロファー、バット投げホームラン確信歩き→......続きを読む»

USA WBC初優勝!ホズマー&ダフィーのKCコンビ、Mizzou出身キンズラーが柱に ロイヤルズに勢い与える!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ロイヤルズファン達にとっては最高のWBCとなった!KC投打の大黒柱ダフィー&ホズマーが大車輪の活躍でUSA優勝の立役者となった! WBCはついにアメリカが優勝を飾った。決勝でプエルトリコを8-0で下した。先発のブルージェイズエースのマーカス ストローマンが6イニングスを被安打1、与四球1と完璧な内容。攻撃面では1番打者でミズーリ大学出身のイアン キンズラー2塁手の2ランHR等で余裕を持った試合展開......続きを読む»

ミズーリ大 全米最長18連勝!日米野球好投のハウクも好調!53年ぶりMU記録19連勝タイ目前!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

MLBドラフト全体1位候補(2016年4月時)、タナー ハウク率いるミズーリ大は野球でもパワー全開で全米揺るがす!18連勝だ! NCAA野球は各カンファレンス内の試合に突入。全米23位のミズーリ大の躍進が止まらない。 1954年にカレッジワールドシリーズを制し全米制覇、更に3度の準優勝を誇る古豪、ミズーリ大学野球部。 1995年から21年間監督を務めたティム ジェイミソンの後を継ぎ、今年度から......続きを読む»

祝 長期契約!? Kevin Kiermaierをポジティブに考える

【Rayを釣りたくて】

(目的/動機)  今日のターゲットはKevin Kiermaierにします。ちょうど6年50M+α?みたいな感じに契約延長間近、みたいなニュースが飛んできましたので、彼がそれだけの契約に見合うような選手なのかどうか、これまでの成績を確認しつつ見ていきたいと思います。 (方法)  いつものテンプレ(笑)に成績を打ち込み、それを眺めます。次にそれでちょいちょい考察していき、最後にいつもの選手成績予想シ......続きを読む»

WBC ロイヤルズ捕手同士がホーム衝突➡ペレスが膝炎症 ブテラ懸命の減速も不運な結果に!ヴェべズエラ執念の延長勝利

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

あまりにも辛い仲間同士の激突となってしまった... WBCは好調イタリアが優勝候補のヴェネズエラに挑んだ。Pool Dでプエルトリコに0-11と大敗し、イタリアに負けるとWBCが終わってしまうヴェズエラはこの試合でも0-5とリードを許す厳しい展開。しかし5回表にエスコバー(ロイヤルズ)のタイムリーをきっかけに3点を挙げ、6回に同点に。その後も打撃戦となり、ペレスの勝ち越し2ランHRでヴェネズエラが......続きを読む»

STの雑感(その2)

【ピンストライプと船員軍団】

オープン戦を10試合以上経て、ヤンキースは絶好調、マリナーズもそこそこ以上の調子といったところでしょうか。 ヤンキースとWBCカナダ代表の試合では、主力だけでなくヒガシオカとマテオの活躍が光りました。 ヒガシオカはプロスペクトではなかったのですが、打力でのアピールが目立っているのでそのうちDHで見られそうですね。(本職の捕手はロマインとサンチェスがいるからキツい?) マテオは上位プロスペクトです......続きを読む»

投げずに敬遠というルール変更はどうなのか?

【no title】

MLBでは正式に今シーズンから敬遠のときは投げずに主審にその旨を伝えれば良いことになったそうだ。 もちろん今までにもコリジョンルールをはじめ小さなルール変更はあったが、 おそらくDH制を採用して以来の大きなルール変更ではないかと思う。 コリジョンルールや併殺崩しの危険なスライディングの禁止などは、あくまでも守備妨害や走塁妨害という従来からのルールの適用範囲や判断基準の変更に過ぎないだろう。 しかし......続きを読む»

デヨング←→ジャクソン・ザバラのトレード

【ピンストライプと船員軍団】

日本時間3月2日、またしてもディポートがトレードを行ったとの報道がありました(今オフ14件目?) チェイス・デヨングをドジャースから獲得し、ドリュー・ジャクソンとアニュリス・ザバラを放出しました。 デヨングは23才の右投げ投手で、去年はAAで25先発しK/BB3.21とコントロールの良い投手です。綺麗な真っ直ぐと大きなカーブ、チェンジアップを投げるようですが、チェンジアップは変化量が小さく評価は高......続きを読む»

STの雑感(その1)

【ピンストライプと船員軍団】

記念すべき最初のまともな投稿になります。 ブログ初心者なので、ここが見にくい!とか、この情報ガセだぞ!などのご指摘を頂けると嬉しいです。その都度改善したいと思います。 さて日本時間三月二日現在、ヤンキース、マリナーズともにオープン戦の成績は上々ですね! ヤンキースは不良債権化していたエルズベリーの調子が良さそうなので一安心、マリナーズはRF候補としてエレディアとハニガーのアピールが目立っているとい......続きを読む»

ダフィー 禁断の「MUとKU」ネタで炎上か!KC愛深いが...もっと学ぼう!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ダニー ダフィー。2012年に昇格以来KCで投げ続け現在はオフもKCに住むこのロイヤルズの絶対的エース左腕はカンザスシティへの愛が底知れない!愛して愛してやまないKCではあるがこの街のスポーツファンの心の奥深い部分はまだ理解できていない。 つい数日前にTwitterを開始したダフィーは頻繁にツイートしているが、その中身はいかに彼がカンザスシティを愛しているかに溢れている。オフにラジオ出演した際もチ......続きを読む»

「オールド・ルーキー」の面白いところ

【日本のスポーツを元気に!!!】

約2年ぶりになりますが、今回はスポーツ映画の紹介です。2002年に公開で、実話に基づくストーリー。大ヒット作というほどではなかったと思いますが、上映当時も結構話題になったと記憶しているのは、その後、例えば藪恵壹氏がオークランド・アスレチックス入団時、自分はオールド・ルーキーだと会見で話したことなどからも分かると思います。 オールド・ルーキー - 作品 - Yahoo!映画 http://mov......続きを読む»

ケルヴィン ヘレーラ 新守護神はKCから4人連続となるMLB No.1へ!KC低評価はメディアの知識不足から!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

KCのクローザーは必ずMLB No.1に君臨する!ヘレーラはその流れを確実に受け継ぐ存在へ! 多くのMLBアナリスツは17年ロイヤルズをこれでもかという程に酷評する。ただ、これらメディアのほとんどが昨年のロイヤルズは単に本来の実力を見せただけで、今年も当然昨年同様、またはそれ以下の成績を残すと断言するのだ。 彼らが指摘するのはKCの四球出塁の少ない打線、昨年ことごとくスタッツを落とした野手陣、そし......続きを読む»

『ビッグデータ・ベースボール』トラヴィス・ソーチック (著)角川書店

【今日も神宮】

20年連続負け越しのピッツバーグ・パイレーツを復活させた革命的なデータ活用法。 ホームランをたくさん打ってくれるスラッガーや三振でアウトを重ねてくれるピッチャーをFAなどで獲得できない貧乏弱小球団の対抗策は守備力。 その戦術「3本の矢」が、①大胆な守備シフト②ピッチングフレーム③ゴロを打たせるためのツーシーム・ファストボールの多投。 ①大胆な守備シフトと言えば日本では「王シフト」、アメリカでは「......続きを読む»

牧田はMLBで通用するのか? ~NPB投手のMLB成績プロジェクションを目指して~ その3 まとめ+成績予想編

【Rayを釣りたくて】

(目的/動機)  前回に引き続き、リクエストがあった、西武ライオンズの牧田のMLB移籍した場合のプロジェクションを目指した一連の記事になります。本記事では最後の成績予想を行います。 (方法)  まずは牧田投手のこれまでの成績を確認し、その中で、過去2記事についてみてきた指標を中心にして、今、MLBに移籍したと仮定した場合の成績を考えてみます。予想する成績は成績予想システムseriseri(という名......続きを読む»

牧田はMLBで通用するのか? ~NPB投手のMLB成績プロジェクションを目指して~ その2 GB/FB編

【Rayを釣りたくて】

(目的/動機)  前回に引き続き、リクエストがあった、西武ライオンズの牧田のMLB移籍した場合のプロジェクションを目指した一連の記事になります。 (方法)  過去、MLBに移籍したNPBの投手たちのNPBでの成績とMLBでの成績を比較することで、牧田投手が今MLBに移籍したらどれくらいの成績が期待されるかを考えます。  今回の項目は投手の打球傾向がNPBとMLBでは変動するのかどうかを確認してみま......続きを読む»

牧田はMLBで通用するのか? ~NPB投手のMLB成績プロジェクションを目指して~ その1 導入+K/BB編

【Rayを釣りたくて】

(目的/動機)  久々にリクエストがあったので、やることにしました。ターゲットは西武ライオンズの牧田投手。久々に日本人の話題です。というのも。野球日本代表(なんたらジャパンって名前は好きじゃない)に選ばれた牧田がいい感じのスローボールを投げるというので、そういう投手ってMLBではどうなのかと聞かれたためです。  が、正直そんなんはわかりません、と答えるしかありません。でもそれじゃあつまらないので、牧......続きを読む»

申告制敬遠についての雑感

【no title】

メジャーリーグでは今季から申告制の敬遠を採用するとのこと 投球前に申告をすれば、四回外して投げずとも自動的に敬遠扱いになるってルールですよね 試合時間の短縮が目的なんですかねー でも、そもそも敬遠って頻度の高いプレーではないですよね 一試合に一度あるかないか。高校野球なら強打者が敬遠されるケースもありますが、プロの試合で露骨に立ち上がって敬遠をするシーンはそこまでみかけません 際どいところをつ......続きを読む»

日替わり守護神導入へ

【halcyon days, again】

レッズのSTで注目されているのが、先発の4番手、5番手争いとともに、守護神が誰になるのかという点。 昨シーズンは17セーブのシングラーニが最多だったが、今シーズンは(も)日替わりで、各投手がクローザー役を任されることになりそうだ。 ただ、この日替わり守護神というのも、ただ単純に9回の1イニングを締める守護神となるわけではなく、複数イニングを投げたりすることになりそう。中盤以降を複数の投手が、場合に......続きを読む»

プロスペクト、ウィンカーのデビューはあるか

【halcyon days, again】

レッズの外野手ではトップの位置にいる、プロスペクトのウィンカー。今シーズンのMLBデビューはあるか。 ウィンカーについてプライス監督は「さまざまな可能性がある。MLBデビューをさせるか判断するのはSTの後半に入ってからだ。もし結果を残せたならば、考えなければならない」とコメント。 現在、チームの外野のスタメンは埋まっており、マイナー契約でジェニングスとレイバーンとも契約をしている。ウィンカーの昨......続きを読む»

大谷翔平、100年に1人の逸材であることを証明するために。パドレス入りへ大きく前進か

【MLB 戦いの原理を求めて】

MLBの雑誌を読んでいると向こうのスカウトらしき人物が大谷翔平について、「はっきり言おう、メジャーの球団で大谷に対しての評価はあくまで投手のものであり、二刀流について現実的に考えているところはほとんどない」そのようなことを上から目線で語っていました。それは元・ドジャーススカウトの意見と基本的に一致するものであり、メジャーの現実をよくわきまえたメジャー通を自任する人たちのリアリズムと言ったところでし......続きを読む»

2017年ブルワーズロースター 野手編

【no title】

ケオン・ブロクストン OF 去年ジェイソン・ロジャースとのトレードでMILに移籍。MLBに出場してから20打席ノーヒット、マイナー落ちを経験するものの復帰後.262/.373/.466たる成績を残した。三振と四球が非常に多くK%36%BB14%あり、高BABIP高HR/FBだがIFFB%が低く流したゴロが少ない。マイナーから高BABIPキープしてる為今年も期待出来るだろう。一番の長所は守備で50......続きを読む»

ST開始&フィリップストレードの余波

【halcyon days, again】

バッテリーのSTが始まった。競争のポイントについて、プライス監督は「ローテーション4・5番手、ブルペン、そしてベンチ入り争い」とした。昨シーズン、リーグで下から2番目の成績に終わったわけであるが、後半戦だけの成績で言えば36勝37敗。思った以上の成績を残せている。 これを受けて「再建中のチームが75勝をしたら、まずまずだと言われるだろうが、我々の目指しているところはそこではない。もっと高い目標を目指......続きを読む»

中後悠平 CBSスポーツ「30球団最注目招待選手」Dバックスから選出!トップ記事に!近大から初のメジャーリーガー誕生なるか!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

今年も日本人メジャーリーガー誕生連続記録は継続する!? CBSスポーツMLB電子版で Mike Axisaによる最新記事「The most interesting non-roster invitee to spring training for all 30 MLB teams」(全30球団再注目スプリングトレイニング招待選手」を掲載した。 そこでいきなりトップ球団(アルファベット順)となるア......続きを読む»

KC ウッドも獲得!カブスで大車輪活躍の左腕!先発/救援どちらもOK左腕!前日はメイネスも獲得

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

驚いた!正直本当に驚いた!KCは本気でワールドシリーズ2年ぶり制覇を狙うことを全米に主張! ヴェンチュラを事故死で失ったカンザスシティ ロイヤルズは先発投手獲得に動くことは噂されていた。ブランドン モスを獲得した際にあと1回補強で動くことを示唆していた。それは先発投手だろうと言われていて、ついにジェイソン ハメル(カブスからFA)を獲得。これでオフの大きな補強は終了と思われていた。 そんな中、1......続きを読む»

ブランドン・フィリップス放出

【halcyon days, again】

ついに(ようやく)、この時が来た。ブランドン・フィリップスがATLに放出された。 チーム再建期に入ってからここまで、何度もトレード話が出てきたものの、その度にフィリップスがトレード拒否権を使って破談。今オフもトレード拒否権の放棄に向けての話し合いが何度もなされたが、結局放棄せず。どうしようもない状況に陥っていたところでの、このトレード成功は本当に驚いた。 ウィリアムズGMは「人気のある、功労者を......続きを読む»

復活への一歩

【halcyon days, again】

いつ以来の更新なんだ、というくらい久しぶりの更新。 ここの更新が止まったあたりから、一気に優勝モードから、チームの解体(崩壊)に入ったレッズ。昨年はダントツの最下位に終わり、まさに超低空飛行。というか、離陸すらしていないような状況だった。そろそろ、離陸に向けて給油くらいは終えておきたいところであるが… 昨シーズン、リーグ内で14位という、下から2番目のERA4.91を記録した投手陣。そして何より......続きを読む»

ロイヤルズ 15年2巡指名デウィーズをトレード獲得!ミルズ獲得カブスも大満足!ケインの後釜か!?

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ロイヤルズはケインを失った場合の後釜対策に乗り出している! つい今しがたロイヤルズのオフィシャルサイトでロイヤルズがカブスと2名のマイナーリーガー選手達のトレードに関する記事を掲載。 先日獲得した先発右腕、ジェイソン ハメルを40人枠に入れる為にKCのマイナーリーグで素晴らしいパフォーナンスを続けてきた先発右腕アレック ミルズ(25歳、2012年22巡目指名)をロースターから外すこととなった。カ......続きを読む»

ロイヤルズ71勝91敗?ドジャース98勝?毎年恒例のPECOTA vs. Royalsの激バトルで今年もKCファン達の怒りが爆発!各地区予想とは?

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

今年もカンザスシティ ロイヤルズはシーズン終了後にPECOTAを辱めることになるのか? お馴染みのKC対PECOTAの激バトルが今年も展開されている!今年は何とロイヤルズは71勝91敗というBaseball Prospectusのコンピューターで弾き出される予想はKCだけでなく全米の野球関係者の話題となっている。 71勝でALで最低勝率、全体でもパドレスに次ぐ勝率の低さである。理由として選手達の......続きを読む»

ロイヤルズ ハメル獲得!モスと共に14年伝説WC相手が! KC先発陣はヴェンチュラ穴埋めどころかベターに!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

MLB史上に残る伝説試合で傷ついたA’s2選手が相手だったKCにやってくる!ロイヤルズが優勝争い復活の先発投手補強に成功した! つい今しがた、日本時間午前11:35にFOX SportsのKen RosenthalによるTwitterでの一報が入った。カンザスシティ ロイヤルズが金額面で断念かと思われていたCubsからFAとなっていた34歳先発右腕、Jason Hammel(ジェイソン ハメル)と......続きを読む»

※ただしイケメンに限る

【Rayを釣りたくて】

 ベイスターズ関連の話題は例によっておまけ欄だけ。MLB興味ない人はそちらへどうぞ…。※ただし…なんてことは言わないよ(笑) (目的/動機)  今日のターゲットはJake Odorizzi。TBの投手陣の中でも一番のイケメンと(私の中で)評判。チーム全体だとやっぱりBaldelli?(コーチだけど 笑)単純に成績表を使いまわせる投手が…という問題らしい(手抜き)。 (方法)  いつものテンプレ(......続きを読む»

勝ち越せない投手なんてエースとして認められないんですよ

【Rayを釣りたくて】

 なんて言う人はMLBファンの中にはあんまりいないと思いますが。今日はTBのエース、Chris Archerについてみていきましょう。理由?特にない。やってみたかっただけ。 (目的/動機)  やってみたかったから。データは昨年も使ったやつをちょちょいと手直しすれば良いし。  なんだかんだ言って、好きな投手なんですよ、Archer。クラシックスタイルで投げるのカッコいいです。 (方法)  いつもの......続きを読む»

ロイヤルズ ブランドン モス獲得!昨年28HR,A's時代の数字残せ!KCモラレスの穴埋めへ!ハメル獲得ある?

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

KCはついにDHプランを決定した! 33歳のヴェテラン1塁手/外野手、ブランドン モスと2年1200万ドル(13億8100万円)で契約合意に至ったとの最新ニュースが入ってきた。成績にはフィジカルをパスしてからの発表で数日後にオフィシャルになる模様。 2年間ロイヤルズのDHとして見事に復活したケンドリース モラレスの穴埋めをどうするのか。ロイヤルズは昨シーズン故障離脱のムスターカスの穴を埋めたチェ......続きを読む»

Good-bye Forsythe!!!

【Rayを釣りたくて】

(目的/動機)  私大好きだった(Friedmanも好きだったのだろう)Logan ForsytheがLADにトレードされていきました。代わりにプロスペクト先発投手のJose De Leonを獲得しましたので、彼について軽く考察を。シーズン通しての起用になるかどうか怪しいので、成績予想は無し(手抜き)。 (方法)  いつものテンプレ(笑)に成績を打ち込み、それを眺めます。次にそれでちょいちょい考......続きを読む»

Yordano Ventura 事故死って...

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

う~ん...何て言っていいのか。こんなことがあっていいのか。デリック トーマスの事故死から17年。カンザスシティ スポーツにとってまたも信じがたい悲劇が起こってしまった。ロイヤルズの25歳先発右腕ヨーダーノ ヴェンチュラが故郷ドミニカ共和国で事故死した。 ブログでこれまで何度もヴェンチュラへの激しい批判と期待を書いてきたがもうそれもできない。あまりに急なニュースに感覚がない。 ヴェンチュラは運転......続きを読む»

これ日本人打者じゃない?

【僕の中の大投手 諭】

MLB殿堂入り選手が発表されましたが、今回もエドガー・マルティネスは届かなかったですねぇ…もうほとんど無理っぽい雰囲気になってきたのが悲しいところです。ホフマンやゲレーロなら次回あたり殿堂入りしそうな感がありますけれどね。 でもティム・レインズだって、名選手には違いないが選手人生後半の衰えが急激なこともあって殿堂入りは微妙かなぁ?と思っていたのが、今回資格最終年でギリギリの殿堂入りでしたから、最後ま......続きを読む»

バリー・ボンズは必ず殿堂入りすることになる

【MLB 戦いの原理を求めて】

何事も明け透けに語ってしまう暴言王カート・シリングは、ラジオ番組で「現役時代にレッドソックスの トレーナーから禁止薬物を薦められた」と告白したことが過去に記事となったことがあります。あれだけPEDに身を染めたクレメンスにも手厳しい態度を見せてきたシリングのことです。シリングは良くも悪くも思ったことを口に出してしまう性分故に、率直であるからこそ、シリングの言葉に一定の信頼を持っています。 ところで......続きを読む»

来オフからFA市場激変!トランボー&バウティスタ古巣残留決定 クオリファイングオファーに苦しんだ

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

クオリファイングオファー(QO)制度の難しさは今年も2名のオフを苦しめた。FA市場で動きを鈍らせたQO拒否選手に関する課題は今オフまでになる? オリオールズからFAとなっていたマーク トランボー外野手がようやく3年契約での残留を決めた。しかし、条件は最初のO’sからのオファーを下回った。3年3750万ドル(約43億円)での契約となった。トランボーはQO(1720万ドル)を拒否してFAとなった。12......続きを読む»

タイソン・ロス獲得だったり、ハミルトンとマイナー契約したり。

【日本在住レンジャーの雑記】

 季節ハズレのあけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。  さてビッグディールなんてあるわけないと思いながらも、どこかで何かを期待して2ヶ月過ごしてきたのですが、特になかったので現時点の動き、および現状のロスターの確認をします。 先発 ハメルズ ダルビッシュ ペレス キャッシュナー ————————————確定 タイソン・ロス(開幕はDL) ————————————デ......続きを読む»

バティスタ再契約とジェイズの今後

【Go! Jays! Go!】

バティスタの再契約が決まりました。 単年18M+バイアウト500Kの相互オプション17M、翌年には20Mのべスティングオプションがつきます。 何はともあれ、バティスタの再契約は嬉しいです。今季オフにはエンカーナシオンとセシルと2人の古株がチームを去り、バティスタは唯一のリッチアーディGM在職中からジェイズにいた選手ということになります。エンカーナシオンを失い、タフなシーズンが予想されても、トロント......続きを読む»

1月、再び補強に動くマリナーズ。2017年は勝負の年に。

【Tokyo & Seattle Power】

新年明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 年末はブログの投稿をしませんでしたが、それはマリナーズの動きが少なかったためでした。 活発に動いた11月と比べ、12月中の主な動きはゼプチンスキーの加入、カミネロのNPB行きくらいでしたね。 ところが新年1月になり、またしてもマリナーズが積極的な補強に動いていきました。 今回はそのまとめと雑感を話して参ります。 1.FAの中......続きを読む»

イチローとジョー・ジャクソンを結ぶ 偉大なるベースボールの力

【MLB 戦いの原理を求めて】

ある意味、この記事をアップするためにずっとブログを書き続けてきたのかもしれません。 === ”それを作れば彼はやってくる・・・” どこからともなく語りかける声なき声に導かれるまま、主人公レイ・キンセラが<それ>を作り始めるところからこの物語は始まります。 映画「フィールド・オブ・ドリームス」。 この原作者であるキンセラは大のイチローファンでも知られています。イチローへの熱烈なラブレタ......続きを読む»

ダフィー KCと5年契約!ロイヤルズ最大の課題を解決!大黒柱キープで今後もWS制覇の希望は続く!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ダニー ダフィーを柱にロイヤルズはこれからも強いティームとして成長し続けられる! チーフスの敗退ショックを打ち消してくれる嬉しいニュースだ!先日もブログで書いたが、長年に渡りロイヤルズで現役を全うしたい思いを語ってきたダニー ダフィー(28歳)。ついに5年6500万ドル(74億1800万円)の契約延長が決まった!2021年までの契約である。今年は500万ドルだが、来年から1400万➡1525万➡1......続きを読む»

Duffy"Royals以外のユニフォームあり得ない”何年も続く熱烈KC愛コメンツ。ラジオでKCステイ熱望!KCが選手達の虜となる理由

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ダニー ダフィーのロイヤルズ愛&引退までKCでまで投げ続けたい願望はハンパでない! 現地12日のカンザスシティのスポーツラジオ局、610 Sports Radio- KCに電話インタビューという形で生出演したダフィー。今シーズン終了後にFAとなる予定だが、ずっと長期契約の交渉が噂されてきた。そんな中、長期契約の交渉は行われているかという質問にズバリ答えた。 「Duffy if there’s b......続きを読む»

田澤ルールの撤廃を

【プロ野球の魅力を語る】

 田澤純一が2016年12月にマーリンズと2年1200万ドルで契約を結んだ。年俸は約7億円ということで、田澤がセットアッパーとして一流の評価を受けていることがうかがえる。  マーリンズと契約する前、レッドソックスが2016年中にFA権を得る田澤と2017年以降の契約を結ばないという報道があり、田澤ルールが話題になりかけた。  もちろん、田澤は、大リーグで多くの球団が欲しがる投手である。2016年の......続きを読む»

遅ればせながら 新年あけましておめでとうございます

【Rayを釣りたくて】

 大変遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。本年も弊ブログをよろしくお願いいたします。  さて、毎年のお約束ですが、本記事以降、「今年、本年、今季」という言葉は2017年を指し、「昨年、去年、昨季」などの言葉は2016年の事を指すこととします。混乱しないようにするためにもね。 (目的/同機)  2017年一発目の記事はトレードも行われたということで、SmylyとSmithの事でも書......続きを読む»

2017年、大谷翔平争奪戦を制すために、最大のキーとなるものは何か

【MLB 戦いの原理を求めて】

究極のメジャー志向であった高校時代の大谷翔平はドラフト直後に「自分の気持ちは変わりません。評価していただいたのはありがたいですが、アメリカでやりたいという気持ちは変わりません」と語りメジャーへ本気度はガチであったと言ってもいいでしょう。 2016ドラフト6位で指名された履正社の高校生も、指名が低ければプロ野球は考えていないと表明していましたがその後の展開が全く異なりました。履正社の高校生が日本ハ......続きを読む»

ダイソンがKCを去る!ロイヤルズがトレイドでカーンズをマリナーズから獲得!ミスター盗塁はシアトルでレギュラー確定へ!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

また一人の生え抜きロイヤルズ選手がカンザスシティを去る。 2010年ロイヤルズに昇格して以来ジェロッド ダイソンは本当にKCファン達に愛されてきた。2006年ドラフト最終ラウンドの50巡目でロイヤルズから指名されプロ入りしたダイソン。同じ年のドラフト全体1位が2016年までロイヤルズに所属し現在FAのルーク ホチェヴァー。この2名が長年ロイヤルズで共に貢献し愛され続けたことはあまり取り上げられない......続きを読む»

米国でMLBがNBAより遥かに人気で上回り続ける理由とは?

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

バスケットボールの人気ランキングは何位?予想外?に不人気の理由は競技の特性にある? 1990年台前半、アメリカでの野球人気が低下していることが話題になっていた。”National Pastime”(国民の娯楽)として野球は歴史的にも人気で最高を誇っていた時代が長く続いたが、フットボールの人気向上、更にマイケル ジョーダンを中心としたバスケのスター達の存在によりバスケットボールの人気は1993~20......続きを読む»

2017年、大谷翔平に待ち受けるインターナショナルFA・ボーナスプールの壁

【MLB 戦いの原理を求めて】

新労使協定では、インターナショナルFA・ボーナスプールの各チームに割り当てられている金額は勝率に応じて475万ドルから575万ドルに設定されている。ただしこのインターナショナルFA・ボーナスプールの金額は他球団とトレードによって金額枠も動かせる。尚上積みできる金額は最大で当初の金額の75%までである。よって最大1000万ドル前後まで契約金枠をチームは増やすことが可能となる。 しかしインターナショ......続きを読む»

2017年、大谷翔平の移籍先としてパドレスが最有力な理由

【MLB 戦いの原理を求めて】

ご存知のように日本ハムはサンディエゴ・パドレスのシニアアドバイザーのランディ・スミスとGM付シニアアドバイザー兼メジャーリーグスカウトディレクターとして契約しました。インターンとしてパドレス入りした斉藤隆がサンディエゴのキャンプ地でもあるアリゾナ州ピオリアで開催した日本ハムの春季キャンプの面倒見たように、2008年から日本ハムとパドレスは業務提携している。 現在パドレスのグリーン監督も日本ハム在......続きを読む»

清宮 米大学進学を検討!?5月生まれの幸運活かす!2020年MLBドラフト1巡指名目指すプランとは野手でのNPBスタートの危険性理解か

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

清宮幸太郎の夢は日本を遥かに超える!?21歳でのMLBドラフトを目指す!? MLBドラフトのルール。それは日本のNPBとは大きく異なる。またアメリカの大学で野球部では優秀な選手には奨学金制度が充実。将来メジャーリーガーを目指す高校生達は是非理解しておくべきことがMLBドラフトとNCAA規定の2点。 清宮の早実卒業後のプランについては多くの野球関係者やファンにとってもまだはっきりと掴めていないのが......続きを読む»

エンカーナシオン➡インディアンス 喜ばしい!KCには追い風!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

エンカーナシオンが加わるインディアンスをロイヤルズは全く恐れない!むしろ大歓迎だ! ブルージェイズからFAとなっていたエドウィン エンカーナシオン(DH/1塁)がクリーヴランド インディアンスと3年6500万ドル(約76億円)の契約を結んだ。4年目は2000万ドル(23億4500万円)のオプションで500万ドル(5億8600万円)のバイアウトが盛り込まれている。近年流行りのオプトアウト条項は含まれ......続きを読む»

FAホセ バウティスタには地獄のオフ!36歳でクオリファイングオファー拒否 過去の振る舞いでO'sファン達の拒絶も!ジェイズ残留以外ない!?

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

36歳下り坂の大物FAにとってクオリファイングオファー(QO)は地獄!? 新労使協定が先日合意に達し、来オフからFAを控える選手へのQOは1選手につき1度までとなった。それにしてもこのQO制度は特定の選手にとってはとてつもなく辛い結果を招く。 毎年上昇しているFA資格を持つ選手への所属球団からオファーされるQOは今オフはついに1720万ドル(約20億3000万円)になった。昨オフには初めてQOを......続きを読む»

誠也が巣立つ日

【青木寝具店のブログ。】

打撃の動作、打球方向、角度からして、コイツは、将来、巨人ではなく、メジャーでプレーする。 既に薄々感じていて、過去記事でも書いたことだが、 遂に本人の口からメジャーについて、 「興味はあります。いま行きたいというのはないですけど、野球をやっている以上は、上の世界に興味はあります」という言葉が 出た。 WBCを観戦したメジャーのスカウトの中にも興味を持った者がいたようだ。 カープファン内外......続きを読む»

上原、カブスへ(記事紹介編)

【Koji's Classroom】

さてこちらでは、今オフに出た上原のフィーチャー記事を2、3ご紹介しておきましょう。 まずはボストンとの再契約がなくなったあとに出た「レッドソックスでのコウジ・ウエハラを振り返る」という記事。 GIFなども貼られていますので、興味のある方はぜひぜひ元記事をごらんになってみてください。要約でお伝えします。( )内は、主にわたしの補足とツッコミ。 ===================== リリーバー......続きを読む»

上原、カブスへ(時系列編)

【Koji's Classroom】

.@Cubs sign RHP Koji Uehara to 1-year contract. #HotStove pic.twitter.com/gkxkvzyhG0— MLBRosterMoves (@MLBRosterMoves) 2016年12月14日 1週間ほど前から報道が出ていた上原のカブス入りが正式決定しました。 いや~、よかったよかった。年内に決まったのもよかったし、......続きを読む»

カブスのエプスタイン、K/BB歴代1位の上原を獲得する

【MLB 戦いの原理を求めて】

まず最初に修正します。 BOS時代シリングを獲得したのはエプスタインですが、ペドロを獲得したのは前BOSのGM、現BALのGMデュケットです。以前書いた記事で勢い余って間違った部分があり、ちょうどいい機会なので修正記事をアップしておきます。K/BBが史上最強レベルのスターターであったシリングを獲得したのがエプスタインであったように、K/BBが史上最強レベルのリリーバーを獲得したのもエプスタインとい......続きを読む»

8年連続で最優秀監督賞ポイントを獲得しているジラルディは、もっと評価されるべきである

【MLB 戦いの原理を求めて】

これは2016の最優秀監督賞ポイントの順位です。 1 Terry Francona CLE 2 Jeff Banister TEX 3 Buck Showalter BAL 4 John Farrell BOS 5 Joe Girardi NYY 6 Scott Servais SEA PO進出した地区1位もしくは2位の監督に多くのポイントが入っていることがわかります。しかしながら......続きを読む»

2017年大谷翔平、メジャー移籍問題の本質を戦略的観点から紐解く

【MLB 戦いの原理を求めて】

インターナショナルFA25歳未満ルールの戦略的な思惑について3つの側面から考えることによって、この問題をきっちりと頭の中で整理してゆくことを本稿の目的とします。 まずMLB機構のインターナショナルFA25歳未満ルールを掲げた戦略の目的としては、すでにおわかりのとおりJリーグのように絶えず入れ替え戦のあるような下部リーグをもたないメジャーリーグ(マイナーリーグはあくまでファームでありメジャーリーグ......続きを読む»

アストロズがロイヤルズとトレード希望!ダフィー、ヴェンチュラに興味 KCの希望満たせば成立可能!?

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ロイヤルズはアストロズの要望に応じることが可能!? MLB Romorsの Mark Polishukが日本時間の12日11時24分に最新記事を掲載。内容はアストロズがロイヤルズの2人の先発投手、ダニー ダフィー、ヨーダーノ ヴェンチュラに興味を示しているというもの。 アストロズは以前からホセ キンタナ(ホワイトソックス左腕)、クリス アーチャー(レイズ右腕)、ジェイク オドリッジ(レイズ右腕)......続きを読む»

MLB新ルールはトランプ対策?意図がなかなかよめない新労使協定

【spoloveブログ】

最近、MLBの外国人選手獲得に関する新ルールの変更が話題になっている。 25歳未満の外国人選手を獲得するときのルールが厳しくなるとの事。 どういう変更かというと、 25歳未満の外国人選手がメジャーリーグに入団するときに支払われる契約金と年俸に上限を設ける。 このルールは、もとは23歳未満の外国人選手には適応されていたが、その年齢を引き上げるという事。 外国人選手とは、アメリカ人、プエルトリコ人、カ......続きを読む»

Taijuan Walkerの来年を考えてみる

【Rayを釣りたくて】

 今後のスケジュール的に今日やらないと年内に上がらない気がしたので。 (目的/動機)  オフシーズン恒例の選手の成績予想コーナーです。今年はあんまりやりたくなかったのですよね。というのもHR/FBが大変なことになってしまい、今シーズンの惨敗もあり、心が折れかけていたので。。。ですが、読者のord0325さんからの希望もあり、ようやく重い腰を上げるに至ったのです。この腰の重さを稀勢の里関に分けてあげ......続きを読む»

ウェイド デイヴィスがKCを去る!トレイドでカブスへ!ソレアはKCでついに大成する!?

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ついに起こってしまった...ウェイド デイヴィスがロイヤルズからトレイドされてしまった。 ウィンターミーティングの期間中にトレイドがない可能性をほのめかしていたGMのデイトン ムーアだが、噂通りデイヴィスがカブスへトレイド。交換にパワーヒッティング外野手のホルへ ソレアをKCは獲得した。 ウェイド デイヴィスがここまでの存在になったことはロイヤルズにとってまさにミラクルストーリーと言える。201......続きを読む»

各チームの運について遊んでみた

【Rayを釣りたくて】

(目的/動機)  前回の記事ではALEの各球団のBABIPに関連した運の差について調べてみました。その結果、BOSがある程度恵まれていたと考えられました。また、併せて読者のord0325さんからTaijuan Walkerの記事を書いてほしいとの希望があり、そのための準備をしておりました。  その中で、例えば成績を予測するうえで、どうしても避けて通れないのが運の良し悪しの予想となります。とはいえ、運......続きを読む»

SaleトレイドでRed Soxへ White Soxは失敗トレイドになる!?KCは主力キープで勝負せよ!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

このオフ最大のトレイドが成立!しかし大方のメディア評価に反してWhite Sox獲得の超有望株はメジャーで成功しない!? MLBでも素材ではカーショーに次ぐ超大物若手左腕と言われるChris Saleがついにトレイドされた。Nationalsが優勢と言われていたが、Red Soxが有望株ランキングNo.1を含むプロスぺクツ4名を差し出す決断をし逆転で成立となった。 Saleは2019年まで契約(......続きを読む»

WBC次回で”打ち切り消滅”報道に思うこと

【でぷスポ13号館】

少し前のヤフーニュースに こんな記事が出ていました。 他にも別件で 色々書きたいネタが わんさかあったりしますが 個人的に興味があるので 今回はこの話題を取り上げて みようかと思います。 WBCが来年の大会を最後に 消滅の可能性 米メディア報道 THE PAGE 11/29(火) 6:23配信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161129-0000......続きを読む»

16'MLB ワールドシリーズを振り返る

【スポーツ よもやま話】

2016年の MLBワールドシリーズも終了して 1ケ月 米国中が待ち望んだ シカゴカブスが 「山羊の呪い」を 解いて 108年ぶりの ワールドシリーズ制覇となりました。 今ゆっくり振り返る 特に 第7戦は 日本の祝日 とあたったため TV生観戦できたのはラッキーでした。  第7戦ほど 絶対的な選手なぞいない というのを 痛烈に感じました。 第1戦  第4戦 と カブス打線を寄せ付けな......続きを読む»

大谷翔平選手、来オフにメジャー移籍も

【頑張れ!ジャイアンツ 2017】

 日本ハムの大谷翔平選手が、札幌市内の球団事務所で 契約更改交渉に臨み、今シーズンの2億円から7,000万円増の 2億7,000万円で契約を更改。契約更改交渉の場で、球団から 早ければ来年オフにもポスティングシステム(入札制度)での メジャー移籍を容認されたことを明かした。  花巻東高校3年の10月にメジャーへの挑戦を表明した大谷翔平選手。 ドラフトで日本ハムが大谷翔平選手を1位指名し......続きを読む»

新ドラフトシステム&クオリファイングオファー上昇で裕福球団がプレイオフ独占か!?スモール市場球団の怒りが爆発!術は見つかる?

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

またメジャーリーグは裕福球団による巨大戦力独占状態の時代がくる!?18~22年の5年間はスモール市場球団にとって地獄とも言える不利な戦いを強いられるピリオドとなるのかもしれない。果たして困難を乗り越える術はみつかるのか? 12月1日に合意に達した労使協定。前回まではとりあえず決まった事柄を書いたが、この1~2日少しじっくりと考えてみた。そして考えれば考える程、ロイヤルズのような究極のスモールマーケ......続きを読む»

最後のチャンス、2016-2017年、クリッパーズ

【夏はエンゼルス、冬はクリッパーズ】

野球のワールドシリーズと重なるように、NBA新シーズンが開幕。アメリカのプロスポーツはスケジュールがうまくできているよ。途切れることなく、というか今年はエンゼルスは夏前に脱落したので、実質ほとんどMLBはウォッチしていなかったのだが、今度はNBA漬けの毎日が始まった。  さてクリッパーズだが、来夏にはグリフィンとポールがFAになってしまう。2人が移籍すればチームの弱体化は避けられず、今年が最後のチ......続きを読む»

大谷翔平は新MLB労使協定で2018年までは日本!?絶対にあってはならない!CBSスポーツ最新記事に関して

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

MLB新労使協定は大谷翔平のMLB入りを2年遅らせる!?そんなことは絶対にあってはならない! 数時間前に口頭での(書面はまだ)合意に達した2021年までの新MLB労使協定(CBA)。この中の1つに「the international free-agent signing system」(北米/プエルトリコ以外の国々の選手でMLB球団と契約したことがない選手達のFA契約システム)の変更がある。これが......続きを読む»

MLB新労使協定合意!大変化の新ルール!FA補償、ドラフト、WSホームアドヴァンテイジ、e.t.c. MLBはどう変わる?KCの視点

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ついに予想通りギリギリで労使協定が合意に達した。そして新たな改定によりMLBは大きく大きく変化する!今回はその主な中身を見ていきたい! ★クオリファイングオファー(QO)は1選手に1度のみ! ★QO拒否選手をFA獲得してもドラフト1巡目指名は失わない!3巡目を失うことになる。 ★QO拒否選手をFA獲得する場合、5000万㌦以上か5000万㌦以下で選手の旧球団が得るドラフトの代償指名(サンドウィ......続きを読む»

MLBにおける日韓野球の評価激変か?NPBの危機!?KBO活躍テイムズがMLB3年18億円契約、NPBからゼロ?

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

日本のプロ野球への評価はかなり下がっている? 2日前にミルウォーキー ブリュワーズがエリック テイムズと3年1600万㌦(18億円)の契約を結んだと発表した。この契約はある意味衝撃的なものである。 テイムズはマイナーリーグでも2Aで1シーズンのみ素晴らしかった程度ながら24歳でメジャー昇格。ブルージェイズで2シーズン、684打席で21本塁打。2014年からKBOのNC Dinosでプレイした。こ......続きを読む»

【修正】運だけでは勝てない でも運を味方に付けると強いのは間違いない

【Rayを釣りたくて】

 売られた喧嘩は買うのが礼儀だ。どーもseriseriです。コメントを頂いた通り、ちょっと記事を修正して書いてみようと思います。 (目的/動機)  まずはこの記事をお読みください。 強い者が勝つ!それが二つの呪いを解いたエプスタイン・スタイル  この記事では「今から3~4年くらい前になるでしょうか。 BOSの攻撃・BABIPと防御・被BABIPについて取り上げていた記事がありました。パークファクタ......続きを読む»

ダルビッシュの提言 ロースター26人になるのか 投手の健康問題

【MLB 戦いの原理を求めて】

ダルビッシュがトミー・ジョン手術を受けることが決定した際、2015年3月ネットの某所で書いたもののダイジェストをここに掲載します。ベースボールと野球に横たわっている投手の健康についてのお話です。一部加筆修正してありますが、コンテンツについては基本そのままです。 === 奪三振王も獲得し、サイヤングポイントにおいて2位に入ったこともあるダルビッシュ有はMLBにおいては歌舞伎で言うところの千両役者......続きを読む»

大谷がNo.1ダルビッシュNo.2!? 来オフMLB FAをCBSスポーツが特集記事!ホズマー、ケイン、デイヴィス、ムスターカスがポジション別ベスト!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

“Otani looks like the No. 1 free agent next offseason”(大谷が来オフFA最大の目玉だろう)来オフの目玉FAは大谷翔平とダルビッシュ有! CBSスポーツのマット スナイダーが最新記事を掲載。この記事を飾る画像はダルビッシュ有である。 「MLB Hot Stove: Looking ahead at the 2017 MLB free agent......続きを読む»

xBABIP ver.2016をこまごまと

【Rayを釣りたくて】

 サボりすぎと言う声が聞こえてきそうです。お久しぶりですseriseriです。そんな訳で本日は2016年のxBABIPを眺めてにやにやする回です。それ以外のことはおまけでまとめてドンとしませう(おまけの方が充実しているのはいつものこと)。  では早速参りましょう。2016年はMLB全体で本塁打が吹き荒れ、一気にまた得点の多いリーグになりましたが、それとBABIPの変動は連動しているのかどうかが気にな......続きを読む»

とにかく動くマリナーズ。ディポトGMが組み立てるパズルの行方は

【Tokyo & Seattle Power】

熾烈なポストシーズン進出争いに敗れ、 そしてCHCのワールドシリーズ優勝を見届けたのもはるか昔に思えます。 ・・・本ブログも8月下旬以来の更新に、お久しぶりです。 オフシーズンに入り約1ヶ月、しばらくブログのネタはないかなと思っていましたが・・・ マリナーズはディポトGMのもと、比較的大きなトレードを数件成立させています。 ロースター大改革(まだ途中でしょうが)を振り返ります。 ①LADルイーズ......続きを読む»

Royalsは2年ぶりWS制覇 or どん底?CBSのスナイダーが特集記事!KCのオフはどうなる?開幕どうスタートするかで運命が決まる!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

カンザスシティ ロイヤルズの17年は最も興味をそそるティームとなる!2年ぶりワールドシリーズ頂点?それともファイヤーセイルで分散? MLBのストーブリーグが徐々に賑わいを見せている。FAに関してはクオリファイングオファーを拒否する等した大物は例年通りもう少し先になるのだが、レディックがアストロズと4年5200万㌦(約59億円)、モラレスがブルージェイズと3年3300万㌦(約37億円)等、中堅どころ......続きを読む»

メジャー26人制導入か!?

【横浜発!カズ大橋のプロ野球放談】

現在、メジャーリーグの登録枠は25名であるが、 来シーズンから1名増加の26名導入を前向きに検討しているとのことだ。 数年前からレンジャースのダルビッシュが先発6人制を主張したことが、 ここにきて投手陣のヒジの予防を考慮し、登録枠を増やす方向に動いた模様である。 早ければ、12月2日の話し合いで正式に採用するかどうか決まるとのことだ。 メジャーの投手は、力投型が多く、トミージョン手術を受けるほ......続きを読む»

オフシーズン到来。まずは地元出身キャッシュナーを獲得

【日本在住レンジャーの雑記】

 1ヶ月ぶりの更新です。カブスvsインディアンスの試合見て、レベル高いなーとか思っていたらいつの間にやらオフシーズンがやってまいりました。あの次元で野球するためにはかなり苦労しそうだな…とか思いつつ、唐突に現状整理から。 OUT SP ルイス、ホランド IF モアランド OF ベルトラン、デズモンド、カルロス・ゴメス  ホランドのバイアウトは仕方ないかなと思いつつ、先発が2枚減って貴重な......続きを読む»

2016年エンゼルス総括ネタ

【夏はエンゼルス、冬はクリッパーズ】

 久々の投稿です。最近絶好調のクリッパーズのネタを書きたいところですが、まずは、先月カブスの優勝で幕を閉じたMLB 2016シーズンのLAA総括を。  ここ何年も続けてプレーオフの常連だったエンゼルスだが、昨年はプレーオフ進出を逃し、今年はついに早々と脱落。全くプレーオフ争いに絡めなかった。アリーグ西を制したレンジャースとは21ゲームも離されてしまった。昨年は最後の最後まで優勝争いを繰り広げた両チ......続きを読む»

大統領選で大敗北を喫したMLB天才セイバーメトリシャン、ネイト・シルバー

【MLB 戦いの原理を求めて】

かつてMLB関連のコラムニストであった季啓充さんが書いた「大統領選とセイバーメトリクス」というタイトルの記事があります。セイバーメトリクスの威力が選挙戦の予測において、瞠目すべき成果を上げているという論調の記事であったわけですが、今回はその真逆の記事を書きます。なぜネイト・シルバーの予測システムは今回の大統領選で大敗北を喫したのか、その理由を最後に記しておきます。 「田口壮の解説力 その奥深さを......続きを読む»

どう動いてもタフなオフシーズン

【Go! Jays! Go!】

昨年のオフシーズンはプライス、バーリー、エストラダと先発が揃ってFA、ブルペン整備にも苦労させられながらも、何とか2年連続でプレーオフを進出したジェイズ。しかしながら、今季のオフも昨季以上に困難な状況に置かれています。 ジェイズは来季も再びコンテンダーとしてのチーム作りが求められます。2年連続のプレーオフ進出と、それに伴う観客動員、テレビ視聴率の好調ぶりからすれば、来季も地区優勝、ひいてはワールド......続きを読む»

ドヴィダス・ネベラウスカスがパイレーツの40人ロースター入り

【欧州野球狂の詩(Ver.スポーツナビ)】

 リトアニア人右腕のドヴィダス・ネベラウスカス投手(23)が、所属するパイレーツの40人ロースター入りを果たしたことがわかりました。来シーズン以降、リトアニアで生まれ育った選手としては史上初めての大リーガーとなるチャンスを手にしたことになります。  ヴィルニウス出身のネベラウスカスは、2009年にパイレーツに入団し翌年ルーキー級のGCLパイレーツでデビュー。そこから足がけ7年の道のりでメジャー一歩......続きを読む»

「ヤギの呪い」と「ヤギ地獄」

【プロ野球哀愁劇場】

「やぎは鈍い」・・「やぎはノロい」・・「やぎののろい」・・「やぎの呪い」・・・「万歳~!」と、『あのねのね』の原田伸郎は語った。 「ヤギの呪い」が掛けられているシカゴ カブスは、小雨降るワールドシリーズの第7戦、延長10回 8対7でアメリカンリーグチャンピオン『インデアンス』を振り切り、対戦成績を4勝3敗とし、108年の時を超えワールドチャンピオンに輝いた。見事「ヤギの呪い」を解いてみせた。 カ......続きを読む»

不可解な「World Sports MLB」解説者の特定球団応援スタイル USAでもあり得ないのに

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

もう何年も疑問に思い続けているが、何故NHK-BS1の「World Sports MLB」は解説者に優勝球団を予想させるだけでなく、それらを応援させるスタイルを取るのだろう??? イマイチわからないのが、この解説者特定球団応援によりどんな効果が得られるのかという点。NHKの考えとして日本のMLBファンはあくまで国外の組織であり特定球団のファンはあまり多くないと判断しているのかとしか思えない。 番......続きを読む»

シカゴ・カブス遂にヤギの呪い解ける

【スポーツ えっせい】

 昨日はMLBのワールドシリーズ最終戦がクリーブランドのプロ グレッシブフィールドで行なわれ、G4で王手をかけられてから連 勝で最終戦に持ち込んだシカゴが延長の末8-7で勝って108年ぶ りのWシリーズ優勝を飾った。  1回にファウラーの先頭打者弾で死闘の幕が開き3回にクリーブ ランドが1番サンタナのタイムリーで追い付くと、直後の4回にコ ントレラスの2ベースなどで2点をシカゴが勝ち越し5回にもパ......続きを読む»

ワールドシリーズ終了!メジャーでみた昔の日本シリーズ的采配の衝撃

【spoloveブログ】

今年のMLBはカブスの108年ぶりのワールドシリーズ優勝で幕を閉じた。 エプスティーンがカブスに来て以来、強いチームを作るために我慢強く再建を行った結果、今シーズンのカブスはシーズン前から好評で数多くのメディアから今年のワールドチャンピオン候補とみられていた。 それだけに今シーズンは多くのメジャーリーグファンにとっては、予想通りの結果となった。 その一方、インディアンスに関してはそこまで前評判は......続きを読む»

ヤギの呪いを1世紀以上ぶりに解いた!カブスが世界一!

【横浜発!カズ大橋のプロ野球放談】

ワールドシリース最終戦インディアンスvsカブスは、 今シーズンのMLBのフィナーレに相応しい好ゲームを繰り広げ、 延長10回、カブスのゾブリストの決勝タイムリーなどで、 粘るインディアンスを振り切り、 108年ぶりのワールドチャンピオンに輝いた。 カブスは30球団中最高勝率を挙げており、 1986年のメッツ以来の実力通りの頂点に立ったのだ。 しかも、1勝3敗からの崖っぷちから3連勝を成し遂げ、 ......続きを読む»

スモール都市球団における強力ファンベイスの重要性 インディアンスが築けなかったファンとの絶対的絆が最後響いた!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

インディアンスは何故あれだけ追い込んだのに負けたのか!?それはホームフィールドアドヴァンテイジにできなかった球場の雰囲気に原因があった。以前も書いたがインディアンスにはスモールマーケット球団が頂点に立つ為に必要な強いファンベイスがなかったのだ。 スポーツにおけるホームフィールドアドヴァンテイジ。室内スポーツならホームコートアドヴァンテイジ。これは競技によって違いがある。あくまで戦力が互角に近い対戦......続きを読む»

煩悩からの解放;No.108 シカゴ・カブス

【運動科楽からスポーツ再考!!】

<数字が紡ぐ物語>  数字は常に冷徹に現実を写す 冷たい鏡のように見えるが、 時に、 様々な物語を紡ぐアイテムにもなる。 108年ぶりのシカゴ・カブスの ワールドシリーズ優勝でした。 晴れて、 “ヤギの呪い” から解き放たれた一瞬。 まさに108年ぶりに呪いから そして108つの煩悩からも解放された 瞬間でありました。 敵地のクリーブランドにも関わらず、 多くのシカゴ・カブスファンが詰めかけ......続きを読む»

涌井秀章 メジャー移籍希望 譲渡金額は? 山口俊もし希望なら99%MLB移籍確実! MLB史上最薄の先発P市場!

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

涌井秀章はポスティング移籍が認められれば譲渡金はいくらに設定するのか!? 押切もえとの結婚を発表した涌井は同時にメジャー移籍希望を表明した。海外FAを取得するのが2018年になる為、千葉ロッテがポスティング移籍を容認することが条件となる。仮にマリーンズが容認したとして、涌井の移籍は可能なのか?譲渡金はどの位が現実的なのか? 涌井にとってこのオフのMLB移籍が最大のチャンスである。何故なら今オフの......続きを読む»

ワールドシリーズは第7戦へ!CLEはクルーバー➡サラザール➡ミラー➡アレンで頂点に立てる!サラザールを何故2イニングスいかせた?

【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

インディアンスは第7戦を制して68年ぶり頂点に立てる! ワールドシリーズ第6戦は初回にカブスがいきなりブライアントの先制弾等で3点。更に3回にはラッセルの満塁弾で一気に7-0とし、試合を決めた。 改めてカラスコとサラザールが先発ローテーションに入らない現状のインディアンス先発事情の苦しさを露呈した形となった。2番手と3番手がバウワーとトムリンでは普通なら頂点には立てない。インディアンスはよくやっ......続きを読む»

今シーズンもっとも打ち取るのに球数を要した選手は誰?Ver.2016とNPBのドラフトについて

【Rayを釣りたくて】

 ※NPB/日ハムのカテゴリーから飛んできた人は後ろのおまけに飛んでくださいな。前半はMLBな内容になっています。  今日は恒例のP/Oの議論の続きです。もっとも、P/Oはあくまで補助的な指標の一つとして小さくまとまりそうで、それでも良いのかなと思います。とりあえず世界中の誰も絶対にやらなさそうな今シーズンのランキングを示してみようと思います。これも昨年以来のものですね。  そのP/Oとはなんじゃ......続きを読む»

68年ぶりのクリーブランド・インディアンズか?108年ぶりのシカゴ・カブスか?

【スポーツ えっせい】

 今日シカゴのリグレーフィールドで行われたナショナルリーグの リーグ優勝決定戦で、カブスがLAドジャースのエース:クレイトン ・カーショーを打ち込み5-0で勝って4勝2敗とし実に71年ぶりの Wシリーズ進出を決めた。  これでWシリーズはトロントに4勝1敗で勝ってアメリカンリーグを 制したクリーブランドとの中地区対決となった。  今回のWシリーズはシカゴ・カブスの71年ぶりWシリーズ進出が話 題......続きを読む»

強い者が勝つ!それが二つの呪いを解いたエプスタイン・スタイル

【MLB 戦いの原理を求めて】

今回はLADサイドではなく、中立な戦いの原理から眺めた時、CHCがどう見えるかという記事です。 今から3~4年くらい前になるでしょうか。 BOSの攻撃・BABIPと防御・被BABIPについて取り上げていた記事がありました。パークファクターからするとフェンウエイにはグリーンモンスターがあるために特に二塁打を中心としたヒットの出やすくメジャーでも屈指のBABIPが高い球場です。サンプルをきちんと採......続きを読む»

カブスが呪いから解かれる時 チャレンジシステムの誤審か

【MLB 戦いの原理を求めて】

第四戦、2回裏のゴンザレス、ホーム寸前でタッチアウトと判定されてLADのチャレンジがありました。最初にプレーを目視した印象ではタイミングは完全にアウトというものでした。スロー映像を見ると多数の人にはセーフに見えたはずです。しかしベースにタッチしていたかが確認できなかったために判定は覆らず。第五戦、4回裏のケンドリック三盗もタッチアウトと判定されてLADのチャレンジがあり、最初にプレーを目視した印象で......続きを読む»

シーズン終了

【Go! Jays! Go!】

ALCSは思いのほかあっさりとした形で終戦。残念ながら1勝4敗とCLEに完敗。 強力打線に注目されがちなジェイズですが、今年は先発陣がチームの核でした。ALCSでもストローマンは4失点とイマイチだったものの、他の試合はきっちり先発がゲームを作り、緊迫感のある試合へ持っていくことができました。 しかし打線は沈黙でこのシリーズ2度目の零封負けと打線の不振が象徴される終戦となってしまいました。強力な相手......続きを読む»

  • ブログを作る - 新規ブログ開設
  • ブログを書く - ログイン画面へ

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

注目タグ

スポーツナビ最新コラム

rss