ジャンル別一覧:スポーツ医/心理学

身体運動を考えるにあたって;1:加齢に伴う身体の変化 (11)

【運動科楽からスポーツ再考!!】

<センテナリアンのことについて> 人生百年の時代を迎えるか? と言われるようになりました。 そして実際100歳以上のセンテナリアン の方々に関する研究が進んでいます。 元気に長生き(簡単に言うとそういうことです) のためには何が必要なのか? 主に3つの因子が考えられています。 それは、 食事/栄養、身体活動と 心の持ち方です。 (下図参照) 食事と栄養に関しては、 睡眠(も非常に大事......続きを読む»

「入部して1ヵ月と半分が…」増井葵です!

【『YOKOHAMA TKM』プレイヤーズブログ】

はじめまして! 今年、入部しました増井葵です。 まだ、入部して1ヵ月と半分しか過ぎていませんがたくさんの事を学び経験値を上げています。 最年少ということでまだ足りない部分も多いですがこれから頑張ります! そして、5月に、太陽生命ウィメンズセブンスシリーズがあります。 その大会に向けて日々の練習をチームで頑張ります。 応援よろしくお願いします。 by増井葵 ...続きを読む»

身体運動を考えるにあたって;1:加齢に伴う身体の変化 (10)

【運動科楽からスポーツ再考!!】

前回の歩行に関しての補足から〜 歩行速度が、 1m/秒〜0.8m/秒 すなわち、 60m/分〜48m/分ぐらいの速度で歩けていれば OKと述べました。 そうすると、 1丁(町)がおおよそ100mとすると、 1丁歩くのに約1分40秒〜2分程度 で歩けていれば、 よろしいでしょう、 ということになります。 さらに、 1日どのくらい歩いたらいいのか? に関しては昔から、 1万歩と言われてきましたが、......続きを読む»

身体運動を考えるにあたって;1:加齢に伴う身体の変化(9)

【運動科楽からスポーツ再考!!】

歩行速度の低下について書いてきましたが、 果たしてどのくらいの速度低下が問題になるのでしょう? 現在大方の意見では、 正常値が60m/分(〜80m/分くらい)とされています。  もちろん年齢などによって  数値は異なってきますが、  一応高齢者と言われる方が対象です;  また、意識するとしないとで異なりますが、  ここでは意識しない範囲の=普通に歩いている時  わざとゆっくりでも素早くでもない  ......続きを読む»

身体運動を考えるにあたって;1:加齢に伴う身体の変化(8)

【運動科楽からスポーツ再考!!】

 前回脚の長い人/短い人 といった他との比較の話を 交えてしまったので、 分かりづらい点があったかもしれません。  一つだけ確認するとすれば、 脚が比較的長い人と短い人が 同じ速度で歩いているとすれば、 脚が長い人は歩幅(あるいはストライド)で、 短い人はピッチ(ケイデンス)で 速度を稼いでいるだろうということです。 さて本題に入ります。 今回の話は、 あくまでその人個人の話として 捉えてくださ......続きを読む»

身体運動を考えるにあたって;1:加齢に伴う身体の変化(7)

【運動科楽からスポーツ再考!!】

 前回まで、 フレイルやサルコペニアなどについて 簡単にお話ししました。 さて、 今回は、サルコペニアに伴う3要件  握力の低下(=筋力低下を代表)  筋量の減少(筋力の低下にとどまらず、筋実質量も減少していること)  歩行速度の低下 の内の、「歩行速度の低下」 について述べたいと思います。 まず歩行についておさらいしておきましょう。 歩行の速度(スピード)を決める因子は何でしょうか?  歩幅......続きを読む»

元NPB球団トレーナーが伝授! 野球の現場で使えるコンディショニングセミナー2017

【ベースボールコミュニケーション 野球セミナーブログ】

野球の現場で働く指導者のためのトレーニングセミナー! 千葉ロッテ黄金時代にコンディショニングコーチとして活躍し、渡辺俊介選手の米球界挑戦時に専属トレーナーも務めた講師が、選手の潜在能力を発揮させるためのトレーニング術を伝授。選手をやる気にさせる声のかけ方や、トレーニングの効率を上げるメニュー作りなど、プロ野球の現場で培ってきた弘田流のメソッドを現場経験談を交え多数紹介。選手や指導者、保護者、トレー......続きを読む»

スイングプレーン◆とても残念なお話し

【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

スイングを知らない というのは悲しい。 リンクテキスト 勿論 悩めるアマチュアはそれを知りたいと模索しているし、 努力もしているけれど それを教える、それを仕事としている人が あまりにスイングについて、 ゴルフクラブのメカニズムについて、 当たり前の物理現象について知らな過ぎて 今、世の中に流布しているスイング論は まるで カルト宗教のようになっている。 その代表例が スイングプ......続きを読む»

プレイヤーズブログ~今日は、1年記念日です!

【『YOKOHAMA TKM』プレイヤーズブログ】

こんにちは。 春を感じる暖かさになりましたね。 いかがお過ごしでしょうか。 今回のブログ担当の服部早也香です。 ちょうど、1年前、2016年3月28日に私はYOKOHAMATKMに入部・合流させていただきました! 今日は、1年記念日です! 振り返ると、本当にあっという間の1年でした。 たくさんの経験をすることができました。 プレーをさせていただくだけではなく、ボランティ......続きを読む»

コーチングレポート~第3回全国女子ラグビーフットボール選手権大会 優勝!

【女子ラグビーチーム『YOKOHAMA TKM』コーチングレポート】

3月19日に行われました第3回全国女子ラグビーフットボール選手権大会に出場しました。 この大会は関東と関西の1~3位同士が戦う大会です。 YOKOHAMA TKMを含む合同チームTPAは関東大会で優勝することができたので日本一をかけた大事な試合となりました。 相手はセブンズで強豪の追手門大学と三重の企業チーム、パールズとの合同のVEERSというチームでした。 この大会に向けては合同練......続きを読む»

プレイヤーズブログ~日本一決定戦!!!

【『YOKOHAMA TKM』プレイヤーズブログ】

日本一決定戦!!! 19日(日)は日本一決定戦でした。 関西一位のVEELSとの対戦でした。 私達は合同チームでの出場で、いつもは敵のチームの選手と一緒になって練習してきました。最初はなかなかお互いのプレーやコミュニケーションが合わなかったりもしましたが、練習を重ねるたびにお互いの良いところなど分かってきて、一つのチームになれたと思います。 結果は関東大会から全勝で日本......続きを読む»

身体運動を考えるにあたって;1:加齢に伴う身体の変化(6)

【運動科楽からスポーツ再考!!】

前回は、 サルコペニアの定義について述べました。 握力の低下、 筋量の減少、 ないし歩行速度の低下 これらを認めるとき、 サルコペニアとしましょう、 ということです。 そして、 なぜ筋量の減少が起きるのか? それは、 使わないから? だから使えばいいのでしょう! と単純に考えていいのか? ということも提起しました。 まずは、 筋量の減少はどうして起きるのか? です。 骨は常に骨細胞の生......続きを読む»

プレイヤーズブログ~4月オープン「One for all横浜」の竣工式に参加。

【『YOKOHAMA TKM』プレイヤーズブログ】

こんにちは。鈴木育美です。 今年度も終わりに近づいています。 先週の日曜に4月からオープンされる『One for all横浜』の竣工式に参加してきました。 部歌とラグビーのパフォーマンスを披露して、とても盛り上がりました!! 横浜柏堤会の一員としてラグビー部の存在をより知っていただけるいい機会になりま した。 試合の活動は3/19(日)、日本一をかけて関西の1位と対戦出来る......続きを読む»

科学的に証明されたことでも取り扱いには気をつけよう

【Armar know Jack Bigwild】

2017年4月号の『日経サイエンス』に「運動のパラドックス なぜやせられないか」と題した記事があり、大変興味深く読みました。詳しくはこちら 最も面白いと思ったのは「運動をする人としない人では、1日の消費エネルギーがわずかに200kcalくらいしか違わない」という部分でした。 皆さん、どう思われます? 一般的な成人男性が1日に消費するエネルギーはだいたい2000~3000kcalです。(年齢、体......続きを読む»

身体運動を考えるにあたって;1:加齢に伴う身体の変化(5)

【運動科楽からスポーツ再考!!】

今回は、 「サルコペニア」についてです。 加齢に伴って、筋力が低下していくことは既に述べましたし、 これは容易に想像できることでもあります。 ではなぜ、ここで(わざわざ!?)「サルコペニア」という言葉が 注目されてきたのでしょう。 加齢に伴う筋力低下と一言で言っても、 前回記したように、 様々な原因に伴う活動量の低下自体が また筋力を低下させる要因になる、 という悪循環が存在しています。 動......続きを読む»

プレイヤーズブログ~関東大会 TPA優勝!!!

【『YOKOHAMA TKM』プレイヤーズブログ】

関東大会 TPA優勝!! いつも応援して頂き、ありがとうございます。 小磯雅子が今回ブログを担当させて頂きます。 2月26日(日)関東大会最終日を行ってきました。 対戦相手は龍ヶ崎GRACEです。 今回アルカスはチーム事情により不参加だったのでPHOENIXとTKMで合わせる必要がありましたが時間がなく、当日はミスも多く、何度もインゴール近くまで攻められました。 でも、......続きを読む»

【ボストン短期AT研修・小西君】研修レポート<11日目>

【ベースボールコミュニケーション スポーツトレーナー留学ブログ】

本日は 午後から実習でStoughton High School に向かいました。 怪我をした生徒のリハビリを見学した後、緊急時対応のシュミレーショントレーニングを行いました。今回はフットボール選手がフィールド上で倒れた場合に安全にヘルメットとショルダーパットを取り外し、気道を確保し搬送の準備をするというシナリオで、小西くんも実際にスタッフの一人として対応に加わりました。高校の限られた環境の中で搬......続きを読む»

【ボストン短期AT研修・小西君】研修レポート<10日目>

【ベースボールコミュニケーション スポーツトレーナー留学ブログ】

今日は上肢・体幹の授業に参加した後、NBAの試合を観戦! 今日の授業は、明日ある実技テストのための練習のみでしたが、小西くんも頭頸部のスペシャルテスト・可動域テストをしっかり練習。 頸部動脈の血流異常をチェックするVertebral Artery Test。このテストが陽性の場合、評価を中止し、適切な医療機関へ送ります。その症状が、「ATが対処できるものなのかどうかを判断し、適切な評価・治療......続きを読む»

【ボストン短期AT研修・小西君】研修レポート<9日目>

【ベースボールコミュニケーション スポーツトレーナー留学ブログ】

今日は実習がお休みで、授業2コマのみでした。 授業の合間には、プログラムディレクターのDr.Suanne、クリニカルコーディネーターのDr.Wiseのオフィスを訪問し教授側から見た日本人留学生の印象、今後のアメリカのアスレティックトレーニング教育のシステムの変化について質問をしました。今後数年後には全米のATプログラムは学部での教育から全面的に大学院での教育に移行するため、留学にあたっての留意事項......続きを読む»

身体運動を考えるにあたって;1:加齢に伴う身体の変化(4)

【運動科楽からスポーツ再考!!】

前回言及できなかった 「フレイル」について、 その定義から概念などを詳しく述べると キリがないので、 自分なりに凝縮して概観してみようと思います。 加齢に伴って進む脆弱性を示すこの言葉も、 幾つかの側面があります。 つまり、 身体的なものを指すだけではないということです。 それらは大まかに、 身体的なもの、精神・心理的(あるいいは認知的)なもの、 そして社会的なものがあり、 それぞれが関係性を持......続きを読む»

日常生活での基本動作再考:3−⑨(まとめ)

【運動科楽からスポーツ再考!!】

上にある物を取ったり洗濯物を干したりという動作 日常生活の中でこの動作を利用して、 姿勢やバランス能力並びに筋肉の使い方、関節の可動性などを 機能的に維持する機会とすることができるのではないかと 思います。 具体的には今までのまとめとして、 まず、 背中を丸めずに胸を張る姿勢をできるだけ保ち (肩甲骨を少し意識的に内側に寄せておくような感覚)、 膝と腰を曲げずに、 手が届かなければ 背筋を伸ばした......続きを読む»

コーチングレポート~関東大会 優勝!

【女子ラグビーチーム『YOKOHAMA TKM』コーチングレポート】

2月26日に行われました関東大会最終戦は私たちYOKOHAMA TKMはTPAという合同チームでGRACEと戦いました。 この試合に勝てば関東大会優勝が決まる大事な試合となりました。 3チーム合同のチーム編成ですが、この試合に限りARUKASさんが不在となりPHOENIXさんとの合同チームで臨みました。 メンバーがだいぶ変わり合わせる時間もほとんどありませんでしたが、その中でなん......続きを読む»

身体運動を考えるにあたって;1:加齢に伴う身体の変化(3)

【運動科楽からスポーツ再考!!】

前回の最後に書きましたが、 加齢という言葉は、年を重ねることなので、 老化という言葉とイコールでは必ずしもありません。 つまり、 人は誰しも生まれた瞬間から 加齢が始まると言うこともできます。 しかし、そう言っている私自身が 加齢=衰え、老化、老衰 などという言葉をついつい連想してしまい、 あまりポジティブなイメージを抱けない、 とも書きました。 きっとこれらの連想は当人の年齢に強く依存するの......続きを読む»

【ボストン短期AT研修・小西君】研修レポート<7日目>

【ベースボールコミュニケーション スポーツトレーナー留学ブログ】

本日は実習先のRoger Williams University でのレスリングのRegional Tournament 見学を朝から行いました。アメリカ東北部に位置するDivision3 の大学が集まり、3月に行われる全米トーナメントへの出場者を決める規模の大きな大会です。各大学からアスレティックトレーナーも集まり大会中の緊急事態、選手の健康管理についてコミュニケーションを図りながら運営していく様......続きを読む»

【ボストン短期AT研修・小西君】研修レポート<6日目>

【ベースボールコミュニケーション スポーツトレーナー留学ブログ】

今日は、土曜日で実習が休みということで、Physical Educationの短期留学プログラムに来ている東京学芸大教育学部生徒さんたちのツアーに同行させてもらいました。ジョン万次郎の記念館や、クジラのミュージアム、そして実習先の一つでもあるブラウン大学を回り、 最後はPhysical EducationのプログラムディレクターのDr. Richardsonの家でホームパーティーに参加しました......続きを読む»

【ボストン短期AT研修・小西君】研修レポート<5日目>

【ベースボールコミュニケーション スポーツトレーナー留学ブログ】

今日は、朝8時から授業2コマ、The Micheli Centerの施設見学、BB&N Schoolでの実習見学と少し忙しい日になりました。 今日の授業は、 1. General Medical Conditions 2. Management of Upper Extremity and Torso Conditions です。 1の授業では、クラスメートの内科疾患に関す......続きを読む»

【ボストン短期AT研修・小西君】研修レポート<4日目>

【ベースボールコミュニケーション スポーツトレーナー留学ブログ】

今日は上肢の傷害評価の授業でした。頚椎損傷のマネジメントの実習としてスパインボードへの固定の練習を行いました。 患者へのダメージを最小限にして安全に搬送するために必要な技術を実際に体験して現場に応用できるものを学ぶことができました。 実習では男子ラクロスチームの練習帯同を経験しました、コンタクトスポーツで危険度も高い男子ラクロスでは毎練習にアスレティックトレーナーが帯同することがNCAA......続きを読む»

身体運動を考えるにあたって;1:加齢に伴う身体の変化(2)

【運動科楽からスポーツ再考!!】

華麗いや加齢(aging)、 実はあまり使いたくないなぁと感じる言葉ではあります。 客観的に年を重ねることを示す便利な言葉で、 当然学術的を含め一般的に理解できる言葉としては とても重要な用語です。 また、 自分の身体のコンディション不足を話すときも、 とても便利な言葉でもあります。 まぁ謂わば言い訳?的に使えるということです。 そんなこともあって、 やや心苦しい感じをこの言葉に感じるこの頃で......続きを読む»

【ボストン短期AT研修・小西君】研修レポート<1日目>

【ベースボールコミュニケーション スポーツトレーナー留学ブログ】

2017年から弊社が新しくスタート致しましたアスレティックトレーナー短期研修に現在、プログラム最初の参加者となる小西君が現地で研修をスタートしています。 今後、活動レポートを通してアスレティックトレーナー短期研修の様子をお伝えします。現地ブリッジウォーター州立大学の大学院で学んでいる小谷氏と向地氏、ブリッジウォーター州立大学大学院の全面協力を得て日々行われる授業と現場実習で活動していきます。 <......続きを読む»

【セミナー情報】NATAカリキュラムを日本語で解読! 傷害評価集中アカデミーの募集開始

【ベースボールコミュニケーション スポーツトレーナー留学ブログ】

本場アメリカのカリキュラムを日本で! アスレティックトレーニングの本場アメリカのNATA公認校に組み込まれている傷害評価のカリキュラムを日本語に解読し、公認資格を持った講師が全5回に渡り分かりやすく指導するアカデミー。日体協の資格取得や留学前の準備、また現場に携わるトレーナーや医療従事者の方へのブラッシュアップとしておすすめのセミナーです。 ・受講日時     2017年4月1日(土)~5月20......続きを読む»

日米プロ球団トレーナーが伝授! 野球選手の為のコンディショニングセミナー2017

【ベースボールコミュニケーション 野球セミナーブログ】

日米プロ球団トレーナーが伝授! MLBダイヤモンドバックスやDeNAベイスターズで活躍した武井トレーナーが、野球選手に必要なコンディショニングトレーニングをわかりやすく指導します。プロ野球選手が実践するコンディショニングメニューや怪我から復帰までの調整方法など、日米両国のプロ球団に所属した武井トレーナーだからこそ実現した貴重なセミナー。選手や指導者、保護者、トレーナーには必見です! ・開催日時 ......続きを読む»

現場レベルの英語をマスター! バイリンガルコーチ&トレーナー育成講座2017の募集開始

【ベースボールコミュニケーション 野球セミナーブログ】

現場レベルの英語をマスター! 外国人指導者や英語圏出身のアスリートが増えてきた現代の日本スポーツ界において、コーチやトレーナーも英語が話せて当然の世の中になりつつあります。英語力が乏しいが故に、外国人選手に適切な対応が取れない、指揮官に対して日本語のように英語で気持ちを伝えることができない、などの悩みを解決するべく、本場アメリカでトレーナー兼コーチとして活躍した講師が、実用性のあるコーチングやトレ......続きを読む»

日常生活での基本動作再考:3−⑧(腕の挙上)

【運動科楽からスポーツ再考!!】

<腕の挙上〜肩甲骨の動き> みなさん、 わざと極端に背中を丸めてみてください。 (いわゆる猫背姿勢) その姿勢のまま目一杯(肩を傷めると困るのでゆっくりと) 腕を上げてみてください(ばんざーい)。 思ったより挙がらない(あるいは肩が少し窮屈で痛いかな?) と感じないでしょうか。 ではそこからゆっくりと背筋を伸ばしてみてください。 どうでしょうか? さっきよりも腕は上に挙がっていませんか? ......続きを読む»

コーチングレポート~関東大会の第2戦は日体大戦でした!

【女子ラグビーチーム『YOKOHAMA TKM』コーチングレポート】

関東大会第二戦は日体大との戦いでした。 数日前の練習から強風が続いており、ミスで何もできずに焦る→更にミスという負のスパイラルにハマり不穏な空気のTKMでしたが・・・ 当日もわりと強風。笑 とにかくボールを大事にする事、DFではワンラインで我慢をすることを目標に挑みました。 予想通り簡単な試合ではなく、とりたい形でのトライはなかなかとらせてもらえず緊迫した戦いとなりました。 しか......続きを読む»

日常生活での基本動作再考:3−⑦

【運動科楽からスポーツ再考!!】

<腕の挙上ー肩関節> 腕を目一杯挙げると 理論上は180度になります。 (下図参照) もちろん様々な理由で ここまでは挙がらない方も多くいると思います。 特に歳をとると腕も挙げづらくなってきます。 これにも様々な理由があるのですが、 これはまた後ほど。 さて、 肩関節と一言で言っても、 多くの部位と構造物からなることは以前述べました。 特に、 背中にある左右の肩甲骨は重要な役割を果たして......続きを読む»

プレイヤーズブログ~Happy Birthday

【『YOKOHAMA TKM』プレイヤーズブログ】

こんにちは!今回のブログは熊添亜美が担当致します。 2017年ももう2月が終わろうとしていますね! 早いですねー! 実は、TKMには2月誕生日の人が多いのです。 2月は4人の選手がお誕生日でした!パチパチ~ 誕生日はみんなでお祝いをします!そして、必ずプレゼントを贈ります! プレゼントを選ぶ人は、みんなの中から1人決まっているのですが、誰から渡されるかは誕生日の人は当日まで分かりま......続きを読む»

アメリカ大学のスポーツ保険制度

【スポーツマネジメントクラブ - Sports Management Club】

アメリカ大学の学生選手が安全に競技を行うために欠かせない物の一つとしてスポーツ保険があります。以前「保険料とスポーツ」や「スポーツと保険のセットはいかが?」でも取り上げましたが、NCAAに加盟するにあたり各大学では①選手個人保険を持つ事、②各大学でスポーツ保険を持つ事の2つを義務図けています。ただ、首の怪我など後遺症が残る物に関しては①②でカバーしきれないので、NCAA独自に保険制度があります。それ......続きを読む»

プレイヤーズブログ~関東大会 第2日目!ヴェロニカです。

【『YOKOHAMA TKM』プレイヤーズブログ】

皆さま、いつもYOKOHAMA TKMの応援ありがとうございます、ヴェロニカです。 先日2月12日熊谷ラグビー場で関東大会の2日目がありました。私達TKMはフェニックスとアルカスと合同チームとして試合をしています。 1試合目はwarriors 合同チームに95-5で勝ちました。12日に日体大と試合しました。とても強い風の中に3チーム力を合わせて27-7で勝つことができました! ......続きを読む»

日常生活での基本動作再考:3−⑥

【運動科楽からスポーツ再考!!】

さて、 今回からは、 腕の挙上についてのお話です。 高いところにある物を取る、 あるいは、 洗濯物を上に干すなどの動作の時に 腕を上げますが、 これは主に肩関節で行われる動きです。 一口に肩関節と言っても、 実は結構複雑な機構を持っています。 一般的には(狭義の意味での)肩関節というと、 肩甲骨と上腕骨(二の腕の骨)との関節を指しますが、 広い意味で(広義の肩関節)は、 これらの骨以外に、 鎖......続きを読む»

日常生活での基本動作再考:3−⑤

【運動科楽からスポーツ再考!!】

前回、 首の動きが制限されている場合を考えましたが、 実際には、 首の骨は7つあり、 どこで制限されるか? などという問題があったり、 また、 首の骨(頸椎)だけが制限されるというよりは 背骨(脊柱)全体に動きの制限が生じてくる場合も (特に加齢に伴う場合は) あると考えられます。 詳しくなるとこれだけで幾シリーズにもなりそうなので、 今回は簡単に述べますが、 背中の骨(胸椎)ないし腰の骨(腰椎......続きを読む»

日常生活での基本動作再考:3−④

【運動科楽からスポーツ再考!!】

上を見上げる動き 主に頸椎での動き これらを考えるとき正確に記そうとすると、 解剖学的な知識が必要になってきますが、 ここではまずは大雑把に、 イメージしてください。 頸椎(首)が十分伸展し、 上を見上げることに苦労しない場合と、 少し頸椎の動きが制限されている場合を 考えてみます。 下図をご覧ください。 左側が首の伸展が容易な場合、 視線は自由に上に向けることができます。 一方右側は、......続きを読む»

「コーチングレポート~女子15人制ラグビーの関東大会が始まりました」

【女子ラグビーチーム『YOKOHAMA TKM』コーチングレポート】

だいぶ更新が空いてしまいまして、気づけば新年のもう2月。 また今年も出来る限り更新していきますのでよろしくお願いします。 さて、今年度は異例で15人制ラグビーの関東大会が1月から始まりました。 YOKOHAMA TKMは、東京PHOENIXさん、ARUKAS QUEEN KUMAGAYAさんとTPAというチームでの参戦です。 なかなか一緒に練習することができず苦戦しておりますが、......続きを読む»

日常生活での基本動作再考:3−③

【運動科楽からスポーツ再考!!】

背伸びをして、 高い所の物を取る、 あるいは、 洗濯物を干す/取り込む 動作を考えてみます。 まず物に視線を向けるため、 頭/首を反らします。 このとき頸椎 という7つの骨が伸展方向に動きます。 あごが少し上に上がり 視線は上の物を見ます。 しかし、 この動作時、 身体全体が反り返る、 場合によっては膝が少し曲がり お腹が前に突き出される、 という動きが優先される場合、 頸椎の伸展方向(反り返......続きを読む»

日常生活での基本動作再考:3−②

【運動科楽からスポーツ再考!!】

さて、 背伸びの話の続きです。 いきなりですが 果たして、 背伸びの正しい形?というものがあるでしょうか? 特に定義はされていません(と思います)が、 ここでは、 背伸び=爪先立ち とし、かつ、 足首(足関節)がグラグラしない状態で踵を上げ、 爪先のみ接地で体重を安定して支え、 その姿勢を保持できる(何秒?10数秒くらいか) としてみましょう。 さらに、踵を上げる途中や、 逆に下げていく途中......続きを読む»

日常生活での基本動作再考:3

【運動科楽からスポーツ再考!!】

日常生活の動作と言っても様々ですが、 今回は、 例えば、 高いところにあるものを撮ったり(収めたり)、 洗濯物を高いところに干したり(取り込んだり)、 するときを考えてみましょう。 これらの動作は、 幾つかの動作が複合されています。 つまり幾つかの動作に分解できるわけです。 どういう動作に分解できるでしょうか? 上を向くのだから、 首を伸ばす(伸展する)、 それに、 高いとろなので、 場合......続きを読む»

プレイヤーズブログ~寒い日が続いていますが、いかがお過ごしですか

【『YOKOHAMA TKM』プレイヤーズブログ】

寒い日が続いていますが、いかがお過ごしですか? 今回担当します、伊藤瑞萌です。 いよいよ関東大会が来週に迫ってきました。自分たちTKMは Phoenixさん、アルカスさんと合同のTPAとして試合に望みます!初戦の相手はウォリアーズです! 関東大会が迫ってるとありまして、この間TKMの練習では80分フィットネスをやりました! 1周走やミニゲームなど試合よりもハードに動き、とても疲れまし......続きを読む»

プレイヤーズブログ~寒いのが苦手な青柳双葉です。

【『YOKOHAMA TKM』プレイヤーズブログ】

こんにちは、寒いのが苦手な青柳双葉です🌱 一周回ってきました!笑 1月9日は成人の日ということで… 新成人の皆様おめでとうございました!! TKMからは廣田美弥が新成人です☆ おめでとう!! (誕生日が2月なのでまだ19歳ですが…。笑) 四年前の私の成人式の日も寒くて 東京で大雪が降り、積もっていました! しかし、寒いのが苦手な私でも 極寒の中ではありましたが 久々に会う友人とたくさん交......続きを読む»

プレイヤーズブログ~母校東海大を応援に!

【『YOKOHAMA TKM』プレイヤーズブログ】

この休日もラグビーばっかり!でした。 1月8日はYOKOHAMA TKMからも多くの選手が出場した女子三地域対抗試合とトップリーグ【リコー対サニックス】を、9日は母校東海大学を応援しに大学選手権決勝【東海対帝京】を、この2日で3試合を観戦してきました。 三地域対抗は、関東代表TKM鈴木美緒のトライで先制!見ていて気持ちのいいトライでした。後半途中から左ウィングにTKM平野恵里子が入り、関西......続きを読む»

錦織圭、やはり懸念された体力的問題とは?!

【ベトナムよりテニス愛を込めて!】

新年おめでとうございます。 日本ではそうですが、ここベトナムでは旧正月が本当の正月になります。 本題に入る前に、普段ならブログは一週間を目安にして再度目を通すことは無いのですが、 昨夜「前のブログをもう一度見ろ!」という内なる声がして開いたら、真摯なコメントが2件あり 返信させて頂きます。 EXO Pen様 誠にありがとうございました。 >これからも記事を楽しみにしています!  涙が出るほど嬉し......続きを読む»

プレイヤーズブログ~あけましておめでとうございます!

【『YOKOHAMA TKM』プレイヤーズブログ】

2017年が始まりました! 三村亜生です。 YOKOHAMA TKMはお陰様で創部5周年を迎え、沢山の方々に支えていただきながら、大変中身の濃い1年を過ごすことが出来ました。 個人的には昨年、15人制のWorld Cup予選に出場し、World Cupのチケットを獲得することが出来ました。チーム、職場、家族、親戚、友人、昔のバスケット仲間や、長く連絡とれていなくても私に関わりを持......続きを読む»

プレイヤーズブログ~大阪で試合をして来ました!

【『YOKOHAMA TKM』プレイヤーズブログ】

『大阪で試合して来ました!』 こんにちは!TKMの藤本です。 みなさん今年はどんなクリスマスを過ごしました? 私は関東代表として大阪のキンチョースタジアムで関西・九州代表と試合をして来ました。 試合結果はこちらです。        (女子三地域対抗試合「関東代表vs関西・九州代表」戦にて) 練習時間も少なく、色々なチームが集まって試合をするので上手くいかないところはありましたが最後勝利するこ......続きを読む»

オフの過ごし方が選手の価値を高めると認識するべし

【Armar know Jack Bigwild】

2016年、平成28年もあと数日で終わろうとしています。 スポーツでは、ウインタースポーツは真っ盛りですし、ウインタースポーツと言わなくても、年末年始に合わせてビッグイベントもあったりしますので、忙しい種目もあれば、すっかりシーズンオフでの~んびりという種目もあります。 シーズンオフは、若手であれば身体を作り、苦手を克服することによってレベルの向上を図るチャンスです。ベテランにとっては、次のシー......続きを読む»

プレーヤーズブログ~新 しいことに挑戦の毎日です。

【『YOKOHAMA TKM』プレイヤーズブログ】

お久しぶりです! 廣田美弥です! 皆様、寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか? 体調管理にはお気をつけてください。 私事ですが、今年の9月、医事課から異動をして施設課で働かせていただいています! 医事課ではたくさんの方々とお仕事をさせていただいていました。 なにもわからない私を約一年半、指導していただきありがとうございました。 今施設課では今まで勉強してきた事が......続きを読む»

プレイヤーズブログ~寒くなってきました。

【『YOKOHAMA TKM』プレイヤーズブログ】

「寒くなってきました」 皆様体調はいかがですか。 平野恵里子です。 気がつけば12月になり、1年が終わろうとしています。 皆様はどのような1年だったでしょうか。 私は、膝の怪我から復帰し、1年間もラグビーをすることができました。 目標だったリオオリンピック(7人制)には、1ミリも届きませんでした。 しかし、アジアチャンピオンシップ(15人制)のメンバーに選ばれることができ、初めて......続きを読む»

使うべきは色眼鏡よりも洞察力

【Armar know Jack Bigwild】

武幸四郎騎手が引退して調教師になるそうですね。今後の活躍を期待したいと思います。 私が競馬を見る理由の一つは、調教師のコーチングに興味があるからだと何度か書いておりますが、騎手から調教師になった人とそうでない人の活躍ぶりの違いにも興味がありますので、今後、武幸四郎調教師の動向に注目していこうと思います。 スポーツでは「良いプレーヤーが、必ずしも良いコーチになるとは限らない」ということがいろいろな......続きを読む»

プレーヤーズブログ~今年度からYOKOHAMA TKMに!

【『YOKOHAMA TKM』プレイヤーズブログ】

初めまして! 今年度からYOKOHAMA TKMに入りました、濵辺 梨帆です。 3月末に福岡県から引っ越してきて9ヶ月が経ちました。 引っ越してきて驚いたことがいくつかあります。 1番驚いたのが食べ物の味の違いです。 醤油の味が違うことは有名ですが、納豆を食べた時にタレの味が違うことにとても驚きました!九州の納豆のタレは甘くて美味しいです。 九州の食べ物は甘い味付けが多いのだと知......続きを読む»

運動≒健康を実感した瞬間

【日本のスポーツを元気に!!!】

今回はほぼ単純な身の上話ですが、お時間のある方は少々お付き合い頂ければと思います。身体に起きる変化について少し敏感になれば誰でも実感することではあるんですが、忙しい人も多い上に、やることの選択肢がいくらでもある現代社会では、意外と見落としたり、普段はほとんど意識しなかったりすることかとは思いますので。お読みになった方の中で、運動やスポーツにもう少し時間を費やそうとする人が一人でも増えたら嬉しい限りで......続きを読む»

プレイヤーズブログ~イベントが盛りだくさんの1週間でした!

【『YOKOHAMA TKM』プレイヤーズブログ】

はじめまして。 YOKOHAMA TKMの服部早也香です。 今年初の雪が降ったりと急に寒くなりましたね。 体調管理にはより一層気をつけなければと思う今日この頃です。 さて、先週はイベントが盛りだくさんの1週間でした! 11月23日、『エキシビジョンマッチ』 TPAとして初めての試合となりました。 関東大会までに3チームのコミュニケーションをもっと深めていきたいと思います! ......続きを読む»

プレイヤーズブログ~餅つきをしました!

【『YOKOHAMA TKM』プレイヤーズブログ】

こんにちは!YOKOHAMA TKMの鈴木美緒です。 餅つきをしました! 先日デイサービス泉で餅つきをするという事で、TKMの選手数名でお手伝いに行きました! 外で餅米を蒸して初めは機械で練るのですが、最後の仕上げは米の粒がなくなるまでみんなでお餅をつきます!普段トレーニングをしている私達ですが、杵はなかなか重くて大変でしたが、利用者さん達の応援もあり交代しながらたくさんのお餅をつく......続きを読む»

プレイヤーズブログ~感謝!!!

【『YOKOHAMA TKM』プレイヤーズブログ】

暑い日が続いてると思っていたら、急に寒くなったので急いで冬服の準備をしました。 皆さんも体調管理にはお気をつけ下さい。 小磯雅子です。 実は私、4月の試合中にアキレス腱を切ってしまい、最近やっと復帰することができました。 突然だったので頭の中が真っ白になりました。 今まで普通の生活でできた事ができなくなり、不自由な事に悔しくて嫌になる時もありました。 でも、いつも優しい心遣いを......続きを読む»

プレイヤーズブログ~初めまして!

【『YOKOHAMA TKM』プレイヤーズブログ】

こんにちは。 初めてプレイヤーズブログを書きます、YOKOHAMA TKMの熊添亜美です。 私は、今年2月の終わりに入部致しました。 6月にオペをし、その後も怪我が続いて、思うようにラグビーを出来ていませんが、1日でも早く復帰し、チームの力となれるよう頑張ります。 この間、10月25日にダイバーシティ推進活動のパートナーである、ウェルチェアーラグビーチーム横濱義塾さんの練習に参加させて頂......続きを読む»

プレイヤーズブログ~YOKOHAMA TKM のヴェロニカ です。

【『YOKOHAMA TKM』プレイヤーズブログ】

こんにちは!YOKOHAMA TKM のヴェロニカ です。 いつも応援ありがとうございます。 今回のブログは10月16日に行われたTMG運動会について話をしたいと思います。 イタリアには運動会がないので、とても楽しみにしていました。 朝早くから午後まで、一日中仕事の仲間と上司と一緒にとても賑やかな日でした。 私は応援しか出来なかったけど、YOKOHAMA TKM の三村と浜辺は1500......続きを読む»

プレイヤーズブログ~もうすぐTKMに入部して1年!

【『YOKOHAMA TKM』プレイヤーズブログ】

お久しぶりです! もうすぐでTKMに入部してから1年がたとうとしています。伊藤瑞萌です。 今週はたくさん行事があり、土曜日は関東練習会でした。graceさんのグラウンドを借り、午前中はユニット。午後はゲームをしました。 FWはスクラムをたくさん組み、BKはトライを取りきるところと1次のサインの練習をしました。 普段DFがいてのサインの練習などが、出来ないのでとてもよかったです。 ......続きを読む»

~リハビリの天井~ 義肢装具サポートセンター・レポート③

【チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)】

義肢装具サポートセンターに訪れる患者は明確なゴールを持っている人が多い、と梅澤氏は語り、その理由として「仕事や日常生活をする上で、耐えうる状況を(第三者が)作ってくれなかったから」と語った。 義肢装具に対する医師の知識不足、技術の地域格差、義肢装具に関わる医療従事者の人員不足等の理由から孤立してしまった患者たちが、インターネットやTV・新聞を通じて当施設を訪れるそうだ。 また、一般的な病院では......続きを読む»

~義足で『走る』こと~義肢装具サポートセンター・レポート②

【チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)】

前章では義足で「歩く」動作について着目したが、「走る」動作はどうなのか。 現在、義足は各部品を独立した部品で組み立てる「骨格構造」が主流であり、下腿義足(膝部で切断した人が付ける義足)の場合、断端部を収納するソケット、機能パーツである足部、それらをつなぎ長さを調整するパーツで構成される。 さらに大腿義足(大腿骨で切断した人が付ける義足)の場合は、ソケットと足部の間に膝継手パーツが追加される。 ......続きを読む»

義肢装具サポートセンター・レポート①

【チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)】

東京都荒川区の南千住駅からほど近い場所に“義肢装具のメッカ”がある。 公益財団法人鉄道弘済会義肢装具サポートセンターだ。 義肢装具サポートセンターは、1969年に「東京身体障害者福祉センター」として発足した、義肢装具の製作から義肢装着訓練まで、一貫した諸サービスを提供する民間における国内で唯一の総合的なリハビリテーション施設である。 施設に訪れる患者の経緯は、交通事故や労災事故などの外傷、動脈......続きを読む»

今に生きる

【no title】

自分は一番大好きなサッカーで思い通りの結果を残せたことがない。 高校の選手権では目標としていた舞台にあと一勝というところで負け、 大学でも昇格にあと一歩というところで負けた。 大学の最後の年は昇格どころか降格しそうな状況だった。 今振り返ってみると 選手権の最後の試合や昇格を決める試合、 選手兼監督を務めた大学の最後のシーズンは 自分の中で「必要以上に特別な」位置付けになっていたのではないかと......続きを読む»

プレイヤーズブログ~本日から再スタート!!

【『YOKOHAMA TKM』プレイヤーズブログ】

こんにちは! お久しぶりです! 本日からプレイヤーズブログの再スタートです! チームの皆で交代して更新していきますので よろしくお願い致します! そんな再スタートのトップバッターを 努めさせていただきますのは YOKOHAMA TKM 2年目の青柳双葉です! よろしくお願い致します!🌱 先月のことでございますが 9月18日(日)、19日(月)に 長野県の菅平高原で、15人制の大会である ......続きを読む»

リハビリのコツ②〜神経系を再構築する〜

【サッカーと心身の使い方】

   先日の野球の松坂大輔選手の1軍登板は残念な結果に終わりました。 そして、サッカーの内田篤人選手。検査の結果では良い方向に向かっているようですが、復帰までに長い時間が掛かっています。 さて、長年、本格的に競技を続けてきた人達が故障したり、スランプに陥った後に復帰するのは大変だと思います。この記事では、リハビリの際に障害になる緊張パターンについてと、神経系を再構築する方法について書いていきたい......続きを読む»

日常生活での基本動作再考:2.起き上がり/立ち上がり(10);立ち上がり❽;椅子からの立ち上がり⑥

【運動科楽からスポーツ再考!!】

<同じ高さの椅子からでも足の置く位置によって立ちやすさは全然違う!?> 同じ高さから立つときでも、 足をどこに置くかによって、 立ち上がる動作の困難さは全く異なります。 これも重心の移動という仕事を考えていくと 理由は簡単にわかります。 少しゴチャゴチャして分かりにくいかもしれませんが、 下図をみてください。 椅子になるべく近く 足を置いた(薄い青の色の人)場合、 立ち上がった時の重心の位......続きを読む»

日常生活での基本動作最考:1.歩くということ(11);補遺

【運動科楽からスポーツ再考!!】

「地面を蹴る」とは? 何を意味しているのでしょうか。 正確に述べれば、 足を地面に置いて 体重(荷重)をかけ、 地面からの反力(地面反力)を受けて、 前に進みながら、 足を前に振り出すこと、 となるでしょう。 しかし、 蹴るというと一般的には、 「ボールを蹴る」 (格闘技などで)「相手を蹴る」 という動きを想像するのではないでしょうか。 ですから、 「蹴り出す/蹴り上げる」という言葉で表すと......続きを読む»

日常生活での基本動作最考:1.歩くということ(10);踏み込み/踏み切り

【運動科楽からスポーツ再考!!】

歩くことについての特別稿(考)です。 以前にも書いたように、 足を前に出す時に使われる言葉 「蹴り出し/蹴り上げ」 に違和感を感じています。 ここはやはり!? 「踏み込み」ないし「踏み切り」でしょう。 何を言いたいか略図 (あくまで簡略図なので力の方向と大きさなどは正確ではありません)で 説明してみます。 まず下図をご覧ください。 確かに、 力学的にその瞬間を静止画で見ると力の方向からも......続きを読む»

日常生活での基本動作再考:2.起き上がり/立ち上がり(9);立ち上がり❼;椅子からの立ち上がり⑤

【運動科楽からスポーツ再考!!】

<椅子の高さの違い> 椅子の高さによって、 必要とされる(力学的)エネルギーは 異なってきます。 当然、 より低い椅子(高さ)から 立ち上がる方が、 より困難になり、 かつ、 膝や股関節回りのモーメントも 大きくなります。 こういったことは、 直感的に理解できるでしょうし、 日々体験することも可能でしょう。 低いところから立つ方が、 思わず、 「よっこらしょ!」 と(歳に関係なく!?) 掛け......続きを読む»

「YOKOHAMA TKM ピンクリボンカップ」開催!

【女子ラグビーチーム『YOKOHAMA TKM』コーチングレポート】

今年も菅平で行われました「YOKOHAMA TKM ピンクリボンカップ」に出場いたしました。 まず、ピンクリボン運動を通じてラグビーの大会ができたことをとても嬉しく思います。 関係者の皆様に深く感謝申し上げます。ありがとうございました。 TKMは14日の夕方に菅平入りをし、木金で4部練、3部練をし、ピンクリボン講習に臨みました。 ピンクリボン講習は豪華コーチ陣にポジションごとに教えてもらい......続きを読む»

日常生活での基本動作再考:2.起き上がり/立ち上がり(8);立ち上がり❻;椅子からの立ち上がり④

【運動科楽からスポーツ再考!!】

<椅子から立ち上がる時、 股関節と膝関節は伸びていく> 当たり前のことなのですが、 椅子から立ち上がる時、 重力に逆らって関節は動きます。 この場合、 股関節も膝関節も、 重力の力で曲がろうとする回転力(モーメント)が 働いており、 それ以上の逆向きの回転力(モーメント)によって、 立ち上がることが可能になります。 重力が働く中心部分(重心)と関節との位置関係により、 働く関節モーメントの向き......続きを読む»

日常生活での基本動作再考:2.起き上がり/立ち上がり(6);立ち上がり❹;椅子からの立ち上がり②

【運動科楽からスポーツ再考!!】

椅子から立ち上がる際、 重心が前上方に移動することを 述べました。 そしてその移動に関わる 関節の周りに働くモーメント(回転力) に関して言及する前に、 もう少し、 重心の移動と それに伴う 身体の動きについて 考えてみましょう。 下図をご覧ください。 重心の移動を横から(矢状面;しじょうめん;と言います) 眺めると、 重心は足の方に、 つまり前の方に移動していきます/ 移動していく必要が......続きを読む»

日常生活での基本動作再考:2.起き上がり/立ち上がり(5);立ち上がり❸;椅子からの立ち上がり①

【運動科楽からスポーツ再考!!】

ごくごく日常的な動作の一つである、 椅子から立ち上がり動作を 少し考えていきます。 まず椅子に座っているところから、 立った状態(立位)になるまでの、 ⅰ. 重心の移動(位置の変化) ⅱ. 関節周りのモーメントのこと ⅲ. 立ち上がり方の違いによる、各関節にかかるモーメントの違い ⅳ. 環境や状況の違いによる、立ち上がり動作の違い/変化 などについて、 何回かに分けて述べてみたいと思います。......続きを読む»

身体運動を考えるにあたって;1:加齢に伴う身体の変化(1)

【運動科楽からスポーツ再考!!】

前回、 いつも日常生活で動いているのに (さらに)運動は必要なのか? に対して、 “Yes”と答えました。 しかし、 “Why?” にはまだ答えていませんでした。 そこでこれから訥々と お話ししたいと思います。 以前、 人を自動車に例えて 説明をしました。 今回もそれに倣ってみます。 人が年を取っていくと(加齢)、 色々な機能が衰えてきます(後述)。 車でもそうですね。 長年走っていると......続きを読む»

【文献情報2】n-3系脂肪酸の摂取と靭帯治癒との関係

【野球選手のためのスポーツ栄養・食事学】

Omega-3 fatty acids enhance ligament fibroblast collagen formation in association with changes in interleukin-6 production. (ω-3系脂肪酸は、IL-6生成の変化に付随して靭帯線維芽細胞のコラーゲン合成を促進する) 【目的】 n-3系およびn-6系脂肪酸の摂取バランスの改善は......続きを読む»

身体運動と認知・心理・環境との関係⑵:ヴァーチャルな体験とは?(VR/AR/MR)❷

【運動科楽からスポーツ再考!!】

<そもそもヴァーチャル!?って何だろう> 今回は実際的な応用の話をする前に、 少し遡って、 言葉の定義から始めたいと思います。 ヴァーチャルという言葉、 日本では仮想的と訳されていますが、 前回のこのシリーズでご紹介した著書 「VRビジネスの衝撃」 (新 清士・著,NHK出版新書,2016.) によると、 そもそも “ヴァーチャル”の意味が、 日本では少し実態と異なる形で 伝わっているような......続きを読む»

自分のモノサシもってますか?

【サッカーと心身の使い方】

 先日、音楽をやっている高校生がレッスンを受けにきてくれました。 彼曰く「先生の指示に従っていたら身体に違和感が出てきて、、、、そこで、ネットや本を調べてアレクサンダー・テクニークを見つけて受けてみようと思って来たんです。」とのことでした。  今は調べようと思えばいくらでも情報を手に入れられる時代になったので、高校生であっても自分で問題意識を持って動けば必要なものを手に入れやすくなりましたね。 ......続きを読む»

日常生活での基本動作再考:2. 起き上がり/立ち上がり (4);立ち上がり❷;床からの立ち上がり

【運動科楽からスポーツ再考!!】

前回、 立ち上がり動作についてお話ししました。 椅子からと床からでは、 床からの立ち上がり動作の方が より大きな仕事を要求されるので、 身体にかかる負担も「全体としては」 大きいことを述べました。 なぜ、全体としてはを 「」で括ったかと言いますと、 立ち上がり方の違いによって、 加わる負担の部位が異なってくるからです。 今回は、 床からの立ち上がり方の違いによる、 負担のかかる部位の違いについ......続きを読む»

身体運動を考えるにあたって;序

【運動科楽からスポーツ再考!!】

そもそも、 人は運動をする必要があるのでしょうか? この疑問には説明が必要です。 人が生活している以上、 何らかの動きを必要とします。 ですからそもそも運動は必要とか必要でないと論ずる以前に、 すでに運動している存在だということです。 最初に挙げた疑問はそうではなくて、 生活をしている中で “さらに”というか“余分に?” 運動をする必要はあるのか? という疑問です。 生活に運動が伴うなら......続きを読む»

かつて抱いた「オリンピックで金メダル!」という夢

【Armar know Jack Bigwild】

「あきらめなければ夢は叶う」 という言葉を聞くことがあります。オリンピック・パラリンピックの影響か、この時期、何度か耳にすることがありました。 子供たちをはじめとする聞く人を励まそうとして言われることが多いようです。 私なんかは子供の頃からひねっくれてますから、「へえ。じゃあ、スーパーマンみたいに空を飛ぶって夢も叶うんかい」って腹の底からツッコミを入れていたことでしょう。 「あきらめなければ夢が......続きを読む»

指導者の褒め方が人間を変える

【長田渚左の「考え中」】

 五輪のお宝グッズを大量に保管展示している東京・秩父宮記念スポーツ博物館が、豊島区役所で出張展示をしているというので見学に行った。  1964年の東京五輪の有名なポスターや、入場券、開会式で選手団が着用した公式ブレザーや、実際に選手が履いたシューズなど、郷愁漂う品が並べられていた。  その脇でトークショーが行われた。豊島区在住の中央大学教授で、水泳部監督でもある高橋雄介氏が登壇し、リオ五輪男子競泳の......続きを読む»

【文献情報1】n-3系脂肪酸による創傷治癒の促進に関する研究

【野球選手のためのスポーツ栄養・食事学】

## 目的 本研究では、n-3系脂肪酸の創傷治癒に及ぼす影響について明らかにするとともに、創傷治癒を促進する因子を同定することを目的とした。 ## 方法 皮膚全層に創傷を負った4週齢のWister系♂ラットを用い、実験食ごとに3群に分けた(n-3食群、n-3/n-6混合食群、n-6食群)。創傷範囲の変化、創傷治癒に要した期間、創傷治癒前後の血中サイトカイン・血中ヒドロキシプロリン・その他血液生......続きを読む»

身体運動と認知・心理・環境との関係⑵:ヴァーチャルな体験とは?(VR/AR/MR)

【運動科楽からスポーツ再考!!】

ヴァーチャルな映像を ヘッドマウント・ディスプレイ (という頭に被って見ることのできるディスプレイ) を被って見ている人の動きは、 はたから見ていると とても興味深いものです。 まるでそこに崖っぷちがあるようなすくみ方。 何かが飛んできて避ける仕草。 何かが現れ恐怖の雄叫びと大げさなリアクション。 <VR元年> VR(Virtual Reality);ヴァーチャル・リアリティーが 再び盛んです。......続きを読む»

マラカナン、呪縛からの解放 〜PK戦とゲーム理論〜

【運動科楽からスポーツ再考!!】

かつてサッカー日本代表監督を務めた オシム監督は、PK戦は見ないで 控え室に引っ込んでしまうことで有名だった。 最後まで見届けるべきという意見もあったが、 個人的にはその気持ちもよく理解できる。 サッカーの本戦とはまた別の戦いが、 そこにはあるからである。 <リベンジを果たしてマラカナンが歓喜に沸く> 2年前のW杯サッカーブラジル大会、 準決勝でドイツに1−7の屈辱的な大敗を喫したブラジル。 ......続きを読む»

身体運動と認知・心理・環境との関係 ⑴:平均台の恐怖

【運動科楽からスポーツ再考!!】

オリンピックもいよいよ後半戦。 体操はもう終わりましたね。 それにしても、 女子体操の平均台。 幅が約10cmだそうです。 よくそんな幅のところを、 歩くだけでも大変なのに、 ジャンプしたり回転したりできるものだなぁと いつも感心しています。 私たちが身体を動かす時、 知らず知らず周りの環境に 影響を受けています。 普段歩く時の足と足(踵と踵)の幅 (歩隔;ほかくと言います)も10cm前後 (......続きを読む»

日常生活での基本動作再考:2. 起き上がり/立ち上がり (3);立ち上がり❶

【運動科楽からスポーツ再考!!】

さて、 朝起き上がった後は、 そのままずーっと座っている ことは通常ないでしょう。 立つことができない方以外は。 または、仕事に行きたくない という人以外は・・・ そこで、 引き続き 顔を洗いに洗面所へ、 あるいは 新聞を取りに玄関のポストへ、 など どこかに移動するでしょう。 でも、 その前に、 立ち上がります。 それから、 目的の所まで歩いて行きます。 ひとくちに立ち上がりと言っても、......続きを読む»

野球選手の補食、やみくもに食べてない?

【野球選手のためのスポーツ栄養・食事学】

今年の高校野球も今日から2回戦が始まりました。1回戦でもたくさんの激闘が繰り広げられ、様々なドラマを見せてくれました。特に今年の高校野球では非常にたくさんの好投手が活躍している印象です。 そんな好投手の一人として注目を浴びているのが岡山・創志学園高校の高田萌生投手。今日行われた2回戦・盛岡大付属高校戦では、今大会最速の152km/hを記録しました。全く上半身の力感がなく、しなるようなフォームから投......続きを読む»

日常生活での基本動作再考:2. 起き上がり/立ち上がり (2);起き上がり❷:腹筋の役割

【運動科楽からスポーツ再考!!】

<頭を起こすだけで腹筋が働く!?> 起き上がり動作の続きですが、 実は私たちが起きる時、 必ずと言っていいくらい、 頭を起こします。 当たり前といえばそうなんですが、 実は頭を起こす時は必ず腹筋が働いています。 みなさん実際にやってみてください。 仰向けになって、 お腹(ヘソのあたり)を触っておいて、 頭を起こしてみてください。 腹筋が固く収縮するのが手でわかると思います。 頭を起こす主動......続きを読む»

日常生活での基本動作再考:2. 起き上がり/立ち上がり (2);起き上がり❶:様々な起き上がり方

【運動科楽からスポーツ再考!!】

寝ているところから起き上がる、 私たちが毎日行っているこの動作。 どうやって起き上がっているのか? 皆さん考えたことがあるでしょうか。 多分あまり考えたことはないと思います。 この動作はマクロ的に見ると、 寝ている状態から、 上半身を起こす動作となります。 これには、 いく通りもの起き上がり方があり、 これらが組み合わされて、 その時々に応じて 半ば無意識に行われると言えるでしょう。 大き......続きを読む»

リオ開幕から;素早く動く2;体幹の使い方

【運動科楽からスポーツ再考!!】

いよいよ なんとか無事に!? 開幕前の様々な問題 (宿泊施設や警備、あるいはドーピングのことなど) を乗り越えて、 リオのオリンピック2016が開幕しました。 サッカー男子は5点失点(4点入れたが)で敗北、 女子バレーも韓国に敗戦、 と出だしは必ずしも順調とは言えませんが、 これからでしょう。 一方、 早速テニスの錦織が初戦を無難に勝利しました。 フェンシング女子エペ個人では、 佐藤希望選手が......続きを読む»

日常生活での基本動作再考:2. 起き上がり/立ち上がり (1)

【運動科楽からスポーツ再考!!】

今回は、 日々私たちが行っている動作の中でも、 歩くとともに、 いや、ある意味 歩く以前に必要な 起き上がる/立ち上がる 動作について考えてみます。 歩くためには、 立つ状態(立位)になければなりません。 また、私たちは 必ず睡眠をとります。 立ちながら? ソファに座って? 寝る場合もあるかもしれませんが、 多くは床やベッドに横になって (寝た状態: 仰向け=仰臥位 うつ伏せ=腹(伏)臥位 横向......続きを読む»

日常生活での基本動作再考:1.歩くということ(9);その他の歩き

【運動科楽からスポーツ再考!!】

歩きに関して 今まで述べてきましたが、 これはこれでまた別に章立てして お話しした方がいいくらい いろいろな見方が可能です。 ここでは、 話のついでに、 少し別の歩き方について 簡単に紹介しておきます (以前も述べたことがありますが)。 前回挙げた “ナンバ歩き”についてです。 詳しくはナンバ走り同様、 ネット上で検索して頂ければ と思います。 ↓ ナンバ歩き;ウィキペディア ナンバ歩き;甲野......続きを読む»

女子ラグビーチーム『YOKOHAMA TKMトライアウト』開催!

【『YOKOHAMA TKM』プレイヤーズブログ】

女子ラグビーチーム『YOKOHAMA TKMトライアウト』開催のお知らせ! 医療法人 横浜柏堤会が運営する女子ラグビーチーム『 YOKOHAMA TKM 』 は、2017年女子15人制ラグビーワールドカップ、2018年ラグビーワールドカップセブンズ、2020年東京オリンピック等を見据え、ラグビー女子日本代表選手の育成を目指すと共に、引退後のセカンドキャリアを支援し、医療法人として広く社会に貢献する......続きを読む»

選手募集!『YOKOHAMA TKMトライアウト』開催のお知らせ!

【女子ラグビーチーム『YOKOHAMA TKM』コーチングレポート】

『YOKOHAMA TKMトライアウト』開催のお知らせ! 医療法人 横浜柏堤会が運営する女子ラグビーチーム『 YOKOHAMA TKM 』 は、2017年女子15人制ラグビーワールドカップ、2018年ラグビーワールドカップセブンズ、2020年東京オリンピック等を見据え、ラグビー女子日本代表選手の育成を目指すと共に、引退後のセカンドキャリアを支援し、医療法人として広く社会に貢献するための人材育成に力......続きを読む»

日常生活での基本動作再考:1.歩くということ(8);様々な日常の歩き❷

【運動科楽からスポーツ再考!!】

両手をポケットなどに入れて歩く、 あるいは両手に荷物をぶら下げて歩く、 というのは よくあることです。 その時は腕を振る動きは できません。 しかし、 歩いて;歩を進めて;いる以上、 骨盤と上半身(上部体幹)との捻れの動きは 生じています。 もう一度上から見た歩行の図を 腕の部分を抜いて見てみましょう。 両手をポケットに入れていると、 上半身の回旋と同時に、 両肩が(この図の場合右肩が前;......続きを読む»

日常生活での基本動作再考:1.歩くということ(7);様々な日常の歩き

【運動科楽からスポーツ再考!!】

私たちは、 日常生活で、 必ずしも腕を振って、 正面一点をみつめて、 歩いているわけではありません。 ※このことが、 実験場面における 歩き方の分析においては、 完全な日常生活のその人(被験者) の歩きを再現することの 難しさに繋がります※ 周りを見ながら歩く必要がありますし、 (視覚情報がいかに重要であるか;別の機会にお話しします; いかに視覚障がいを持つ方々が困難を克服して歩かれているか、......続きを読む»

  • ブログを作る - 新規ブログ開設
  • ブログを書く - ログイン画面へ

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

注目タグ

スポーツナビ最新コラム

rss