ジャンル別一覧:Jリーグ

ブログ移転のお知らせ

【太陽王発電観測所】

ブログ移転しました。 太陽王発電観測所 http://reynbow.hatenablog.com/ ...続きを読む»

最終投稿、アントラーズ編。

【二つの歓喜をもう一度!】

いよいよここでの最終投稿です。 移転の予定はないので、これでブログは終わりのつもりです。 初めてブログを始めたのは2007の冬で、転々としながら3か所目となりました。 最初はアントラーズのことだけを書いていましたが、 途中からカープのことも書くようになりました。 2016、スポーツ観戦史上最大の歓喜の年となりました。 カープは25年ぶりにリーグを制し、日本シリーズにも出ました。 アントラーズは棚......続きを読む»

2017グランパス選手評 背番号14 田鍋 陵太

【赤の血潮と、青の魂】

背番号14 MF 田鍋 陵太 24歳 出場2試合(78分) パス数 56本 田鍋はF1のエンジンを積んだ普通車。 優れたエンジンの性能を活かしきれていない印象がある。 グランパスでもチャンスの恵まれたほうだが、大事なところでケガをして棒に振ってしまう。 久米GMがその潜在能力に惚れ込んだのも分るだけに、シーズン終了後の退団はしょうがないとは言え、残念であることに変わりはない。 今シーズ......続きを読む»

当てtotoブログ引っ越しのお知らせ!

【当てtoto】

この度、スポーツナビブログがサービス終了することになり、我々当てtotoはブログを移転することにしました。 当てtoto新ブログ 今までのスポーツナビブログのデータを移行したので、過去の記事が参照できます。 ただ、画像は手動で(泣 移行しなければいけないそうなので、予想表などは表示されていない状態です。 予想表やスポーツナビ以前の記事も随時アップしていきたいと思います。 今後とも、よろしく......続きを読む»

すべては勝利と共に ー We are Antlers family ー

【鹿野苑】

内田篤人の鹿島復帰。多くのサポーターがこのニュースに胸を躍らせたことであろう。そしてそれはクラブも、何より本人も望んでいた復帰であり、予測していたことでもあった。(本音を言えばそのニュースだけにスポットを当てて文章を書きたいところだが・・・・)                                                                    私達の愛する鹿島アン......続きを読む»

エスパルスのサッカーと静岡のサッカー/未来へ

【猫に小判】

■改めて、“静岡のサッカー”とは何か? 静岡にとって“サッカー”ってやっぱ特別ですよね。僕もかつては静岡から離れて暮らしていたことがあるので、外から静岡を見ていたら結構面白いもんなんです。居酒屋などでサラリーマンの方や、ファミレスではサッカー部らしき部活帰りの中高生やあと家族連れの方などは、当たり前のようにサッカーの話題が出ます。でも県外ではサッカーの話題となると、本当にサッカーが好きなグループに限......続きを読む»

2017グランパス選手評 背番号13 磯村 亮太

【赤の血潮と、青の魂】

背番号13 MF兼CB 磯村 亮太 26歳 出場9試合(782分) パス数 487本 グランパス生え抜きのレジスタ。 素直な球質で絶妙のタイミングで繰り出される縦パスは代表クラス。 対人守備や状況判断が課題で中々レギュラーに定着できない存在でした。 風間監督との邂逅でどんな成長を遂げるか。 期待と不安が混じり合いながらシーズンがスタートしました。 5節松本戦では3バックの左を任されま......続きを読む»

2017グランパス選手評 背番号11 佐藤寿人

【赤の血潮と、青の魂】

背番号11 FW 佐藤 寿人 35歳 出場28試合(1770分)5得点4アシスト。 パス数 629本 広島から加入したキャプテン。 チーム状態を考えて発せられるコメント。 練習から先頭に立ってチームを引っ張る。 言葉でもプレーでもチームを引っ張ってくれる頼もしい存在です。 FW寿人としては5得点は物足りない数字です。 しかし、風間監督の難解な指導を噛み砕いて、自らもプレースタイルを新たに構......続きを読む»

書かずにいられない

【 TRABALHO LEALDADE RESPEITO 】

 危機感しかない。赤イオ雑感です。 ① 勘違い  今の鹿島というクラブ全体に感じる雰囲気ですね。川崎さんのように全てをオープンにしない。それはクラブの伝統というかスタイルなんでしょう。今まではそれでも勝ち続けられました。それも限界なんだと思います。つまりカリスマフロントだけではいけない。もっと外部の力を利用することが必要かと感じます。それにはマイナスの部分もあるでしょう。内田選手の獲得は、クラブの......続きを読む»

2017グランパス選手評 背番号10 フェリペ・ガルシア

【赤の血潮と、青の魂】

背番号10 FW フェリペ・ガルシア 27歳 出場20試合(524分)4得点2アシスト パス数 253本 「相手がついてこれないスピードがあり、ヘディングも打点が高い。非常にクオリティーのある選手」 「サイドとトップ下ができて、ヨーロッパのクラブも狙っていた逸材。10番を背負えるクオリティーがある」 と大森強化担当部長が惚れ込んで獲得した背番号10。 しかし風間監督が起用したポジションはF......続きを読む»

ラス前ポエム ~改めて、サンフレッチェ広島応援宣言!~

【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

サンフレッチェ広島がここ10年来目指してきたサッカーは何だったか。 それは、一貫して「攻撃的なサッカー」でした。 ミシャやポイチさんが構築してきた広島のサッカーは、時に「ドン引き」と揶揄されたこともありましたが、精神としては、マイボールを大切にしつつ、技術とコンビネーションを生かした、攻撃的なパスサッカーでした。 この期間、必ずしも結果に結び付いていた訳ではありません。ミシャの2年目はJ2落ちし......続きを読む»

ブログ移転いたします【強小の力】

【強小の力】

スポーツナビブログが終了とのことで、当ブログも移転することになりました。 移転先はこちら http://alba-kyosyo.jugem.jp/ きちんとブログ移転できていないのか記事のアップ日などが変わってしまっていますが、徐々に整えていこうと思います。 最近はあまり記事を書いていなくて放置気味になっていました。 決してガイナーレに対する興味が薄れたとかそんなことは全く無く、ホームは現地観......続きを読む»

2017グランパス選手評 背番号9 ロビン・シモビッチ

【赤の血潮と、青の魂】

背番号9 FW ロビン・シモビッチ 26歳 出場40試合(2727分)18得点5アシスト パス数 995本 スルーパス数 62本(成功率51.6%) ドリブル数 37回(成功率27.0%) 敵陣空中戦 152回(勝率59.9%) 重要なPKの場面や、フリーの1対1で的を外さないクールなスナイパー。 シュートを打つ時は誰よりも冷静なアイスマン。 勝利が絶対条件のプレーオフでも相手のプレスを外す......続きを読む»

【広島】去りゆく選手たちへ

【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

いつにも増して大きな動きを見せる、今オフのサンフレッチェ広島。 新たに来る選手、再契約を結んだ選手が次々と発表され、今期の戦いに向けての陣容が整いつつあると感じさせる一方、昨シーズンを限りに、何名かの選手が(レンタルも含み)サンフレッチェを離れることになりました。 今回は、そのうちの何人かについて、私の思いを書いておくことにします。 まず、何といってもミカですよね。 同一チームに最も長く在籍し......続きを読む»

Last dance of NIHONDAIRA/No.25 Daisuke Ichikawa

【猫に小判】

市川大祐引退試合~THANK YOU FOR FOOTBALL~ Daisuke Ichikawa × S-PULSE YEAR GAME GOAL  1998 20  1 1999 22  0 2000 26  2 2001 30  2 2002 30  1 2003 23  0 2004 03  0 2005 34  0 2006 31  ......続きを読む»

浦和の選手動向&御挨拶

【ゆるゆるレッズサポ】

 先にブログ終了の御挨拶をさせていただいておりましたが、やはり最後に浦和のことに触れないのは如何なものかと思いました。そこで、選手の動向に関する話題を最後に、このブログを終了させていただくことにします。 ○移籍情報  浦和の公式サイト、ならびに諸々の報道から、選手の動向が概ね見えてきた。本当は、もう少し後になって、全てが確定してからこれに触れたかったのだけれど、スポナビ+ブログが終了してしまうので......続きを読む»

サポーターカンファレンスについて(全クラブチェック)

【J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)】

【プロローグ】  以前に、いつも辛口な論調の熱い読者の方から、サポカン特集をして欲しいとリクエストが来ていました。「なぜ、もうやらないんでしょうか?」など、鋭い論調でいつも勉強になります。サポカンについては、最近取り上げる事が増えてきて、今後旬なテーマの一つになっていくと思います。開催状況次第ですが。当ブログでは、J1にふさわしい市民クラブに必須の事業だと強く認識しています。ちょっとまだ未完成なので......続きを読む»

ブログ引っ越しました!

【「柏から世界へ」の下に集う民】

お久しぶりです、黄鳥です。 スポナビブログが閉鎖ということで、お引越ししました。 なんだかんだ、ここ使いやすかったんですけれどね…… 残念ですが仕方ないです。 投稿者としては日が浅かったですが、お世話になりました。。。 ということで、引っ越し先はこちらになります↓ http://fkttw.blog.fc2.com/ 悩んだ結果、FC2ブログにしました。 今年もたくさんはアップできないとは......続きを読む»

最後の挨拶

【巷のスポーツ好き】

スポーツナビ+のブログが終わってしまうのはとても残念ですね。 スポーツに特化したブログでとても面白かったです。とか言いながらもそれほど書けていませんでしたが… この機会に、また新しい場所でスポーツのことを書いていくことが出来たらなと、心の奥底の方で思っています。 で、タイトルは同じままで引っ越しします。 「巷のスポーツ好き」 http://sposuki.hatenablog.com よろしく......続きを読む»

2017グランパス選手評 背番号8 ワシントン

【赤の血潮と、青の魂】

背番号8 ボランチ&CB ワシントン 31歳 出場29試合(2471分)1得点 パス数 1954本(成功率84.7%) タックル数 89回(87.6%) インターセプト数 5回 敵陣空中戦 40回(55.0%) 自陣空中戦 129回(61.2%) 心優しきナイスガイ。 破天荒なシャルレス、優等生なガルシア、末っ子のシャビエルの良き兄貴分。 長い手足とフィジカルを武器にする守備的ボラン......続きを読む»

今年2018年の大分トリニータ

【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

聞くところによると自主連も始まったようですし、選手契約も大方固まってきたようですね。 昨年のDF、FWの軸も残り、実力的には昨年と遜色ないように見受けられますが・・・。サッカーはどう転ぶか?未知の世界もありますので、シーズン前の不安が拭えません。 今年は、どう戦うのか?監督もそのままですので、チームとしては大きな変化はないように見受けられます。よくある失敗は、昨年の反省を元に、チームの考え方、戦......続きを読む»

2017グランパス選手評 背番号7 田口 泰士

【赤の血潮と、青の魂】

背番号7 ボランチ 田口 泰士 26歳 出場34試合(3023分)9得点7アシスト パス数 3200本(成功率87.5%) スルーパス数 70本(成功率58.6%) タックル数  93回(成功率77.4%) インターセプト数 22回 田口泰士 今はまだこの名前をみるとツライ気持ちになります。 磐田移籍の決断してしまったことが残念でなりません。 Twitterでも書きましたが、退団の理由は一......続きを読む»

終わらない歴史の真ん中で

【137のブログ@スポナビ+】

 あけましておめでとうございます。そして、半年間だけでしたがお世話になりました。おそらくこれがスポナビ最後のブログになります。元々ここは「137のブログ@FC2」の分家として始めたブログなので、今後は元さやに戻るだけとなります。ただしスポーツ記事をFC2で書いていくかは分かりません。  ここでブログを始めた時、「歯に衣を着せまくる(言葉を濁す)」「八方美人(今でいう全方位忖度)」などをコンセプトに......続きを読む»

2017グランパス選手評 背番号6 古林 将太

【赤の血潮と、青の魂】

背番号6 SB 古林 将太 26歳 出場1試合(45分) 8節徳島戦に後半出場したのが唯一の出番だった古林。 しかも得意とするWBではなく3バックの右CBでの出場だ。 ボールを前に運ぶ推進力を期待されての起用だったが、役割を消化しきれず、その後はベンチを温める日々が続いた。 7/23に仙台へ期限付き移籍。 持ち味の正確なクロスと運動量でスタメンを勝ち取ります。 12/25に仙台に完全移籍が......続きを読む»

《放送予定》1月6日 J2ツエーゲン金沢 作田選手インタビュー、年末におこなわれた石川フットサルドリームカップ2017の模様を!星稜高結果

【情熱サッカー@kanazawa】

明日の『情熱サッカー』は、 「特集」 年末恒例“石川フットサルドリームカップ2017”の模様をお送りします! 小松市出身 豊田陽平選手(Kリーグ 蔚山現代FC所属) 金沢市出身 諸江剣語選手(Fリーグ フウガドールすみだ所属) 地元代表 ヴィンセドール白山 山口和人選手のインタビューを! 「Road to J1」 J2ツエーゲン金沢の情報をお伝えします! DF 作田裕次選手のインタ......続きを読む»

2017グランパス選手評 背番号5  大武 峻

【赤の血潮と、青の魂】

背番号5 CB 大武 峻 25歳 出場1試合(90分) 大器未だ開花せず 強烈な対人守備と、正確なロングフィードは代表クラスの武器を持ちながら、90分に1回は信じられないポジショニングのミスを犯す大武。 大事なところで離脱する故障癖と、90分維持できない集中力が大成を阻んでいます。 2016年の天皇杯でDFがラインを上げるなかで、1人取り残されボスコに叱られていたり、今シーズンも簡単に前......続きを読む»

今さらですが、サンフレッチェ監督としての森保一を評価してみた。そして、大切なお知らせ。

【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

昨年、2017年の7月に、惜しまれつつもクラブを去った森保一氏。 現在は、2020年東京オリンピック世代の代表監督として活動されています。 2011年のミシャ(ペトロヴィッチ監督)涙の退任の後を受け、2012年からサンフレッチェ広島の指揮を執ることになった、通称ポイチさん。 以後、都合6シーズンの間に、連覇を含む3回のJ1制覇を成し遂げたことになりましたが、これはもちろん、ポイチさんの監督としての......続きを読む»

2017グランパス選手評 背番号4 シャルレス

【赤の血潮と、青の魂】

背番号4 CB シャルレス 29歳 出場5試合(438分) タックル数27回 闘莉王退団を受け、守備の中心としての働きが期待され入団したシャルレス。 開幕から故障離脱を繰り返し、6/17の19節福岡戦で負傷交代。 その直後の6/26に選手とクラブ、両者合意のもとで契約を解除が発表。 僅か半年でグランパスを離れることになりました。 某メディアで、風間監督の「止める」「蹴る」基礎を大切にし......続きを読む»

2017グランパス選手評 背番号3 櫛引 一紀

【赤の血潮と、青の魂】

背番号3 CB 櫛引 一紀 24歳 出場34試合(2761分)1得点2アシスト パス数1537本 スルーパス数15本 クロス数14本 タックル数76回 インターセプト数5本 自陣空中戦115回(勝率63.5%) 2016年12/23に札幌から期限付き移籍が発表されグランパスに加入した櫛引一紀。 世代別代表経験がありながら、昇格した札幌では出場機会を失っていました。 闘莉王、竹内、オーマンが退......続きを読む»

【天皇杯 Final】 vs横浜Fマリノス

【Power & The Glory~セレッソ大阪応援ブログ】

明けましておめでとうございます! これがスポナビブログ最後の投稿です。 題記の話題は新しいブログで更新しております。 スポナビブログでお世話になりました皆様ありがとうございました。 今後は下記のブログにて引き続きセレッソ大阪の応援をしていくつもりです。 今後とも下記のブログをよろしくお願いします。 http://roslin.hatenablog.com/ スポナビ運営の皆様も長い間、ありが......続きを読む»

【美砂ロッコの侍青の風】セレッソ大阪の天皇杯初制覇はしたものの不完全燃焼だった清武と柿谷

【サムライブルーの風】

セレッソ大阪が横浜Fマリノスを2-1でやぶって天皇杯を制し、 ルヴァン杯に続き、2017年シーズンの2冠を達成した。 今のセレッソは、杉本、清武、柿谷、山口蛍、山村、水沼といった ロンドン五輪世代の選手が中核となっていて、 その選手たちが、この決勝戦でも輝きを放った。 特に、この決勝戦で大活躍を見せたのが、 1得点1アシストの水沼宏太だった。 セレッソの1点目は、水沼の強烈なミドル......続きを読む»

2017:天皇杯:決勝:中立:セレッソ大阪vs横浜F・マリノス「運動量が勝負の決め手となる」

【蹴鞠談議2】

C大阪vs横浜FM:2-1 得点者:16伊藤 翔(23下平 匠)、24山村 和也、16水沼 宏太() 観客数:42,029人 1、チーム情報&評価基準 評価基準 良:1~5:悪 審判 主審:東城 穣:2.5 副審:相樂 亨、山内 宏志:2.5 第4の審判:宮島 一代 追加副審:荒木 友輔、岡部 拓人 セレッソ大阪 監督 尹 晶煥(ユン・ジョンファン):2.0 スタメン 8柿谷 ......続きを読む»

2017グランパス選手評 背番号2 新井 一耀

【赤の血潮と、青の魂】

背番号2 CB 新井 一耀 24歳 出場6試合(508分)得点1 パス数314本 タックル数13回 シャルレス、大武、酒井が監督の要求に答えられず、櫛引は調子を落し、磯村や小林がCBで出場せざる負えない中でシーズン途中(8/8)にマリノスから期限付き移籍で加入した新井。 瞬く間に監督の信頼を得て3バックの真ん中を任されます。 DAZN中継の選手配置で、前に人数を割く中で一人CB状態で広大なエリ......続きを読む»

《セレッソ》天皇杯制覇!!!やっぱコータ.Mでしょ?出来過ぎの'17シーズン終了

【南大阪に吹くマリンの風】

2018年 1月 1日 @埼玉スタジアム2002 天皇杯決勝 セレッソ大阪 2 - 1 横浜Fマリノス         (延長) 出来過ぎの17年シーズンです。 まさか今季2冠を達成するとは驚き以外の他にありません。 今季のセレッソは、ゆーても昇格鬼門のJ2プレイオフ制覇。 今までどのクラブとて1年でJ2逆戻りのJ2プレイオフ昇格。 これまでの昇格クラブと異なるのは、クラブ資金力は確か......続きを読む»

にわかファンの叫び――鹿島アントラーズ、”復讐の年”来る

【Memories of the game】

 自分自身のことを、鹿島アントラーズの“にわかファン”だと思っている。  居住地が遠く離れた沖縄のため、鹿島の試合はおろか、Jリーグを一度も現地観戦した経験がない。完全なテレビ(ネット)限定サポーターだ。  そんな“にわかファン”の私ですら、こんな有様である――正直、サッカーが嫌いになりそうだった。とりわけテレビで「川崎フロンターレ優勝」の映像やテロップが流れると、反射的にチャンネルを変えてしま......続きを読む»

明けましておめでとうございます。

【ピッチに紫の風が吹く】

明けましておめでとうございます。 スポナビブログ最後の投稿となります。 さて、今後どうしようか・・・と悩んでおりましたが、 お引っ越し先が決まりました。 Yahoo!ブログです。 かなり昔に、投稿してほったらかしになっていたので、こちらをメインに使うことに致しました。 今まで、しょうも無い投稿にお付き合いいただき、尚且つ、これからもしょうも無い投稿にお付き合いいただける方は、Yahoo!の方にお......続きを読む»

2017グランパス選手評 背番号1 楢崎 正剛

【赤の血潮と、青の魂】

背番号1 GK 楢崎 正剛 41歳 出場29試合(2610分) セーブ数 86回(セーブ率65.6%) パス数 518本 孔子曰く、四十にして惑わず。 (40歳になって、道理も明らかになり生き方に迷いがなくなった) 孔子は惑わずでしたが、楢崎にとって今シーズンは惑うことが多かったのではないでしょうか。 開幕から当然のようにスタメンとして出場。 無駄の無いポジショニング、冷静なコーチング、安......続きを読む»

2017年J1・J2・J3順位予想の結果

【蹴鞠談議2】

1、J1順位予想の結果と誤差 01位:川崎フロンターレ 誤差:+7 02位:鹿島アントラーズ 誤差:的中 03位:セレッソ大阪 誤差:+4 04位:柏レイソル 誤差:+8 05位:横浜F・マリノス 誤差:+5 06位:ジュビロ磐田 誤差:+5 07位:浦和レッズ 誤差:-6 08位:サガン鳥栖 誤差:+8 09位:ヴィッセル神戸 誤差:-3 10位:ガンバ大阪 誤差:-7 11......続きを読む»

2017年サンフレッチェ広島出来事カレンダー

【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

2017年大晦日、皆さんはいかがお過ごしでしょうか? 今年も、最後の記事として、サンフレッチェ広島の2017年を振り返るとともに、当ブログの今年も振り返ってみたいと思います。 昨年と同様、サンフレッチェに何が起こったか、月別に振り返ります。 題して、「2017年サンフレッチェ広島 出来事カレンダー」! 今年を振り返る指標として、毎月1つずつ、代表的な出来事をピックアップしていきます。 なお、この......続きを読む»

2017年ファジアーノ岡山総括(総合編)

【蹴鞠談議2】

1、内容 2:評価基準 3:攻撃編 4:守備編 5:総合編 6:2017年ベストイレブン 7:MVP 8:2017年までのベストイレブン 2、評価基準 A:昨季よりとても良かった。 B:昨季より良かった。 C:昨季並。 D:昨季より悪かった。 E:昨季よりかなり悪かった。 3、総括(攻撃編) 評価:C  センターラインの主軸選手を欠いた中で、後方のビルトアップは、一定のクオリティ......続きを読む»

2017年ファジアーノ岡山総括(選手編)24~39

【蹴鞠談議2】

1、選手評価基準 A:今季のチームの核として活躍した。 B:今季のチームの主力として活躍した。 C:今季のチームの戦力として活躍した。 D:今季のチームの切り札として活躍した。 E:今季のチームのバックアップとして活躍した。 2、今回の評価選手 24赤嶺 真吾、25武田 将平、26田中 奏一、27塚川 孝輝、28加藤 健人、30豊川 雄太、31下口 稚葉、33張 碩元、34石川 隆汰......続きを読む»

【侍日本&侍青の風】プロ野球・Jリーグのガチンコ観客数対決2017

【サムライブルーの風】

2012年からスタートして、 なんとなく恒例行事になりつつあるが、 今年もプロ野球12球団、J1リーグ18チクラブ、計30チームの ホームゲームにおける1試合の平均観客数や観客数の前年比などを調べてみたら 以下のようになった。 順位 チーム名 平均観客数 昨年比 年間の総観客数 1位 阪神タイガース 42,1476人 103% 3,034 ,626人 2位 ジャイアンツ 41,675人 ......続きを読む»

J1浦和のACL優勝及びFCWC出場について 【J OKAYAMA】

【J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)】

【プロローグ】 今季の振り返りも浦和さんのACL優勝及びFCWC出場の記事で終わりです。ACL決勝戦の時は「赤い日本代表」として、まるで自分が普段応援しているチームのように応援していました。本当にアジアチャンピオンというのは誇らしい事ですね。順番に見ていきましょう。     【Jリーグで優勝圏外の浦和レッズがなぜACLでは10年ぶり美酒を味わえたのか?】 「J1戦線に目を移せば、2試合を残......続きを読む»

グランドフィナーレ

【吉塚FC日記+】

ご無沙汰しております。2017年最後の投稿となりました。これまでのアビスパ関連のリリースを確認していきます。 <契約更新> DF駒野 DF岩下 FW松田力 <新加入> FW木戸(明治大) DF篠原(岡山) DF輪湖(柏) 久藤コーチ(熊本) <退団> FWウェリントン→神戸 MF為田→千葉(レンタル→完全) DF濱田→岡山 MF末吉→岡山 FW坂田→未定 MF三島→未定 GK兼田→未定 FW......続きを読む»

2017年のエスパルスを振り返り、2018年を展望しよう

【猫に小判】

エスパルスの2017年シーズンが終わりました! そして2017年もあと残すところ僅かで終わりで、スポナビブログも終わりということで、ここからラストスパートをきっていこうではないかと思っているのですが、さて今回は、2018年はヤン・ヨンソン新監督のもと新たなスタートということなので、今シーズンを振り返るとともに来シーズンを展望していきたいと思います。 現在は移籍市場が活発化している時期なので、これか......続きを読む»

『グランパス』宮原の価値と宮地移籍について。

【赤の血潮と、青の魂】

スポナビブログ閉鎖に伴いほととぎすのスポーツblog~赤の血潮と青の魂~に引っ越しをします。 発信力を強化するためにTwitterを開始することにしました。 @hototogisu13。 フォローしてもらえれば心強いです。 今後もよろしくお願いします。 グラサポ待望の吉報、宮原和也の期限付き期間が1年延長が正式に発表されましたね。 最終ラインに展開力を求める風間サッカー。 そこに必要なピー......続きを読む»

スポナビブログ終了及び移転のご挨拶

【すべてはファジのため】

いつもこのブログをご覧いただきありがとうございます。 ブログをスタートしたのが2015年の夏、それから約2年半になりました。色々と試行錯誤をしつつ、毎試合のマッチレポートとオフシーズンにはファジアーノ岡山あるいはJリーグ全般に関する内容を書いてきました。 いつまで続けようかなと思いつつ、取りあえず累計のページビューが70万を超え、「平均すると岡山市民が1人1回は見たことがある」なんてことを言えるくら......続きを読む»

ブログ移転のお知らせ

【AVANTE〜Let's go KAWASAKI〜】

大変ご無沙汰しております。seedlingです。 取り急ぎ、今回は移転のお知らせです。 スポナビブログ終了に伴い、ブログを閉鎖しようか迷ったのですが、今後ブログ再開させていきたいなと思い、移転することに致しました。 移転先はこちらです。 AVANTE〜Let’s go KAWASAKI〜 http://blog.livedoor.jp/seedling_key/ 新しい記事は明日あ......続きを読む»

記事更新のお知らせ

【湘#48 れび@湘南サポBLOG】

新ブログにて記事を更新しました。よろしくお願いします。 湘#48 れび@湘南サポBLOG Ver.2 → 2017年回顧録 ...続きを読む»

J1川崎のJ1優勝について 【J OKAYAMA】

【J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)】

【プロローグ】 少し前の話題になってしまいましたが、まだまだホットな話題だと思います。昨日もTVのどこかの局で憲剛選手特集をやっていました。憲剛選手の入団当初はJ2だったのですね。改めて川崎さん逆転優勝おめでとうございます。とにかくあの日のどの試合も涙を流す選手が多かったのが印象的でした。川崎さんは、湘南さんと並んで当ブログで最も評価しているJクラブ。一ファンとして川崎さんに関わったすべての皆様を祝......続きを読む»

J2名古屋のJ1復帰について 【J OKAYAMA】

【J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)】

【プロローグ】  遅くなりましたが、名古屋さんJ1復帰おめでとうございます。J1昇格プレーオフはまさに横綱相撲でしたね。確かに地元J2岡山と対戦した時も強かったです。今回のJ1復帰に関して、情報をネットで探しましたが特にこれはというコラムは見当たらなかったですが、その中でもいくつかそれらしい情報は拾えました。順番に追ってみたいと思います。10月6日付けのexiteニュースですが、ちょっと目を引いたの......続きを読む»

今年も「情熱サッカー」をお聴きいただき、ありがとうごさいました!

【情熱サッカー@kanazawa】

今年も『情熱サッカー』をお聴きいただきありがとうございました。 長くお世話になった、このスポナビブログが年明け早々に終了するということで、今年を振り返って取材日記を久しぶりに更新しようとパソコンに向かっております。 「2017年 石川サッカー界、今年もいろんなことがあったなぁ~」 ・ツエーゲン金沢 大槻優平選手の現役最終戦で感動的ゴール!  →最後に持ってたな!でもJFLからJ2の6年を振り返......続きを読む»

《放送予定》12月30日 J2ツエーゲン金沢 阿渡・富田選手インタビュー、ブラインドサッカー体験会について

【情熱サッカー@kanazawa】

明日の『情熱サッカー』は、 「Road to J1」 J2ツエーゲン金沢の情報をお伝えします! 退団が決まっている DF 阿渡真也選手 MF 富田康仁選手のインタビューをお送りします。 「特集」 先月おこなわれたブラインドサッカー体験会の模様をお送りします! ラジオかなざわは、インターネットサイマル放送に対応しています! パソコンやスマートフォンからお楽しみいただけます! イン......続きを読む»

2017年も終わる、大分トリニータはどこへいく・・・・。

【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

まもなく2017年も終わろうとしています。 今年1年間、このブログにお付き合いくださった皆様、ありがとうございました。 2018年1月末をもって、スポーツナビは終了します。私は今、引越しの場所を模索中です。 思えば、2009年~始めたこのブログ、アクセス回数も580万回をオーバーしました。大分トリニータ、大分のサッカ史、竹腰重丸自伝、日本サッカー史、日本サッカーリーグへの想い、大分トリニータ......続きを読む»

単純に攻撃の部分を更に伸ばすのか守備の部分を伸ばすのか。もちろん最良は両方。

【FCKSA66】

いつもブログの更新楽しみにしております。 管理人さんの書かれている内容には一貫性があり、いつも納得させられます。 個人的な興味で大変申し訳ないのですが、質問させてください。 これまでのブログにも少し書かれていますが、大島僚太選手についてです。 管理人さんのW杯メンバー候補に入らない理由をぜひお聞かせいただけませんでしょうか? 質問する理由としまして、私自身が大島僚太選手の大ファンであるのが一つ(笑)......続きを読む»

今季の讃岐について

【J2にしがみつく】

今季の讃岐について 総論  今季の讃岐に関して、開幕時点では昨季まで以上に残留への自信を得ていたような記憶がある。主力の流出も最低限であったし、他のクラブで実績のある選手を複数補強できた。昨季の泣き所であった層の薄さを大幅に改善できたのだ。これで怪我人が同ポジションに重なったとしても、ゲームの質を極端に落とす事は無くなるように思われた。しかし蓋を開けてみると序盤戦から勝てない試合が続き、昇格初年......続きを読む»

スポナビ気付ブログ御中の周辺をウロウロと…(最後の最後に感謝を込めて)

【4thDayMarketCenter】

  ブログ、コチラに引っ越します!   弊ブログ、2010年の春に産声を上げて、この年末で7年と9ヶ月。エントリ数は、本エントリで1181だそうです。ブログを開設してから、毎年末、「スポナビ気付ブログ御中の周辺をウロウロと…」として事務局さんに難癖をたたきつけてまいりました。それもネタが切れて、去年はせず。このまま廃絶するはずだったのですが、まさかまさかの惜別の時。憎まれっ子が最後に憎まれ口を叩いて......続きを読む»

天皇杯の罠〜横浜vs柏(12月23日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

【4thDayMarketCenter】

ブログ、コチラに引っ越します! この後のエントリが最後のスポナビ投稿です。 ■前半 いやぁ、師走ですね。こんなワタクシでもなかなか忙しいです。書類を書きまくったり、時節がら毎年恒例で発生する業務に追われていたり、今年だけ発生してしまったお仕事がそこに重ねってきたり、加えてE-1ときたもんだ。あれこれ後回しにしていた作業を、土日を利用して処理してしまわないといけない。というわけで、この日の午前中は......続きを読む»

総覇

【 TRABALHO LEALDADE RESPEITO 】

 15年シーズンからのタイトル獲得試合を日々見返している。この涙はなんなんだ。赤イオ雑感です。 ①2018補強  鹿島は全く出てきません。鹿島らしいといえばらいしですが。ベースを替える気はない。それがフロントの選択でしょう。 ○中村選手について  移籍金無し。セレッソからのオファーがあったようです。赤イオの予想では移籍はないです。13番は来シーズンから鹿島の番号に返ってきます。出来ると思っていた自分......続きを読む»

さよならありがとう、スポナビブログ~明治安田生命第33節 清水エスパルスvsアルビレックス新潟 レビュー

【hirotaiのブログ〜オレンジの落書帳】

もうすぐこのスポナビプラスのブログサービスが終わってしまうということで、最後の記念にレビュー記事を投稿しておこうと思います。 今回、取り上げる試合はアルビレックス新潟とのホーム最終戦です。 スタメンは以下の通りです(新潟は前半の早いうちにCB大野が負傷で大武に交代)。 1.前半。 前半は清水エスパルスが攻めては2点を奪い、守っては相手の攻撃を無失点で抑えるという最高の形で折り返しました。......続きを読む»

『グランパス』エースのジョー誕生か?

【赤の血潮と、青の魂】

思いついた小ネタ。 田口の契約更新が毎年遅いのは”うちなータイム”だからだよ。 そのうち、なんくるないさ~と契約更新のリリースが来ると信じて待ってます。 さて、今グラサポの間でもっともホットな話題はコリンチャンスのブラジル人ストライカー、ジョーことジョアン・アウヴェス・デ・アシス・シウヴァの獲得報道です。 ポゼッションサッカー、攻撃的なスタイルのフットボールにおいて最後の仕上げをするの......続きを読む»

待ちに待った瞬間(とき)。祝☆J1リーグ初制覇!

【主婦の目線でフロンターレ♪】

決して”横綱相撲”という訳ではではない。 元旦の天皇杯決勝、ルヴァン杯決勝、ACLベスト8のアウェイ浦和戦。 リーグ戦に至っても勝ち点「3」を「1」に落としてしまう事もあった。 最終節を前に首位鹿島との勝ち点差は「2」。得失点差で大きく突き放しているとはいえ、フロンターレは勝利が絶句条件、鹿島が勝ってしまえばまたもや「シルバーコレクター」の称号が増えることになる。 私自身は気......続きを読む»

【天皇杯 Semi Final】 vsヴィッセル神戸~粘り強さがユン・セレッソの力。

【Power & The Glory~セレッソ大阪応援ブログ】

セレッソ大阪 vs ヴィッセル神戸 12/23(土) 13:00 K.O. at ヤンマースタジアム長居 ①スタメン    山村   福満  キヨ       宏太    ソウザ  大地 丸  木本  ヨニッチ 陸     ジンヒョン 健勇、蛍がケガで使えず、曜もベンチスタート。 苦しい台所事情ですが、それでも勝ち上がって来たのが、 ユン・セレッソ。全く問題ありません。 ②結果  ......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】サラバ、キャプテンカズ ~キャプテンとは、監督と選手をつなぐ軛(くびき)のような立場でもあるわけだから、まあこの選択は・・~

【白鳥城の騒霊】

カズ大野和成、湘南への移籍が決まりました。 騒霊は本人のためにもよかったと思いますよ。 そもそも彼は今年は「新潟のキャプテン」でしたからね。アルビがJ2に降格したシーズンのキャプテンですから、本人的にも「けじめ」が必要なんだと思います。 去年のキャプテン小林裕紀もそうでしたよね。去年アルビは残留しましたけど、達磨アルビは崩壊しましたからね。やっぱり小林の場合も「けじめ」としての心機一転の移籍だったと......続きを読む»

《セレッソ》コータ.Mの魂が決勝の舞台へ導いてくれた!!!

【南大阪に吹くマリンの風】

天皇杯準決勝 @ヤンマースタジアム長居 セレッソ大阪 3 - 1 ヴィッセル神戸 (延長) 元日決勝へ駒を進めました!!! 戦前に蛍が、健勇が相次いで離脱。 曜一朗も左足甲の故障でベンチ入りが精一杯。 お相手のヴィッセルさんはポドルスキが欠場。 むしろこの欠場はヴィッセルさんのチームのまとまりを考えると、セレッソにとって余り良いニュースでは無かったと。 試合観戦は、......続きを読む»

J3栃木のJ2復帰について 【J OKAYAMA】

【J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)】

【プロローグ】  当ブログではまだ2017年シーズンは終わっていません。昇降格したチームの事例を紹介していっていますが、まだ全部終わっていません。先日やっと下位カテゴリに降格したチームの紹介が終わりました。今度は昇格チームです。今回は地元J2岡山の同級生クラブの一つ、栃木さんです。ちょうど2年前にJ3降格し、それから2年間J3で戦っておられました。昨季は入れ替え戦に負けて、昇格が果たせませんでしたが......続きを読む»

J2群馬のJ3降格について 【J OKAYAMA】

【J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)】

【プロローグ】 J3の動向によって、J2残留の可能性を残していた群馬さんでしたが、栃木さんのJ2復帰により、入れ替わりで群馬さんのJ3降格が決まりました。監督、GM、社長の退任が既に決まっていて、クラブの体制も変貌してしまったので、J2に中途半端な残留よりも、新しい体制に生まれ変わって、J3から作り上げていった方がいいのではないかと、個人的に思っていました。結果を知って、そうかぁ・・・という感想でし......続きを読む»

犬飼の報道について思うこと

【m_maruのエスパルス観戦日記】

どんな仕事でも同じだと思いますが,彼もプロである以上,「将来はこうなりたい」という自分なりの目標やら理想があるはずなんですよね。 そうすると,彼が移籍に応じるかどうかというのは,結局,「今いる環境(=エスパルス)でそれが実現できるのか,それとも,環境を変えた方がより目標に近づくのか」という2択で,後者の方が前者より良いとなれば移籍,逆であれば残留というシンプルな話だと思います。 では,彼にとっての......続きを読む»

【ファジアーノ岡山2017シーズン総括 その4】選手個人評価後編 大きく成長した片山瑛一

【すべてはファジのため】

ファジアーノ岡山シーズン総括の最終回、各選手のパフォーマンスを振り返る後編です。 19 FW 片山瑛一 (短評) 今季は、シーズン序盤は前線での起用、夏場以降は最終ラインでの起用となりました。トップに入るのは2年ぶりでしたが、2015年に比べると、身体の使い方がうまくなっており、成長を感じました。一方で最終ラインに入っても、少しクロス対応で脆い部分はあったものの、相手のターゲットマンに対してし......続きを読む»

《放送予定》12月23日 J2ツエーゲン金沢 大槻優平選手ロングインタビュー!引退を決めた心境、6年を振り返って

【情熱サッカー@kanazawa】

明日の『情熱サッカー』は、 今シーズン限りで現役を引退  J2ツエーゲン金沢 大槻優平選手のロングインタビューをお送りします! 金沢で過ごした6年を振り返ってお話をうかがいました! サポーターの皆さんからいただいたメッセージもお届けしましたよ! お楽しみに! ラジオかなざわは、インターネットサイマル放送に対応しています! パソコンやスマートフォンからお楽しみいただけます! インタ......続きを読む»

ベガルタ仙台テクニカルレポート2017【後編】

【ヒグのサッカー観戦日記】

 前編に続き後編では、私的ベストゲームやベストゴールなどさまざまな視点から振り返っていこうと思います。 ■ベストゲーム ・第27節 vsセレッソ大阪戦(4-1)  ベストゲームに挙げたのは、27節のセレッソ大阪戦。上位相手に対して臆することなく、自分たちのサッカーを展開し勝利した試合だった。先制点のゴールへの過程は今シーズン目指している形での得点であり、その後もボール保持からの攻撃だけではなく、カ......続きを読む»

スポナビプラス、サービス終了にともないブログ移籍しました!!

【柏から世界へ 〜ビッグクラブへの道〜】

スポナビブログはとっても気に入っていたのですが、サービス終了とのことなので移籍http://kashiwatoworld.blog.fc2.com/しました! 0円移籍です!(笑) 宜しくお願い致します! ...続きを読む»

【ファジアーノ岡山2017シーズン総括 その3】選手個人評価前編 逞しくなった関戸健二

【すべてはファジのため】

ファジアーノ岡山シーズン総括の第3回、ここから2回は、前後編に分けて、各選手のパフォーマンスを振り返りたいと思います。 1 GK 椎名一馬 (短評) ベンチ入りはしたものの、出場機会は無く、第三キーパーという位置づけでした。第三キーパーの役割というと、南アフリカワールドカップで、第三キーパーという位置づけでメンバー入りした川口能活のことを思い出します。決してピッチに立つことは無くても、チームを......続きを読む»

まさかのスポナビプラス終了のお知らせ

【柏から世界へ 〜ビッグクラブへの道〜】

お久しぶりです。なかなかブログを継続して書くのは難しいですね!! ブログをやられてる同士方々とみなさんで毎試合更新できれば幸いです!! と思っていた矢先、スポナビプラスが終了するとのこと。 どっかに移籍しないといけなくなってしまいました。 下記のスポナビブログの方々はどこに移籍するのやら。 今年中には移籍先を見つけてここでお知らせさせて頂きます! 宜しくお願い致します。 ★★★★ スポナビプ......続きを読む»

浦和レッズ、2017シーズン総括

【地球は青い!】

まず始めに、今回の投稿をもって、スポナビブログを終了します。長かった。約10年にわたって、大変お世話になりました。 そして、来年より場所を変え、残していこうと考えています。 ちなみに、名前は、地球は青いDX.ver2です。 地球は青いDX.ver2 URL:http://ameblo.jp/redine/?frm_id=v.mypage-ameblo–myblog–blog まだ投稿等、何もして......続きを読む»

女子に引き続き男子も完敗〜日本代表vs韓国代表(12月16日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

【4thDayMarketCenter】

  おかげさまで、Eー1の全開催日参戦を果たしました。全試合を見ているわけではないですが。      ■前半 まあ、いろいろとツッコミどころの多い試合でしたよね。例えば、エスコートキッズ。この大会の公式スポンサーということなんだと思われますが、エスコートキッズはスポンサード・バイ・au。auということでキッズのユニフォームがオレンジ色。サッカーのユニフォームでオレンジっていったら、そりゃ、大宮アルデ......続きを読む»

ストーブリーグで暖まろう2017~霧の中の監督~

【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

まだ今シーズンのリーグ戦の雑感を全て書き終えていないの ですが……もうシーズンもストーブリーグなので、先にこの 話題で盛り上がろうかと思います。清水の新監督についてです。 まさしく恩人であった小林伸二氏が退任しました。 ホントに感謝しています。何しろ壊滅のさらに先の状態にあった 当時の清水の監督に就任し、1シーズンでJ1復帰を 成し遂げるのみならず、今シーズンも監督としてJ1残留を決めたの ですか......続きを読む»

J1甲府のJ2降格について 【J OKAYAMA】

【J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)】

【プロローグ】  先日の最終節で甲府さんも、J2降格が決まってしまいました。最後まで清水さんと競り合っており、最終戦にも勝ったのですが、清水さんも勝っていたので、順位が入れ替わる事なく、16位だった甲府さんが降格してしましまいました。これがもう1年遅い来季の話だったら、J2のプレーオフ優勝チームとの入れ替え戦で、結果次第で自力でJ1残留を決めれたのですが、残念ですね。  思い出すのは10年ほど前の、......続きを読む»

ラグビーワールドカップ開催に伴うJリーグ主催ゲームとは?

【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

Jリーグ(J1~J3)ではホーム、アウェイという言葉を何気なく使う。 どの試合も主催者はJリーグである。すなわち主催者は、何か事があれば全ての責任を負うということである。そして、ホームクラブは主催者から運営を移管されており、主管者としての責任を負っている。 大分のドームで様々な問題が起これば、ピッチ、スタンド・・・など、全ての責任を負うことになる。要するにホーム試合の全ての責任者はホームのクラブ......続きを読む»

《放送予定》12月16日 J2ツエーゲン金沢シーズンを振り返って 佐藤&白井選手インタビュー

【情熱サッカー@kanazawa】

明日の『情熱サッカー』は、 J2ツエーゲン金沢 「今シーズンを振り返って」選手インタビューをお送りします! 今週は… FW 佐藤洸一選手  キャリアハイ16ゴールについて GK 白井裕人選手  来シーズンの目標も話していますよ!そして、白井選手が果たす意外な役割とは? ※いずれのインタビューも11月中におこなったものです。 ※また一部インタビュー中、音声が聞き取りにくところがあります......続きを読む»

2017年シーズンを振り返る

【吉塚FC日記+】

昨年に続いてこの1年間のアビスパを見ていて管理人なりに感じたことを書いてみます。 2017年シーズン 21勝11分10敗 勝ち点74 得点54 失点36 昨シーズン最下位でJ2降格となり、1年でのJ1復帰を目標としてきました。アビスパの歴史を知っているものからすれば、J2へ降格した年は大体成績が悪く、J1昇格争いすら絡むことができませんでした。しかし今年に関して言えば数字だけ見たらそこまで悪くな......続きを読む»

『グランパス』if~もしボスコと主力選手たちが残留していたら?~②

【赤の血潮と、青の魂】

引っ越し先のブログほととぎすのスポーツblog~赤の血潮と青の魂~もよろしくお願いします。 http://blog.livedoor.jp/hototogisuguradora/ まずは直近のニュース。 [J1復帰の名古屋、再来年新人を青田買い アカデミー出身の20歳MF] スポニチ(https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/12/14/kiji/20......続きを読む»

浦和レッズは第5位。守備力と決定力と初戦の戦い方が重要。

【FCKSA66】

浦和レッズはアフリカ大陸王者に勝利して第5位になった。スコアは「3-2」。CBマウリシオの2得点と柏木の1得点だったが、どの得点も良い個の力、あるいは、良い崩しから生まれたものだったと思う。しかし、やはり2つだけ。1つには、2失点した、という事について、1つはPKだったが、それもCKからビデオ判定でファールを取られて、という事だったし、もう1つもセットプレーからだったので、そこのところ。 特にスピ......続きを読む»

ラグビーワールドカップ会場とJクラブスタジアムの重なりに伴う日程調整について

【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

ラグビーワールドカップ会場は北から以下の通りである。 1、札幌(札幌ドーム) 2、釜石(新設) 3、埼玉(熊谷ラグビー場) 4、東京(東京スタジアム)  5、神奈川(横浜国際総合競技場:日産スタジアム) 6、静岡(エコバ) 7、愛知(豊田スタジアム)   8、大阪(花園ラグビー場) 9、神戸(御崎公園球技場:ノエビアスタジアム) 10、福岡(博多の森球技場:レベルファイブスタジアム)  ......続きを読む»

浦和レッズがアル・ジャジーラに勝てなかった原因は?

【FCKSA66】

もちろん、個の力は高く、ロマリーニョ、マブフート、そして、ブスファ、という3人による攻撃は威力が高そうであるし、守備ではGKのハセイフが安定した高いパフォーマンスを見せていたので、戦い方で優勢だったとしても、その個の力でやられてしまう可能性もあるかなと。特に決定力の差というのは勝敗を大きく左右しそうで、セットプレイも含め、やはり、決める時にしっかりと決めるか否か、そこが鍵になると思う。 前線の個の......続きを読む»

【ファジアーノ岡山2017シーズン総括 その2】見えなかった「チームの目指す姿」

【すべてはファジのため】

2017シーズンのファジアーノ岡山を振り返る総括の第2回です。 前回は、チーム作りが遅れた影響について触れましたが、それらが具体的にゲーム内容、チームとしての熟成といった点でどのような影響を与えたのか、まとめてみたいと思います。 【貫けなかった強気の戦い】 今季は、個人的に「強気の姿勢」というものをテーマに、1年間チームを見てきました。 強気の姿勢、具体的に表現するならば、例えばリードして......続きを読む»

『グランパス』いっしょにJ1で名古屋の風を起こそう!

【赤の血潮と、青の魂】

まず、ブログの引っ越しができました。 livedoor.blogに、ほととぎすのスポーツblog~赤の血潮と青の魂~というタイトルで登録しました。 http://blog.livedoor.jp/hototogisuguradora/ 引っ越し先ではブログ村に参加します。 そのほうが探しやすいかな?と思ったからです。 スポナビ閉鎖まで両方に投稿していきます。 今後ともよろしくお願いします。 ......続きを読む»

Jリーグの夏春制が否決された

【no title】

またしても、 Jのシーズン移行が否決されてしまった。 何を言っているんだ? 理由を教えましょう 今のままでも利益が出ている状態で、冬季に開催すると企業として単純に利益が減る恐れがある! からだ。 その本音を言わずに、いつもの説明は、うーん検討は下が難しい。 一体何を言ってるんだ? 日本は豪雪地帯で、は聞き飽きた。 だから冬季に開催しなくても良いから、雪は関係ないと言うと、 連続アウェイが6試合も続く......続きを読む»

飽くなき勝利へ

【アントラーズ晴れ時々曇り】

筆者が鹿島の地に降りて、早27年の月日が流れた。 クラブ創設時から鹿島アントラーズを観続けてきた。 ちなみに現在は「鹿嶋」市であるがアントラーズ創設時は「鹿島」町。 「しま」の漢字に山偏がついた。これは鹿島町が市になる際、佐賀県鹿島市と区別するため「鹿嶋」市となった。 元々、鹿嶋の漢字が正式なものだとのこと。そのまま鹿島にして、佐賀県鹿島市もホームに・・・なんて思ったりしたものだ。 市町名に山は付......続きを読む»

Jリーグホームスタジアム訪問記~FC琉球~

【This is J-league】

 日本全国には47の数の都道府県があり、それぞれの都道府県が独自の文化を持つ。食事、風土、言語と一括りに文化と言えど、それは多岐に渡る。そんな様々な色に染まった都道府県の中でも沖縄は、他県とは一線を画く独自の文化と共に発展してきた。そんな沖縄の地で活動を続けるJクラブ、FC琉球も沖縄ならではの特徴を生かし、成長を続けている。そんな琉球のホームスタジアムである沖縄県総合運動公園陸上競技場(以下県総合運......続きを読む»

『グランパス』if~もしボスコと主力選手たちが残留していたら?~①

【赤の血潮と、青の魂】

まずは決定した人事の話。 風間 八宏監督、契約更新のお知らせ 山口 素弘氏、アカデミーダイレクター就任のお知らせ アカデミーダイレクター兼U-18監督 高田 哲也氏、契約満了のお知らせ 風間監督に関しては3年契約が報じられており、契約更新のお知らせが出るということは成績で条件が変動する形態の契約だった可能性も考えられます。 (昇格の逃した場合は契約解除や減俸、昇格した場合は年俸upもしく......続きを読む»

長い時を経て ~FC東京戦レビュー~

【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

0.まえがき 3年前の4月に初投稿してから、3回目の記事で、私は初めて試合のレビューを書きました。 それは、パソコン版で1ページに収まる、とてもシンプルなものでした。 以来、書き続けてきたレビューは、いつの間にか長く細かい内容になっていきました(笑)。 そんなレビュー記事も、スポナビブログでは今回が最後になります。相手はFC東京。 奇しくも、私が最初にサンフレッチェのレビューを書いたのも、FC東......続きを読む»

【浦和レッズ】12/9 Jリーグ7位 vs UAE1位

【スポーツが好き過ぎて】

スポナビブログ終了に伴い、ブログ移管しました アジアチャンピオンですけど、Jリーグでは7位ですしね。向こうは国内リーグ優勝チームですからね。 まぁ、結果を受け止めるしかないでしょう。 ■オークランド戦をどう評価し、対策を立てたのか? オークランド戦を観ていれば、アルジャジーラが守備重視で来る可能性は十分に予想出来ました。確かに国内リーグの情報を聞く限り攻撃的なチームの印象がありましたが、オークラ......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】なぜ新潟は2013年のアルビスタイルを失ってしまったのか? ~アルビのJ2降格の原因を深掘りしてみた~

【白鳥城の騒霊】

「なぜ新潟は2013年のアルビスタイルを失ってしまったのか?」   騒霊にとって2013年のアルビは「ハイプレス&ハイライン」が特長で、今でも新潟の目標とすべきサッカーであると思っています。2013年はアルビ史上最高の勝ち点をゲット。ホーム不敗記録更新。その2013年スタイルがなぜ翌14年から今に至るまで繋がっていないのか?ここは今もって大きな疑問なのですが。私なりにそこをテーマに考察してみたいと思......続きを読む»

J1大宮のJ2降格について 【J OKAYAMA】

【J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)】

【プロローグ】  大宮さんです。J1リーグで3年ぶり、17位での自動降格です。思い出すのは、某黄色いチームが2回目に降格した時に大宮さんと対戦し、苦しめられた事。当時はJ2に落ちそうで落ちなかった存在でした。そんな大宮さんも、2015年に続いてのJ2になりました。しかし、今回の大宮さんの降格劇については、ネットでの情報、コラムが出てきませんね。今回の状況はそんなに深くないのかもしれません。少しずつ引......続きを読む»

J1新潟のJ2降格について 【J OKAYAMA】

【J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)】

【プロローグ】 先週、ずっと最下位だった新潟さんのJ2降格が決まりました。新潟さんは当ブログにとって、仙台さん、甲府さんと並ぶ理想的な市民クラブ「御三家」として、昔から評価が高いJ1クラブ。地元岡山にとっても、Jリーグを目指すのに真っ先に目標にした先輩クラブ。地元財界が当時のクラブ幹部と新潟まで視察へ行き、後援会組織等多くの先進事例を学んで来たのではないかという話を聞いています。それが本当なら、未だ......続きを読む»

堀監督との来季の契約は正しかったのか

【地球は青い!】

このアルジャジーラ戦、もう前回の横浜戦の投稿のときと全く同じ。コピペしても良いくらい。 最初に言わしてもらいたい。来年の堀監督を白紙にしてもらいたい。相手が前からくるのに対して、リアクションを考えることは優れているが、自ら能動的に選手を動かす、アクションすることに関しては、アイデアは持っていないのかなと思う。 クラブは堀監督の更新に関して、冷静な判断とか、落ち着ているとか、タイトルを取った、とか......続きを読む»

記事更新のお知らせ

【湘#48 れび@湘南サポBLOG】

新ブログにて記事を更新しました。よろしくお願いします。 湘#48 れび@湘南サポBLOG Ver.2 → 2017年、Jリーグ全日程終了。 ...続きを読む»

予想できた

【ゆるゆるレッズサポ】

●浦和0-1アルジャジーラ  事前に言えよと言われるかもしれないが、予想は出来た。ACLでの浦和は、ホームの埼スタで応援の力を得て勝利したが、それはこの大会のアルジャジーラも同じ。ついでに言うなら、昨年の鹿島も同じだっただろう。簡潔に感想を記しておきたい。 ・きれいに崩そうとし過ぎ。何が何でもゴールしてやろうという推進力がない。とにかくシュートを打たない。ゴール前でシンプルにシュートを打っていけ......続きを読む»

難易度Aの監督探し

【m_maruのエスパルス観戦日記】

前から常々思ってたことなんですが,監督の解任って,その後任に前よりも良い監督を連れて来れて初めて「成功」って言えると思うんですよね。 その意味で,小林監督の解任が発表された時,その方針には大筋で賛同しつつも,「今から探してちゃんとした監督を連れて来れるのか?」という点はかなり不安でした。 その理由は3つあります。 1 監督に求められる資質 清水というクラブの性質上,①若手を育成しつつ,②良い成績(......続きを読む»

  • ブログを作る - 新規ブログ開設
  • ブログを書く - ログイン画面へ

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

注目タグ

スポーツナビ最新コラム

rss